FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

白鳥神社(大阪府羽曳野市古市) 日本武尊と白鳥伝説

2021.01.23(19:37) 806

古市古墳群歩き(2020.12.20)

<コース>
JR大阪 → JR天王寺 → 近鉄阿部野橋 → (近鉄南大阪線) → 古市 → 徒歩2分 → 白鳥神社 → 徒歩10分 → 白鳥陵古墳

273-1-1.jpg
白鳥神社(旧村社)

 この日は所要で足を伸ばして古市駅まで。ここは堺市と並んで世界遺産に登録された百舌鳥古市古墳群。

近鉄古市駅の東に隣接するのが白鳥神社。白鳥神社(しらとりじんじゃ)は、

『元はこの西方の軽墓(軽里)の伊岐(いき)谷にあった伊岐宮(いきみや)が嚆矢。日本武尊が祀られていたが、

南北朝や戦国時代の兵火で焼失。峯ヶ塚古墳上に小さな祠として存在していたが、

それも1596年の慶長の大地震で倒壊。そのまま放置された。

273-1-2.jpg
古市駅東口に隣接する白鳥神社への入口(南向き)

273-1-3.jpg
正式には神社の東側にあるこちらの鳥居が正式な様子

 寛永年間(1624~1643年)になって古市村の産土神としてこの地へ遷座。

日本武尊を祀る故に白鳥神社と称したと享和元年(1801年)の河内名所図会にある。

その後、日本武尊に加え素戔嗚尊も御祭神とした。

 現在の場所は6世紀後半とされる前方後円墳(荒陵)の後円部。一方、前方部は駅と国道170号線との間に

低い台地として残存。括れ部分が明治31年1898年の河陽鉄道の開通工事の際に削られ駅地となった。

この古墳は571年、欽明天皇を河内古市でもがりした際に仮の陵として造営された。』 とあります。

273-1-4.jpg
東側の鳥居の周囲
確かに古墳と思しき形をしている。

273-1-5.jpg
由緒記

273-1-6.jpg
階段を上り境内を見渡す
社務所らしきものはなく通常は無人である。

273-1-7.jpg
正面から見た拝殿

273-1-8.jpg
拝殿脇の小社

 各地へ遠征した後、三重の能褒野で息を引き取った日本武尊は白鳥に姿を変え、大和の琴弾原を経て

古市に飛来したと『日本書紀』にあります。その後、埴生の丘に羽を曳くが如く飛び去ったのが羽曳野の由来。

飛び去った先が和泉の大鳥神社とされます。

日本武尊伝説のある古市ですが、日本武尊の白鳥陵古墳はここではなく西へ数百の場所。

日本武尊は伝説上の皇子とされ、明治期の古墳の比定も誤差があるようですが、

どうせなら古墳の場所に神社がある方がインパクトがあると思うのは私だけでしょうか?

273-1-9.jpg
日本武尊御陵への参道
近鉄の線路を越え西へ坂を上る。

273-1-10.jpg
白鳥陵古墳
前方部北西角から東南向きに見る。良く写真に撮影されるアングルである。

273-1-11.jpg
古墳説明板

273-1-12.jpg
白鳥陵古墳の北側を通る竹内街道

273-1-13.jpg
仁賢天皇陵古墳
白鳥陵古墳から藤井寺駅に向かう途中にある。

273-1-14.jpg
濠越しに見た仁賢陵古墳
古墳の東側には二つの大きな池が隣接する。

273-1-15.jpg
羽曳野市マンホール蓋

273-1-16.jpg
羽曳野市マンホールカード   配布場所はこちら(現在休止中)

[参考書]

大阪府の歴史散歩 下 河内・堺・和泉 (歴史散歩 27)

新品価格
¥1,320から
(2021/1/23 19:27時点)



前方後円墳: 巨大古墳はなぜ造られたか (シリーズ古代史をひらく)

新品価格
¥2,860から
(2021/1/23 19:32時点)



「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産登録記念 仁徳天皇陵と巨大古墳の謎

新品価格
¥1,430から
(2021/1/23 19:33時点)



世界遺産:百舌鳥・古市古墳群ガイド (小学館クリエイティブ単行本)

新品価格
¥1,870から
(2021/1/23 19:34時点)



集めてまわろう「御陵印」~百舌鳥・古市古墳群めぐりや京都旅行の記念に! (小学館クリエイティブ単行本)

新品価格
¥2,530から
(2021/1/23 19:34時点)



ワカタケル

新品価格
¥2,200から
(2021/1/23 19:35時点)



日本武尊 (人物叢書 新装版)

新品価格
¥5,742から
(2021/1/23 19:37時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト




和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大阪府 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

清荒神(京都市上京区荒神口通寺町東入ル荒神町) 本邦初の清荒神

2021.01.22(22:44) 805

清荒神の寄る(2020.12.12)

<コース> 京阪特急は10分間隔で運転
京阪淀屋橋 → (京阪特急) → 京阪三条 → 徒歩10分 → ほてい薬師 → 徒歩10分 → こぬか薬師 → 徒歩20分 → 清荒神

272-3-1.jpg
常施無畏寺 護浄院(天台宗 勅願所)

 こぬか薬師から東へ向かい、御所を回って荒神口へ。京都への入口の一つで、東から西へ向かうのが筋ですが、今回は逆。

 その手前に、古い門構えがあるのが鴨沂(おおき)高校。明治5年(1872年)、日本最初の公立女学校として

創立された京都一女が前身。旧京都一中(現洛北高校)が深泥池近くにあるのに対し、京都一女は御所の直ぐ東。

出身者も森光子・山本富士子・加茂さくらの女性陣を始め、田宮二郎・沢田研二の諸氏まで。タイムショックでした。

その通用門のすぐ横が目指す寺院。

272-3-2.jpg
御所に面した鴨沂(おおき)高校校門

272-3-3.jpg
明治天皇滞在碑と塀越しに見える鴨沂(おおき)高校校舎

 常施無畏寺護浄院(じょうせむいじごじょういん)は、

『宝亀3年(772年)、光仁天皇の開成皇子が摂津勝尾山で修業中、荒神尊が八面八臂の鬼人となって出現。

その荒神尊の姿を自ら彫刻して清師に祀り、勅命に拠って鎮護国家の霊場として光仁天皇より

田地百畝を賜ったのが嚆矢。清荒神の名もここに由来する。

272-3-4.jpg
北から見た清荒神
因みに向かいには鴨沂高校学友会館が建つ。

272-3-5.jpg
正門前にて

272-3-6.jpg
山門近影

 室町時代になり後小松天皇から「勝尾山は遠方で勅使代参も労少なからず」との勅命を受けた乗厳律師が、

明徳元年に京都高辻堀川の東に境内地を得て荒神尊を遷座。同3年、南北朝の和合祈願の勅命が下った。

 その後、後陽成天皇より「皇居守護のため東南の地に遷座せよ」との勅命を受けた豊臣秀吉の命で、

その死後の1600年に現在地に移転。後陽成天皇御自作の如来荒神尊七体を併せ祀った。

天皇より「常施無畏寺」の号を賜ったのはその折で、元禄7年(1694年)には御所の浄域を護ることから「護浄院」の号も賜わった。

272-3-7.jpg
山門脇の由緒記駒札

272-3-8.jpg
山門越しに境内を望む

272-3-9.jpg
荒神様を祀った本堂

272-3-10.jpg
本堂手前の鳥居
神仏習合の名残か?

 天明8年(1778年)正月の大火で罹災するも、寛政年間に再建。慶應2年(1866年)には孝明天皇の持念佛の

千手観音を安置、明治24年(1891年)には皇太后・皇后より殿堂造営費が下賜された。』 とあります。

272-3-11.jpg
ここは拝殿に当たる

272-3-12.jpg
清荒神の扁額

272-3-13.jpg
拝殿奥にあるこれが本殿
山門に接する位に近い。

 荒神さんと言えば、竃・火の用心の神さまで、宝塚市の清澄寺がすぐ頭に浮かびますが、

日本最初とあるからには、ここが始めなようです。

272-3-14.jpg
不動明王、歓喜天、観音様を祀るお堂

272-3-15.jpg
書院入口と寺務所
御朱印はここで拝受。

272-3-16.jpg
清荒神御由緒

272-3-17.jpg
清荒神御朱印

272-3-18.jpg
西側にある通用門
ここを出ると鴨沂高校通用門がある。

272-3-19.jpg
鴨川に架かる荒神橋

[参考書]

京都府の歴史散歩〈上〉

新品価格
¥1,320から
(2021/1/20 18:46時点)



京の通称寺散歩

中古価格
¥1,993から
(2021/1/20 18:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

こぬか薬師(京都市中京区釜座通二条上ル大黒町)

2021.01.21(18:30) 804

こぬか雨降る 二条筋(2020.12.12)

<コース> 京阪特急は10分間隔で運転
京阪淀屋橋 → (京阪特急) → 京阪三条 → 徒歩10分 → ほてい薬師 → 徒歩10分 → こぬか薬師

272-2-1.jpg
医徳山 薬師院 (黄檗宗)

 菩提薬師さんに続いて、向かったのはこぬか薬師。祀っているのは同じ薬師さんですが、

場所も同じ二条筋。ひたすら西へ向かうこと10分。

272-2-2.jpg
こぬか薬師入口
釜座通りの西側にあるが、ここはかつての裏門であったとか。

 医徳山薬師院(いとくさんやくしいん)は、

『伝教大師最澄が16歳の時、比叡山草創の大願に拠り一刀三礼彫刻された薬師如来が本尊。

本尊は七体の内の一つであったが、比叡山女人禁制を嘆き岐阜県に安置された。

 寛喜2年(1230年)、疫病が全土に流行した時、薬師如来が院主の夢に現れ

「一切病苦の衆生、我が前に来たらば諸病悉く除くべきに、来也(こぬか)、来也。」

とのお告げがあった。

 感涙した院主が人々に知らしめた処、疾病諸病が忽ち平癒。

これ以降、人々は仏の言葉を仰ぎ奉り「こぬか薬師」と呼ぶようになった。

272-2-3.jpg
門前にある由緒記
これを駒札と呼ぶ事を、住職夫人に聞くまで知らなかった。

 16世紀に上洛した織田信長が斎藤道三より伝来した薬師如来をこの地に移転。1688年に鉄面禅師が再興し

天台宗から黄檗宗に改宗。現在より数倍の境内を有する禅風寺院として知られたが、幕末蛤御門の変で焼失。

明治21年(1888年)萬福寺塔頭緑樹院の竺丈禅師が近衛・三井家に働きかけ再建に着手。

その際、井戸から大黒様が現れ大黒町となった裏門を正面にした。

以前の表門は薬師町として名を留め、二条通り一帯の薬問屋・漢方薬店が名残を留めている。』

とあります。

272-2-4.jpg
東向きの本堂

272-2-5.jpg
石の台座にも薬師如来の文字が

 以前はこの町内一帯が境内でしたが、今は本堂と庫裏を残すのみ。通りに面した入口から見ると、

少し離れた場所に本堂が建っている様子は裏門だからでしょうか?

 参拝を終え御朱印を貰おうと見渡せば、本堂前に書置きの箱が。鎌倉時代の疫病を退散させた薬師様ですが、

令和の舶来の病魔は勝手が違うようです。

272-2-6.jpg
格子の間から見た本堂内陣

272-2-7.jpg
本堂前に提示してある御朱印あれこれ

 早速開けると中身は空。結局ベルを押してお寺の方に書いて頂きました。

書いた後、御本尊にお参りされてから拝受と言う念の入れよう。

夫人;「お前立とは違って、ここの薬師様は10㎝程度の小さな御本尊ですよ。」

和辻;「前の通りは珍しい名前ですね。釜座(かまざ)通でしたっけ?」

夫人;「“かまんざ”と読みます。」

和辻;「お釜でも作っていたのですか?」

夫人;「三条釜座には、室町時代から続く千家十職の釜師・大西清右衛門の工房がありますので。」

和辻;「なるほど、茶道に所縁の通りですね。」

夫人;「通りの向かいには表千家脇宗匠の御自宅がありますし。」

老舗旅館とばかり思っていたのが茶道の脇宗匠の家と知ってびっくり、というよりも納得しました。

 無事参拝を終えて次の目的地はと、地図を見ると結構な距離。

車で移動しようかと、周囲を見渡して暫く待ちましたが、結局「来ぬか、タクシー」。

徒歩で御所までのトホホ移動でした。

272-2-8.jpg
こぬか薬師御朱印
通称寺で拝受。「不来乎」で「こぬか」と読むらしい。

272-2-9.jpg
本堂前から通りを見る
紅葉とホトトギスの脇に手水鉢があり、毛氈を敷いた蓮台がある。ここで一服するのかしらん?

272-2-10.jpg
通りを挟んだ向かいにある表千家の脇宗匠の御自宅

[参考書]

京都府の歴史散歩〈上〉

新品価格
¥1,320から
(2021/1/20 18:46時点)



京の通称寺散歩

中古価格
¥1,993から
(2021/1/20 18:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ほてい薬師(京都市中京区麩屋町通二条上る布袋屋町)

2021.01.20(18:48) 803

大福をもたらす〇〇印(2020.12.12)

<コース> 京阪特急は10分間隔で運転
京阪淀屋橋 → (京阪特急) → 京阪三条 → 徒歩10分 → ほてい薬師

272-1-1.jpg
瑠璃光山 利生院 大福寺(天台宗 京都七福神)

 この日の午後は大学の近くで開催かれる公開講座に参加予定ですが、午前中は自由時間。

以前、松ヶ崎大黒天で京都には通称寺と呼ばれる寺院が点在する事を教わり、この機会に近場を巡礼。

 京阪三条駅から市役所方面に歩き麩屋町通りを北上。二条通を少し上った場所にあるのが大福寺。

麩屋町通りに面して本堂があり、周囲の民家とほぼ変わらない位のこじんまりとしたお寺ですが、

ほてい薬師の通称名で知られています。通常、「ほてい」は布袋ですが、ここでは菩提と書きます。

仏教らしいと言えますが、理由は今一つ分かりませんでした。

272-1-2.jpg
薬師さん入口
麩屋町通りの西側に家屋の谷間にある。

272-1-3.jpg
本堂正面

 瑠璃光山利生院大福寺(るりこうざんりしょういんだいふくじ)は、

『推古天皇の598年、大和国宮田郷に建立。御本尊の菩提薬師如来は聖徳太子の自刻と伝わり秘仏。

京都十二薬師の一つとされる。桓武天皇の794年頃、勅旨に拠って平安京に移転。

方八丁の浄域を賜り七堂伽藍を建立、歴代皇室の崇敬が篤かったと言う。

しかし、天明年間に炎上し、寺域の多くを焼失。今は僅かにその名残を留めるだけである。

272-1-4.jpg
由緒記

272-1-5.jpg
内陣には入れず、通りに面した外から拝む

 御本尊の他に京都七福神の七番になる布袋尊を祀り正月には宝印を授与。

それを出納長に貼ると商売繁盛になるとされ、出納帳を大福帳と呼ぶ様になったのはここに由来する。

また幕末には勤皇の志士、梅田雲浜が仮寓を営み妻を迎えた。』 とあります。

 その規模からは想像できないような古刹ですが、通称名が示すように朝廷だけでなく

庶民の信仰に支えられた面も多々あったと思います。参拝は内陣ではなく通りから礼拝。

272-1-6.jpg
本堂の屋根に鎮座まします布袋様

272-1-7.jpg
本堂脇の案内を通り寺務所へ

 御朱印を拝受すべく堂内に入ると直書き御朱印が25種、書置き御朱印が25種。傍らには「千手四十臂」とあります。

「よくもこれだけ!」と感心しましたが、千手観音の腕は通常40本、1本につき25通りの方法で人を救うそうですから、

御朱印もその数だけ用意しているそうです。

272-1-8.jpg
受付に展示?してある「書置き御朱印」

272-1-9.jpg
ノーマルと見開き

272-1-10.jpg
こちらは見開き

 目移りするような数ですが、「通称寺の御朱印で。」と御願いすると、ごくノーマルなものを墨書。

値段も¥300円と通常価格。強いて高額なものを勧めないのが好感を持てました。

その代わり、説明付き「通称寺御朱印帳」を¥1000で購入。何でもファイルに御朱印を挟み込む形式だそう。

寺の新旧の変更があるからという理由ですが、従来の蛇腹式に取って代わるでしょうか?

大福寺の法印を授与された店は商売繁盛に繋がるそうですが、御朱印は寺の商売繁盛に繋がっているようでした。

272-1-11.jpg
ほてい薬師御朱印

272-1-12.jpg
「京の通称寺」御朱印帳

272-1-13.jpg
御朱印帳の「ほてい薬師」の頁
シールを¥100で購入して貼付するようになっている。

[参考書]

京都府の歴史散歩〈上〉

新品価格
¥1,320から
(2021/1/20 18:46時点)



京の通称寺散歩

中古価格
¥1,993から
(2021/1/20 18:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

善應寺(岐阜県美濃市吉川町) 名僧を偲ぶ寺院

2021.01.19(18:45) 802

墨書の代わりは僕しよ!(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ
【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社 → レンタサイクル5分 → 道樹寺 → レンタサイクル15分 → 清泰寺 → 美濃街並み → 来昌寺 → 善應寺 → 美濃市駅

【復路】美濃市(16:51) → (長良川鉄道) → 美濃太田(17:22→17:36) → JR岐阜(18:07→18:21) → JR米原(19:09→19:18) → JR大阪(20:42)

271-7-1.jpg
慈雲山 善應寺(曹洞宗 中濃西国八十八ヵ所第十六番札所)

 陽も西へ傾きかけた頃、この日最後の巡礼に参拝。来昌寺から歩いても5分程の距離ですが、

参道を上ると美濃市街が一望できる山麓にあります。

 慈雲山善應寺(じうんざんぜんのうじ)は、

『戦国時代末期に鉈尾山城(今の古城山)の城主であった佐藤氏に仕えていた山田伊右衛門は

関ヶ原の戦いで西軍に付き戦死した主君の菩提を弔うため、元和2年(1616年)に上有知(こうづち)に月鏡庵を開創。

271-7-2.jpg
道路沿いに建つ寺標の横の石畳を進む

271-7-3.jpg
枝垂れ桜と紅葉の奥にある山門

 その後、寛永年間に鈴木与三右衛門が開基となって松森の地に開創。寛文8年(1668年)に

鈴木仏統の尽力に拠り現在地に移転し、月鏡庵と併合して新たに善應寺として開創した。

現在の本尊はその時に造られたものである。延宝5年(1677年)には長霊正鎮和尚を開山として招いている。

歴代住職は現在まで27世を数えるが、十一世・玄透禅師、十七世・禅知和尚は名僧として知られる。

271-7-4.jpg
山門近影
かつての寛保4年(1744年)築の山門は老朽化のため平成10年に再建された。

271-7-5.jpg
山門に続く鐘楼門
右にあるのは保育園。

271-7-6.jpg
境内全景

 以前は鬱蒼とした杉木立に囲まれていたが、伊勢湾台風で殆どが倒壊。

本堂脇の桧一本を残すのみになった。

文政12年(1829年)には火災に遭い天保6年に山門・鐘楼門を残して再建された。

尚、山門は寛保4年(1744年)築の山内で最も古い建造物であったが、

傷みが激しく平成10年に新たに再建している。』 とあります。

271-7-7.jpg
玄関と本堂

271-7-8.jpg
本堂正面

271-7-9.jpg
本堂内陣で参拝

 参道の石段を経て山門から鐘楼門へと上ると、本堂を正面に庫裏と坐禅堂である円通堂が対峙。

再建とはいえ、300年の禅宗の伝統は伊達ではありません。

唯、台風で古木がないのは寂しく、枯山水の前庭があるだけに残念でした。

271-7-10.jpg
円通堂(坐禅堂)
本堂の左手に建つが、余り使用されていない様子であった。

271-7-11.jpg
本堂前の枯山水庭園

 御朱印を御願いしようと、ベルを押すも返事なし。

山門脇に保育園があったので伺うと、お寺が経営する美濃保育園だそうで、

親切にもお寺の方に連絡して下さいました。その答えは、

保母さん;「先代が先月に亡くなったので、御朱印は書けないそうです。」

和辻;「それは残念。」

保母さん;「でも本堂内に印が置いてあるので、自分で押して頂くのはOKだそうです。」

和辻;「代金はどうしましょう?」

保母さん;「賽銭箱に適当に入れて下さいとの事です。」

と言う遣り取りの後、本堂に参拝して自ら押印。本堂には立派な説明書があったので頂きました。

見本があったのでそれに倣いましたが、こんなことは初めて。

墨書はなしですが、自分で書いた【僕書】で御朱印となるのでしょうか?

271-7-12.jpg
善應寺説明書
本堂内陣にて頂く。

271-7-13.jpg
説明書にある開基夫妻の肖像画

271-7-14.jpg
善應寺御朱印

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/19 18:44時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

来昌寺(岐阜県美濃市吉川町)

2021.01.18(18:33) 801

鬼瓦が下界を見下ろす寺(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ

【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社 → レンタサイクル5分 → 道樹寺 → レンタサイクル15分 → 清泰寺 → 美濃街並み → 来昌寺

271-6-1.jpg
長栄山 来昌寺(浄土宗西山禅林寺派 美濃西国三十三ヵ所第三番札所)

 大福で一服した後は、うだつの町並みを囲む道路の外にある美濃西国札所へ。

 長栄山来昌寺(ちょうえいざんらいしょうじ)は、

『天正2年(1575年)、法空寿養に拠り開山。

金森長近が城下町を整備した際に、町の鬼門除けとして現在地へ移転した。

本堂には多数の鬼瓦が使用されており、魔除けの意味を持つとされる。

271-6-2.jpg
陽が西へ傾く頃に到着

271-6-3.jpg
山門近影

271-6-4.jpg
境内から見た山門
脇には棕櫚と満天星が。11月23日には「どうだんつつじお茶会」が開催される。

 本尊は阿弥陀如来だが、眼を守る観音様として柳谷観音、円空作の伝わる聖観音菩薩があり、

多くの参拝者を迎えている。山門前には槍ヶ岳山頂の登頂者として知られる幡隆上人の石碑が建つが、

これは上人が天保2年(1811年)に来寺した際に記したものである。』 とあります。

271-6-5.jpg
本堂と枝垂れ桜
柳谷観音様、円空作の聖観世音菩薩像を祀る。

271-6-6.jpg
本堂の「長栄山」の扁額と向拝の龍の彫刻

271-6-7.jpg
唐破風の玄関

 鬼瓦が見下ろすとあるので、怖いお寺を想像しましたが、訪れてみると至って普通の敷居の低いお寺。

円空仏は見られませんでしたが、彼も庶民の目線で多くの仏を彫った人ですから、その意識は共通するものがありました。

271-6-8.jpg
塀際にある楠の巨木と紅葉

271-6-9.jpg
山門前に建つ幡隆上人の名号石
上人は越中出身の念佛行者で槍ヶ岳初登頂者。この石碑は天保2年(1811年)に来昌寺に招請された際の書を刻したもの。

271-6-10.jpg
来昌寺御朱印

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/18 18:32時点)



美濃西国三十三所観音巡礼

中古価格
¥890から
(2021/1/18 18:33時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

うだつの上がる町並み(岐阜県美濃市加治屋町)

2021.01.17(16:26) 800

消火に金を掛けた商家の町並み(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ
【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社 → レンタサイクル5分 → 道樹寺 → レンタサイクル15分 → 清泰寺 → 美濃街並み


271-5-1.jpg
うだつの上がる町並み

 清泰寺参拝後は次の札所ですが、美濃市街まで戻ったので、昼食も兼ねて市街地散策。

『美濃は長良川左岸の小倉山城の築城に合わせて造られた城下町。

156号から東側に入った一番町・二番町の二筋の大通りを中核に明治から大正・昭和と拡張された。

271-5-2.jpg
二番町通りの南に面する重文・小坂家住宅
安永元年(1772年)頃の尾張藩政下から酒造業を営む。丸みを帯びた「むくり屋根」が特徴。

271-5-3.jpg
小坂家住宅のうだつ

271-5-4.jpg
同じく二番町通りの古川家住宅
明治初期の建築で、江戸時代は呉服商。現在はそば切り「まる伍」として営業。

271-5-5.jpg
古川家住宅説明

271-5-6.jpg
古川家のうだつに隣接してうだつを建てた稀有な例

「うだつの上がる町並み」として知られるこの一帯は明治末まで上有知(こうづち)と呼ばれ、

商業の中心地として発展し、現在は重要伝統的建造物群保存地区として今に伝わる。』 とあります。

271-5-7.jpg
北に面した鈴木忍家住宅
庇の上にある祠は秋葉様を祀っている。

271-5-8.jpg
鈴木家住宅説明

271-5-9.jpg
旧今井家住宅
一番町北に面した泉町にある。

271-5-10.jpg
今井家玄関
かつての紙問屋で、うだつの上がる家としては市内最大規模。現在は美濃史料館として開館している。

 「うだつ(卯建)」は元来火災の際に、隣家からの類焼を防ぐための防壁。

城下町から商家町へと発展した上有知では、次第にこのうだつが防火の機能と共に商人の権威の象徴となり、

商人は競ってうだつを建てるようになったとか。皆に【承認】されたかったのでしょうが、

結構な金額が掛かったようなので、「うだつが上がらない」人も多くいたに違いありません。

271-5-11.jpg
旧武藤家住宅
一番町通り南、観光協会番屋の向かいに建つ。金森長近が招いた刀鍛冶が発祥。

271-5-12.jpg
旧武藤家説明

271-5-13.jpg
武藤家前にある馬繋石

271-5-14.jpg
一番町通り南の卯建連棟家屋

271-5-15.jpg
北側の家は美濃和紙アートを展示

271-5-16.jpg
一番町通りを望む

271-5-17.jpg
うだつ連棟の近影

271-5-18.jpg
旧武藤家の脇から東方面を見る

 このような繁栄の源になったのは美濃和紙。良質の原料が周囲にある上に、清流にも恵まれました。

紙漉きには清水は不可欠ですが、周囲の河川はその輸送にも恩恵を与えました。

 現存する最古の美濃和紙は702年の正倉院所蔵の断簡。

これは揖斐川流域ですが平安時代には美濃周辺に移動。

板取川の中濃地区は土岐氏の奨励もあって和紙作りが発達。

大矢田地区には定期市も立ち、美濃和紙の名は全国的になります。

271-5-19.jpg
番屋から156号線に抜ける細道
老舗旅館や和菓子店が並ぶ。

271-5-23.jpg
老舗和菓子店

271-5-20.jpg
旧須田邸
156号を渡った場所にある旧家。

271-5-21.jpg
須田家説明

271-5-22.jpg
雁行する三棟が並ぶ須田家

 江戸時代には障子紙・書院紙・小菊紙等、多種の和紙を生産し、徳川幕府に御用和紙として納めたと言います。

和紙を中間的に商う商人が出現するものこの頃。

明治以降は衰頽すると思いきや、いち早く海外貿易に目を向け販路を拡大しています。

271-5-24.jpg
一番町通りの大石家
今は大石華表堂として営業。

271-5-25.jpg
技巧を凝らした大石家うだつ

271-5-26.jpg
隣接する「美濃だんご あかり」

 私たちには和紙と言えば障子と書道くらいしか浮かびませんが、洋紙の寿命が100年とされるのに比べ、

和紙の寿命は千年以上。その丈夫で長持ちする点が最大のメリットだったと思います。

 いくら良いものであっても売れなければ金になりませんから、紙を扱う人々が常に先を見ていた事が

今に続く発展の基礎。紙は漉いても隙は見せなかった事に尽きましょうか?

271-5-27.jpg
西尾家住宅
現在は「茶房とみや」として営業。

271-5-28.jpg
西尾家説明

271-5-29.jpg
茶房一押しの「クリームわらび大福」で一服

271-5-30.jpg
駅に帰る途中の「此の花亭」

271-5-31.jpg
「たらちね」が売り切れだったので、こちらを土産に

271-5-32.jpg
美濃郵便局 ; 美濃紙、紙漉き風景、花御輿、奥長良峡

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/17 16:21時点)



明かり障子物語: 教養としての和紙物語 (和紙の歴史)

新品価格
¥100から
(2021/1/17 16:22時点)



歴史文化遺産 日本の町並み〈下巻〉

新品価格
¥1,980から
(2021/1/17 16:24時点)



一度は行きたい 日本の町並み集落 (MAPPLE)

新品価格
¥1,100から
(2021/1/17 16:25時点)



知りたい、歩きたい! 美しい「日本の町並み」: この国の「原風景」に戻れる場所 (知的生きかた文庫)

新品価格
¥792から
(2021/1/17 16:25時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

清泰寺(岐阜県美濃市殿町) 禅宗屈指の大寺院

2021.01.16(20:21) 799

前領主の菩提寺を母体とした金森家菩提寺(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ

【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社 → レンタサイクル5分 → 道樹寺 → レンタサイクル15分 → 清泰寺

271-4-1.jpg
安住山 清泰寺(臨済宗妙心寺派 中濃西国八十八ヵ所第三十九番札所)

 道樹寺の後は長良川を渡り美濃市街地へ戻る事に。

うだつの町並みの手前で、156号から長良川方面に少し入った所にあるのが金森家菩提寺。

入口から真っすぐな参道を進み左折すると右手に見えるのが三門。

瓦を塗り込んだ土塀の下には石垣がありますが、これはかつての城郭の一部で野面積みと呼ばれるもの。

境内全体が城塞のように見えるのもそのためでしょうか?

271-4-2.jpg
ここは駐車場入口

271-4-3.jpg
徒歩の参拝者は駐車場北の参道を進む

271-4-4.jpg
瓦を塗り込めた築地塀とその下の野面積石垣
確かに城塞の様な造りである。

271-4-5.jpg
石段を上り山門へ

 安住山清泰寺(あんじゅうさんせいたいじ)は、

『永禄6年(1563年)、大圭紹琢禅師が保寧寺として開山。その後、美濃国の有力大名に拠り以安寺と改称。

更に関ヶ原の戦いの後、東軍に属し戦功のあった小倉山城主・金森長近が

前領主・佐藤秀方の菩提寺であった以安寺を城郭内であった現在地に移転。

妙心寺派僧・鉄松和尚を開山として安住山清泰寺と改称し金森家菩提寺とした。

271-4-6.jpg
山門の先にある瓦を用いたモニュメント?

271-4-7.jpg
由緒記

271-4-8.jpg
山門の左に進むと金森長近公を祀る社に

271-4-9.jpg
長近公を祀る社

271-4-10.jpg
社参道と土塀の間の紅葉

271-4-11.jpg
社参道右手にある勅使門(唐門)

271-4-12.jpg
書院入口から山門を見返る

 本堂の建築様式は京都風の一流寺院形式で、美濃国禅宗を代表する建築。

江戸時代には尾張徳川家の崇敬も篤く、この地域では最高の寺格を有した。

「宗門改め」に際しては各村に一寺が望まれたが、清泰寺住職が開山となって建立した寺院は二十ヵ寺以上に及ぶ。

また歴代住職からは空印・無学など本山妙心寺に出世した高僧も輩出した。

271-4-13.jpg
勅使門を囲む塀の内側にて

271-4-14.jpg
本堂正面

271-4-15.jpg
本堂前の扁額「安住山」と「清泰寺」

271-4-16.jpg
書院入口から本堂内陣へ

271-4-17.jpg
書院の龍の襖絵

271-4-18.jpg
本堂内陣前の様子

271-4-19.jpg
本堂前から勅使門と巨樹を望む

 金森宗和が作庭した庭は背後の斜面を取入れた作庭で美濃市の名勝。

苔生した参道から続く土塀、唐門、本堂は街中にあって静寂の佇まいを漂わせている。』 とあります。

 同じ禅宗寺院とはいえ、先程の道樹寺に比べると幽邃の地。

午前に訪れた大矢田神社は美濃の紅葉の名所でしたが、ここ清泰寺の紅葉も見応え十分。

【生態】系を活かした庭といえるでしょう。巨樹に囲まれた事、元城郭で高台にある事に加えて、

文化人でもあった金森長近が関わった事。それらの【宗和】と言えそうです。

271-4-20.jpg
本堂左手の霊光殿
この奥に歴代藩主の墓がある。

271-4-21.jpg
山門脇にある鐘楼

271-4-22.jpg
山門の外側に建つ弘法堂

271-4-23.jpg
弘法堂に隣接する「やすらぎ地蔵尊」

271-4-24.jpg
清泰寺御朱印

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/15 21:02時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

道樹寺(岐阜県美濃市大矢田) 静寂と清水の中で涼を感じる

2021.01.15(21:03) 798

名僧景聡の開いた寺(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ

【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社 → レンタサイクル5分 → 道樹寺

271-3-1.jpg
大仙山 道樹寺(臨済宗妙心寺派)

 大矢田神社参拝後、道路を南下すると右手に案内が見えたので、それに従って進みましたが、

道が曲がっていたので、結局元の方面へ戻る事に。

案内は自動車用だったようで、自転車や徒歩ならば脇道から入れました。

門前に立つと、真っすぐ伸びた先に寺標と山門が。

271-3-2.jpg
南側の駐車場から続く参道

271-3-3.jpg
山門の奥に続く紅葉の参道
扁額は「大仙山」。

 大仙山道樹寺(だいせんざんどうじゅじ)は、

『天正3年(1575年)に景聡(けいそう)が創建した臨済宗妙心寺派寺院。美濃市内では長蔵寺に次ぐ古刹である。

景聡禅師は伊勢の江南、尾張の南凕と並んで中部地域では三本の指に数えられる高僧。

景聡は寺内に手ずから菩提樹(道の樹)を4本植えた事で寺号を道樹寺とした。

271-3-4.jpg
瓦が埋め込まれた築地塀

271-3-5.jpg
白壁越しに見る本堂屋根

271-3-6.jpg
本堂への参道は上下共に紅葉

271-3-7.jpg
書院から山門を振り返る

 禅師の元には常時100名を越える修行者が参集し修行を重ね、多くは近隣寺院の開祖となる。

美濃の禅宗興隆に寄与する所大であった。

 本堂内の阿弥陀如来坐像は室町時代の作、阿弥陀如来立像・開山景聡の木像は江戸時代の作とされる。

明和7年(1770年)の大火で本堂が焼失したが6年後に再建され現在に至っている。』 とあります。

271-3-8.jpg
境内にて

271-3-9.jpg
本堂正面
内陣で参拝可能。

271-3-10.jpg
玄関と手前にある水琴窟

271-3-11.jpg
玄関から前庭と本堂を望む

 市内では二番目の古刹とありますが、大火の後の再建なのでそれほど古い感じはしません。

それよりも周辺が人家や畑などの平地で巨樹がなく、日の光が境内に満ちているのが大きな理由でしょう。

再建された本堂を始め、玄関先の庭、水琴窟、白蓮池など全て整然と造られた感がありました。

271-3-12.jpg
本堂西側にある白蓮池

271-3-13.jpg
境内の西端にある放生池

271-3-14.jpg
境内北側にある開山・景聡禅師の墓

 御朱印を御願いすると、「本堂の中に書置きがございますので」との事。

御本尊を拝観してから見回すと、箱の中に3種類の御朱印が。全て同じ内容ですが、大きさ違い。

27年間でこのような事は初めての体験。御朱印帳の大きさはまちまちなのでサイズの合うものをとの心遣いなのでしょう。

271-3-15.jpg
楞厳塔(経塚)

271-3-16.jpg
中門前の紅葉

271-3-17.jpg
本堂内陣にある書置き御朱印の3タイプ
右端を¥300で購入した。

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/15 21:02時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

大矢田神社(岐阜県美濃市大矢田) もみじ谷に鎮座する社

2021.01.14(20:11) 797

飛騨山系の山麓神社に参詣(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ

【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

駅観光案内所レンタサイクル30分 → 大矢田神社

271-2-1.jpg
大矢田神社(金弊社 旧郷社)

 美濃市駅でレンタサイクルを借りたら、先ず真っ先に天王山の麓へ。

駅からは6㎞程北西にありますが、楓谷の名前の通りヤマモミジの樹林が広がる美濃一帯の紅葉の名所。

 駅から南下した後、西向きに長良川に架かる山崎大橋を渡り道標のある交差点を北上。

途中、拝殿がありましたが、よく見ると遥拝所。神社は未だ遠いので、ここで参拝して帰る人も多いのでしょう。

更に道が行き止まりになるまで北上。

山麓と聞きましたが、傾斜は殆ど気にならず、鳥居前まで自転車で行く事ができました。

271-2-2.jpg
94号線沿いに建つ道標
ここから北上する。

271-2-3.jpg
道標から少し行った場所には遥拝所が鎮座

 大矢田神社(おやだじんじゃ)の御由緒に拠れば、

『第七代孝霊天皇の御代の創建。その後、元正天皇の養老2年(718年)、泰澄大師が天王山一山を開基。

天王山禅定寺と称し、七堂伽藍を建立し神仏混淆にて栄え、御社頭を牛頭天王社と称した。

 しかし後奈良天皇の弘治2年(1556年)に兵火に遭い全山焼失。霊元天皇の寛文12年(1672年)に御本殿が再建された。

その後の禅定寺は次第に衰微し、常泉坊、極楽坊の二坊となる。

 明治維新の神仏分離の大命に拠り仏堂を廃し、旧牛頭天王社を大矢田神社と改称、明治6年(1873年)に郷社に列せられた。

271-2-4.jpg
道路の行き止まりに建つ一の鳥居

271-2-5.jpg
御由緒

271-2-6.jpg
享保8年(1723年)再建の楼門
桁行三間八尺、梁行二間二尺、入母屋造檜皮葺。

271-2-7.jpg
楼門の「大矢田神社」の扁額と垂木

271-2-8.jpg
楼門から延びる参道

 昭和20年12月にGHQの指令で神道に対する政府の保証は廃止されるが、昭和27年には

華堂・喪山天・青柳の諸神社を吸収合併、新たな宗教法人・大矢田神社を設立した。

 室町時代から続く神事「ひんここ祭」は農民を妨害する大蛇と櫛稲田姫を食害する龍を

須佐之男命が退治するという五穀豊穣の祭で、無形文化財に指定されている。

271-2-9.jpg
参道に架かる神橋
この下を流れる川が俗界と浄界を隔てている。

271-2-10.jpg
横から見た神橋

271-2-11.jpg
太鼓橋を過ぎ境内まで234の石段を登る

271-2-12.jpg
木立の向こうに見える拝殿

271-2-13.jpg
石段左にある直毘の滝と神奈備池

271-2-14.jpg
境内に到着

 神社の境内一帯の楓谷の山林には約3000本の天然の山もみじ樹林が繁り、天然記念物に指定されている。

天王山登山道の中腹には「下照もみじ」と呼ばれる樹齢500年の大もみじがあり、

その種が谷一帯に広がったとされる。』 とあります。

271-2-15.jpg
重要文化財の拝殿
寛文11年(1671年)の再建。

271-2-16.jpg
拝殿前の狛犬

271-2-17.jpg
重要文化財の御本殿
寛文12年(1672年)に禅定寺釈迦堂跡に再建された。桁行四間八尺、梁行三間三尺、流造檜皮葺正面庇付。

271-2-18.jpg
社務所前から石段方面を望む

271-2-19.jpg
境内にある伊勢神宮遥拝所

271-2-20.jpg
社務所前に置かれた「ひんここ祭」の人形
但し、2020年度は中止となった。

271-2-21.jpg
大矢田神社御由緒

271-2-22.jpg
大矢田神社御朱印

 開山は白山開基で有名な泰澄大師。飛騨山系の南端に属する天王山の麓に開創したのは、

泰澄自身の山を見る目が確かだった証左と言えます。元は神仏習合でしたが明治以降は神社格。

しかし楼門初め習合時代の遺構が残り、周囲の地勢と相俟って昼間でも【幽谷】の雰囲気を漂わせます。

 今年は「ひんここ祭」は中止。訊くところでは紅葉も10日程前がピークだったようで、少しディオクレティアヌス帝。

それでも紅葉の絨毯を踏みしめながら本殿への参拝できたのは僥倖でした。

271-2-23.jpg
境内から「もみじ谷」方面を望む

271-2-24.jpg
もみじ谷への道を進む
右上は社務所。

271-2-25.jpg
もみじ谷へ

271-2-26.jpg
谷に散り敷く紅葉

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/14 20:08時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

美濃駅の変遷(岐阜県美濃市)

2021.01.13(20:26) 796

私鉄沿線の街(2020.11.28)

<コース> 夏の青春18きっぷ

【往路】JR大阪(5:55) → JR米原(7:42→8:04) → JR大垣(8:36→8:40) → JR岐阜(8:53→9:09) → JR美濃太田(9:44→9:56) → (長良川鉄道) → 美濃市(10:27)

271-1-1.jpg
旧名鉄 美濃駅舎

 ほぼ紅葉も最後になる霜月の最終週は美濃市内へと巡礼。

岐阜県の旧国名の美濃と飛騨になっている由緒ある名前ですが県庁からは少し遠い。

公共交通機関利用では、JR岐阜から高山線で美濃太田まで出て長良川鉄道に乗換と大回り。

途中の関までは岐阜駅前から30分毎にバスがありますが、美濃までは行きません。

271-1-2.jpg
長良川鉄道 美濃太田駅ホームにて

271-1-3.jpg
券売機故障のためこのような切符に

271-1-4.jpg
長良川鉄道 美濃市駅前にて

271-1-5.jpg
文化財に指定の美濃市駅舎

271-1-6.jpg
駅前の案内
右にあるのは屋根を葺く茅で、和紙の原料ではない。

 それでもかつては名鉄で岐阜市内の徹明町から美濃まで24.8㎞の美濃町線がありました。

路面電車いわゆるチンチン電車ですが、明治44年(1911年)に美濃電気鉄道として開業しています。

その後、大正12年(1923年)の越美南線の開通と共に駅も移転。

 しかし1999年に新関~美濃間6.3㎞が廃止。2005年には徹明町~新関間の18.8㎞が廃止となりました。

廃止の理由は様々でしょうが、郊外から岐阜市内に入ると交通渋滞のため時間がかかったのも一因。

かつて岐阜から谷汲まで同じく路面電車に乗った際、帰りにえらく時間が掛かった記憶が蘇りました。

尚、1993年当時、徹明町から美濃までの所用時間は67分、運賃は¥540とあります。

271-1-7.jpg
旧名鉄 美濃駅舎
大正レトロな雰囲気。

271-1-8.jpg
構内には線路とかつての列車が展示中

271-1-9.jpg
谷汲行きで乗ったのは右の赤いタイプ

 こうして路線は無くなりましたが、伝統を感じる造りの美濃駅舎は現存し文化財になっています。

ホームにはかつての車両が展示され無料で見学可能。ふと見ると、一角に新御三家の野口五郎さんのポスターが。

何でも美濃市出身だそうで、地元でもコンサートをされている様子でした。

 越美南線も第三セクターになったので、美濃は文字通り「私鉄沿線」の町。

ですが「改札口で君の事をずっと待った」というのは少し閑散とした雰囲気。やはり町中のイメージでしょうか?

271-1-10.jpg
改札口ならぬ道路から見た構内

271-1-11.jpg
『私鉄沿線』の歌碑
歌手生活50周年かしらん?尚、作曲はお兄さんだそう。

271-1-12.jpg
若い頃のポスターも展示

 そういえば、美濃の中心は駅前から1㎞程西へ進んだ場所。なぜかと言えば、

長良川の水運で発展した町なので、便利なように川の傍に町が発展しました。

上有知(こうずち)と呼ばれるこの辺りは金森長近が開いた川湊。江戸中期に建てられた珍しい川湊灯台も現存しています。

美濃和紙を大垣、桑名に運ぶなど美濃に鉄道が開通する明治44年まで文字通り「長良川の駅」として賑わいました。

大正になって水運は【衰運】に向かいますが、川から離れた場所に造られた駅は発展には余り寄与しなかったのかもしれません。

「郷に入っては郷に従え」と言うのが【さいじょう】の遣り方だと言ったら五郎さんはムッとされるかしらん?

271-1-14.jpg
上有知湊跡

271-1-13.jpg
川湊灯台
高さ9mの木像で県の重要文化財。今でも夜には灯が入る。

271-1-15.jpg
湊跡説明

271-1-16.jpg
川湊の上流にある美濃橋
日本に残る最古の近代吊り橋として重要文化財に指定されている。

[参考書]

岐阜県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/13 20:22時点)



鉄道遺産をめぐる (旅鉄BOOKS)

新品価格
¥1,980から
(2021/1/13 20:24時点)



旅鉄BOOKS 019 廃線探訪入門

新品価格
¥1,760から
(2021/1/13 20:25時点)



懐かしの鉄道 車両・路線・駅舎の旅 (青春新書INTELLIGENCE)

新品価格
¥1,826から
(2021/1/13 20:26時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岐阜県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

入船山記念館 (広島県呉市幸町) 日本遺産のまち 呉

2021.01.12(20:34) 795

年の瀬に呉カレー(2020.11.23)

<コース> 快速は30分間隔、可部線は20分間隔で運転、呉線は30分間隔で運転

JR岩国(9:05) → (山陽本線 快速) → JR横川(9:47→9:54) → (可部線) → JR三滝(9:56) → 徒歩15分 → 三滝観音 → JR三滝(11:36) → JR広島(11:44→12:00) → (呉線 快速) → JR呉(12:33) → 徒歩10分 → 入船山公園

270-5-1.jpg
旧高島砲台火薬庫(1号館)
明治35年(1902年)に音戸の瀬戸に近い休山に建設されたもので、総石造りの火薬庫は全国的にも稀。

 昼からは一足伸ばして呉まで。歴史上、呉の最初の発展に寄与したのは平清盛ですが、大きく飛躍したのは明治時代。

近代国家としての海防力を備えるため、明治政府は横須賀・舞鶴・佐世保と並んで鎮守府を設置。

当時の先端技術を集めた種々の施設が作られました。

270-5-2.jpg
入口に建つ旧呉海軍工廠塔時計

270-5-3.jpg
時計説明
1日に4回流れるメロディーは市内の小中学生の作曲したもの。

 今に残る遺構には現役で稼働する施設もあり、往時の面影を残す町は日本遺産となっています。

その中でも、入船山記念館は旧海軍の資料等を保存するため昭和42年(1967年)に開設。

時計台、住宅離れが園内に点在し、近代日本の歴史を肌で感じます。

270-5-4.jpg
番兵塔

270-5-5.jpg
番兵塔説明

 ここもカレーが町おこし。海軍では航海中に曜日感覚を忘れない様に、金曜日のメニューをカレーにした事に由来するのでしょう。

駅近にもあったので、ホテルの朝食以外では三日目にして初めて食堂で食事できました。

市内ではガイドブックも作って居り30店舗が登録。山奥や離島もありますが結構人気があるようです。

食事をするとシールが貰えて、シールの数に応じて景品が。コンプリートすれば、海軍自衛隊の食事で使用する

「テッパン」が貰えるとか?個人的にはカレーが1回分無料で食べられる方が魅力的ですが…。

 ここでの呼び名は「海自カレー」ですが、【盆カレー】もあるくらいですから【暮れ】カレーにしても良いとは思いますが、

ククレカレーとの商標もあるのでしょうか? 

270-5-6.jpg
ボランティアガイド詰所

270-5-7.jpg
旧呉鎮守府司令長官官舎

270-5-8.jpg
官舎説明

270-5-9.jpg
旧東郷家住宅離れ
東郷平八郎が呉鎮守府参謀長として在任中に住んだ家の離れ座敷。現在は休憩所となっている。

 所用を済ませ帰路につきましたが、海田市の信号機故障で運転見合わせ。

1時間待ってようやく動きましたが、2駅進んだところでまたも運転見合わせ。

なんでも故障原因が分からず、復旧見込みは17時過ぎとか。

慌てて下車して路線バスで呉まで戻り、広島行き高速バスに乗り最後は広電で駅に到着。

結局予定よりも2時間遅れでしたが、新幹線が遅れた訳ではないので払い戻しは一切なし。

鉄道旅の〆はバス旅でしたが、太川&蛭子さんの苦労が身に沁みました。

私の後ろには待ち人が【ルイルイ】と列をなしていたのは言うまでもありませんが…。

270-5-10.jpg
呉市マンホール蓋(その1)

270-5-11.jpg
呉市マンホール蓋(その2)

270-5-12.jpg
呉市マンホール蓋(その3)

270-5-13.jpg
呉市マンホールカード 配布場所はこちら

270-5-14.jpg
駅近の「りゅう」にてソードドラゴンカレー ¥950
鶏ガラと香草のブイヨンがベースのシーフードカレー。器は潜水艦けんりゅう。

270-5-15.jpg
海自カレー ガイドブック
シールを集めてテッパンを貰える。

[参考書]

広島県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/12 20:31時点)



呉・江田島・広島戦争遺跡ガイドブック〔増補改訂版〕

新品価格
¥5,417から
(2021/1/12 20:32時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


広島県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

三滝観音(広島市西区三滝山) 広島駅から僅か4㎞の山岳信仰の寺院

2021.01.11(21:02) 794

見た気になった紅葉の名所(2020.11.23)

<コース> 快速は30分間隔、可部線は20分間隔で運転
JR岩国(9:05) → (山陽本線 快速) → JR横川(9:47→9:54) → (可部線) → JR三滝(9:56) → 徒歩15分 → 三滝観音 → JR三滝(11:36) → JR広島(11:44)

270-4-1.jpg
龍泉山 三瀧寺(高野山真言宗 中国観音霊場第十三番札所)

 錦帯橋を見た後は岩国駅へ戻り9時過ぎには広島へ向けて出発。

この時期の広島の紅葉は宮島ですが混みそうなのでスルー。山陽本線横川駅から可部線で一駅の三滝で下車。

横川駅から歩いてもさして距離はありませんが、無人とはいえ、ここに駅があるのは中国観音霊場の三瀧寺があるから。

駅から徒歩10分でここも広島市内ですが、山間にへばりつくように堂宇が並んでいます。

【かべ】線だからでしょうか、寺名の通り三滝が落ちており滝を御神体として崇めたのでしょう。

270-4-2.jpg
駅から西に進むと参道に出る

270-4-4.jpg
入口に到着
山全体が境内のような感じなので大きな山門はなし。この階段を上って進む。

270-4-5.jpg
入口左にある茶店
休憩所を兼ねており紅葉谷を眺めながら食事ができる。

270-4-6.jpg
先ず正面に現れる観音堂

 龍泉山三瀧寺(りゅうせんざんみたきでら)は

『大同4年(809年)、入唐留学から帰朝した空海が都へ上る途中、この地を訪れ「末世有縁の地なり」と

聖観世音菩薩の種字(梵字)を石に彫刻。滝の飛沫のかかる岩窟に安置したことに始まる。

現在、本堂内の厨子に秘仏として祀られているのがこの種字石である。

270-4-7.jpg
多宝塔
観音堂から右の高台に建つ。昭和26年に和歌山より移築された。

270-4-8.jpg
多宝塔説明

270-4-9.jpg
多宝塔からの眺め
参道の奥は茶店。

270-4-10.jpg
祖師之庭
観音堂から左に参道を進んだ所にある。空海・法然・親鸞・日蓮だったか?

270-4-11.jpg
駒ヵ瀧
祖師之庭の奥にあり、三瀧の中では最も低い場所にある。

 三滝山の前側に二つの山があるため山裾が広がらず、その場所には谷筋が四つ集まっており、

そのうち三つに滝があるのでそれが名前の由来となった。

昔は「三瀧山龍泉寺」と称していたが、三瀧観音と言う通称で呼ばれる事が多く、

明治以降の住職が「三瀧寺」と呼ぶ様になり今の名前に定着したとされる。

270-4-12.jpg
駒ヵ瀧から参道へ戻る途中にある十三重石塔

270-4-13.jpg
参道の向こうに見える鐘楼

270-4-14.jpg
龍神堂

270-4-15.jpg
十六羅漢

270-4-16.jpg
参道脇の歌碑と茶堂
ここから参道は右に曲がり上りがきつくなる。

270-4-17.jpg
休憩所兼喫茶の茶堂

270-4-18.jpg
茶堂の内部
但し、ここでは休憩は駄目?

270-4-19.jpg
長椅子から「補陀落の庭」と「梵音の滝」を眺める

270-4-20.jpg
三瀧の二番目、梵音の瀧

270-4-21.jpg
補陀落の庭と参道

270-4-22.jpg
抹茶セット

 以来、1200年に亘り観音様霊場として法灯を伝え、鎌倉以降は安芸国守護・武田氏の庇護の元、寺運は興隆。

室町時代に建立された旧本堂も武田氏に拠ると考えられている。

かつてはいくつもの堂塔を構え、多くの修行僧が滝に打たれ岩窟で禅定に入る修行を行ったが、

戦乱と水難に拠って多くの堂塔を失い、一時期は市中寺院の奥の院として辛うじて命脈を保った時期もあったと言う。

270-4-23.jpg
茶堂の向かいに建つ本坊

270-4-24.jpg
参道より補陀落の庭を見下ろす

270-4-25.jpg
石段の先に見える本堂

270-4-26.jpg
参道より本堂を見上げる

270-4-27.jpg
正面から見た本堂
これも懸造りの一種か?

 昭和20年の原爆投下の際には爆心地から3㎞という距離にも拘らず、谷底にあると言う位置が幸いし殆ど無傷。

そのため当寺が臨時救護所となった。参道脇には亡くなった方の墓碑もあり、また境内入口の上に建つ多宝塔は、

和歌山県の広八幡神社にあったものを原爆死没者慰霊のために移築したものである。

市内からは程近い場所にも拘らず、境内は深山幽谷の趣があり、市民にとっては心安らぐ場所。

また宮島と並ぶ紅葉の名所となっている。』 とあります。

270-4-28.jpg
いよいよ本堂へ参拝

270-4-29.jpg
本堂内陣の仁王像

270-4-30.jpg
本堂を過ぎた場所にある石像群

270-4-31.jpg
本堂より見た三鬼権現堂

270-4-32.jpg
三鬼権現堂近影

270-4-33.jpg
権現堂から見た本堂

270-4-34.jpg
本堂脇を抜け更に上を目指す
尚、この滝は三瀧ではない。

 政令指定都市中心から僅か4㎞の場所に、このような幽谷の地があるとは驚きですが、

地形的に原爆の被害を受けなかったのも奇跡的。これも観音様の御利益でしょうか?

 広い境内に堂宇が散在するのと異なり、堂宇を辿りながら山奥に至るという山岳信仰の寺。

大阪で言えば犬鳴山に似ている気がしました。

270-4-35.jpg
参道より見た本堂屋根

270-4-36.jpg
ようやく終点に到着

270-4-37.jpg
最も高所にある三瀧「幽明の瀧」

270-4-38.jpg
瀧の向かいにある鎮守堂

270-4-39.jpg
鎮守堂から見た本堂の屋根

270-4-40.jpg
三滝観音御朱印

[参考書]

広島県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/11 20:58時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2021/1/11 21:00時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥3,343から
(2021/1/11 21:00時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2021/1/11 21:00時点)



山に立つ神と仏 柱立てと懸造の心性史 (講談社選書メチエ)

新品価格
¥2,145から
(2021/1/11 21:01時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


広島県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

永興寺(山口県岩国市横山) 夢窓疎石の枯山水庭園

2021.01.10(18:18) 793

菩提寺と軍事を兼ねた名刹(2020.11.23)

270-3-1.jpg
不動山 永興寺(臨済宗天竜寺派 別格地)

 洞泉寺参拝後は手前に隣接する寺院へ。山門の雰囲気は如何にも由緒がありそうでしたが、

ガイドには何も載っていないのが不思議でした。

270-3-2.jpg
山門前の白壁と紅葉と不動明王石像

270-3-3.jpg
山門近影

 不動山永興寺(ふどうさんようこうじ)は、

『延徳2年(1309年)、後嵯峨天皇皇子の仏国国師を開山として守護大内弘幸に拠って創建。

弘幸の子の弘世は父の菩提を弔うために七堂伽藍を整備し寺領も広げた。

室町幕府から官寺として認可されるなど格式の高い寺として知られた。

 大内氏に謀反した陶晴賢は永興寺を陣屋として厳島に出陣。毛利元就に敗れるが、

元就もここを宿陣として周防を平定するなど、手厚い保護を受けた。

270-3-4.jpg
山門の彫刻は大内菱?

270-3-5.jpg
由緒記

 しかし関ケ原の戦いで状況は一変。慶長5年にこの地へ入った吉川広家は、この一帯に上屋敷を建設するため

永興寺の居館の解体や境内要地の転用を実施、寺は廃寺同然となる。

 しかし慶長の末、周伯玄雍が寺の再興を広家に懇願し、漸く元和2年に再興。

江戸時代には多くの名僧を招き文化発展に寄与した。

270-3-6.jpg
新薬師堂
山門を過ぎた直ぐ見出手に建つ。これは駐車場からの眺め。

270-3-7.jpg
新薬師堂近影
市内にあった瑞光寺の薬師如来坐像と十二神将立像を安置している。

270-3-8.jpg
新薬師堂の「不動山」の扁額

270-3-9.jpg
新薬師堂前の枯山水庭園
但し、これは夢窓疎石の庭ではない。

270-3-10.jpg
枯山水庭園近影

 明治に入り廃仏毀釈の影響で再び伽藍は縮小されたが、新薬師堂の建設や枯山水庭園の文化財指定もあり

着実な歩みを見せている。

 裏庭にあるのが夢窓疎石の作庭とされる枯山水庭園。城山を借景とし自然の岩肌を涸れ滝に見立て、

鯉の滝登りを表現するなど、巧みな作庭技術が随所に見られる。』 とあります。

270-3-11.jpg
山門から続く紅葉の参道

270-3-12.jpg
案内書ではこれが本堂に当たる

 現在もそうですが、岩国は芸防国境に位置する要衝。大内氏がここを重視して菩提寺を軍事的要衝として築いたのも当然。

文治派のイメージが強い大内氏ですが、中国六か国の太守となるために軍事的な手腕も不可欠でした。

 かつての永興寺の中心地は現在の吉香神社。神社には歴代岩国藩主が祀られています。

今の場所は公園の西端、神社は東端ですから相当な広さを有していたのが分かります。

270-3-13.jpg
文化財指定・枯山水庭園
本堂前庭からの眺め。夢窓疎石の作庭であるが、修復を経ている。

270-3-14.jpg
西側から見た庭園

270-3-15.jpg
庭園を抜ける小径から
手前の石組みが鯉の滝登りを表現しているか?

270-3-16.jpg
庭園に続く西側は苔の絨毯

270-3-17.jpg
庭園奥に散り敷く紅葉

270-3-18.jpg
庭園の背後の城山
ここを借景として作庭された。

 それよりもこのような都から離れた場所に夢窓疎石の庭がある事が驚き。

京の都に憧れた大内弘世が招いたのかどうかは知りませんが、疎石自身が永興寺の二世となっている事から、

この地が特別な意味を持った場所であった事は確実。天竜寺派別格地と言うのも伊達ではありません。

 その他、慶應2年(1866年)に廃寺となった市内の瑞光寺から薬師如来坐像と眷族の十二神将像を移して薬師堂に安置。

常時拝観はできませんが薬師如来像は仏師快慶の手になるとも伝わる逸品。

仏像や庭園を護ったという文化財的な面からも大いに感謝すべきでしょうね。

270-3-19.jpg
西端に建つ霊光殿(位牌堂)

270-3-20.jpg
正面から見た霊光殿

270-3-21.jpg
白壁の向こうには洞泉寺が見える

270-3-22.jpg
永興寺説明書
正しくは永代供養 御位牌堂のご案内だが、縁起・見所など詳細に記載している。

270-3-23.jpg
永興寺御朱印

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2021/1/9 20:38時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

洞泉寺(山口県岩国市横山) 岩国歴代藩主の菩提寺

2021.01.09(20:40) 792

紅葉谷最奥の臥龍梅(2020.11.23)


270-2-1.jpg
盤目山 洞泉寺(曹洞宗)

 吉香(きっこう)公園を一周して建造物、四季の草木に接しました。

6万石の吉川家の邸宅の広大さにも驚きですが、明治以降そこを市民一般に開放した度量も大したもの。

しかも入園は無料。明治維新を主導した長州藩の支藩だったという点もありますが、市民は恵まれたと言えそうです。

 その奥にあるのが紅葉谷公園。かつては七ヵ寺が建ち寺谷と呼ばれていましたが、今は二ヵ寺のみ。

その最も奥にあるのが洞泉寺。

270-2-2.jpg
白壁沿いを紅葉谷へ

270-2-3.jpg
寺院横の道から公園方面を見る

270-2-4.jpg
紅葉谷から白壁を見る

270-2-5.jpg
紅葉越しに見える洞泉寺

270-2-6.jpg
紅葉と苔の絨毯

270-2-7.jpg
楓と杉苔と椎の実

270-2-8.jpg
谷の奥は紅葉から黄葉へ

 盤目山洞泉寺(ばんもくさんとうせんじ)は、

『宝徳2年(1450年)、安芸の国人領主であった吉川経信が、芸州新庄の山中の盤の目と言う所に建てた

釈迦牟尼仏を本尊とする洞仙寺が嚆矢。無聞声音を開山とした。

寺は山県郡大朝新庄の小倉山城の鬼門に当り、吉川氏歴代の菩提寺であった。

270-2-9.jpg
紅葉谷から見た寺院遠景

270-2-10.jpg
入口に建つ寺標

270-2-11.jpg
由緒記

 慶長8年(1603年)、毛利氏の減封に伴いここ岩国横山に移転。

それ以降、洞泉寺の文字が用いられるようになった。

藩政時代には歴代藩主の菩提寺となり、岩国五山の筆頭寺院。

領内第一の大寺として歴代住職には名僧が選ばれ、上下の尊信を集めた。

 寺域内には吉川家墓所があり、また門前の「臥龍の梅」は樹齢300年。

春には開花して訪れる人の眼を楽しませる。』 とあります。

270-2-12.jpg
参道脇にある梅樹

270-2-13.jpg
門前にある樹齢300年の臥龍梅

270-2-14.jpg
山門前にて

270-2-15.jpg
山門扉の獅子の透かし彫り

 岩国五山の筆頭とありますが、寺域はそれほど広大な印象はなし。

由緒記には記載ありませんが、明治初期の廃仏毀釈が影を落としている気がします。

寺域が縮小したのは時代の流れとも言えますが廃寺にならなかったのは努力の賜物。

それでも格式の高さを感じさせる寺院で、【臥龍】点睛を欠かなかったのは何よりでした。

特に白壁と紅葉のコントラストは見応えがありました。まさに早起きは【山門】の得です。

270-2-16.jpg
本堂正面

270-2-17.jpg
本堂の「盤目山」の扁額

270-2-18.jpg
洞泉寺御朱印 (平成6年拝受)

270-2-19.jpg
吉川家墓所
紅葉谷の手前にある。

270-2-20.jpg
歴代藩主の墓

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2021/1/9 20:38時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

錦帯橋(山口県岩国市岩国)

2021.01.08(20:39) 791

名橋紫水の橋地(2020.11.23)

270-1-1.jpg
五連の反り橋 錦帯橋

 西方巡礼の三日目は周防から安芸へ。前日に宿泊先の岩国に着いたのは22時前でしたが、

どうせなら錦帯橋も見ようと6時起床。橋を渡るのは9時過ぎからと思っていましたが、

行ってみると一日中渡ることが可能と判明。早速錦川を渡って散策。

270-1-2.jpg
朝日に映える錦帯橋

270-1-3.jpg
足元に気を付けて対岸へ

 山口県の東端にある岩国は、古く萬葉集に「石国」「磐国」の名で登場。

平安末期の岩国氏、室町期には大内家臣の弘中氏、そして毛利元就の支配に続いて、関ヶ原の合戦の後、

吉川広家が出雲月山富田12万石から3万石で入部。小早川氏と共に毛利両川と呼ばれた吉川氏ですが、

小早川氏が早々と断絶したのに対し吉川家は幕末まで続きます。毛利家の支藩としての悲哀も辿ったようですが、

殖産興業や学問振興で後には6万石、実質は10万石越えとも言われる程になりました。

270-1-4.jpg
橋上からの岩国城遠望

270-1-5.jpg
対岸にあるソフトクリームの店「むさし」
種類の多さからTV等でよく見かけるが開店前。

270-1-6.jpg
吉川広嘉公の像
公園入口に建つ。

 『城下町を流れる清流錦川は、何度も橋を架けても増水時に流出。3代藩主吉川広嘉公はそれを憂い

全国から情報を収集。その結果、甲州街道の渓谷に架かる橋柱のない「猿橋」の存在を知る。

その頃、広嘉は明国からの帰化僧で医師でもあった独立(どくりゅう)の治療を受けていたが、

彼の所持する「西湖遊覧誌」に湖に点在する島伝いに石橋が架かる挿図を見て、錦帯橋の着想を得たと言う。

270-1-7.jpg
吉香公園内を散策

270-1-8.jpg
香川家長屋門
元禄6年(1693年)の築。

270-1-9.jpg
長屋門説明

270-1-10.jpg
紅葉と榧の木

 そして努力の末、延宝元年(1673年)に遂に希代の名橋は完成。当初は「五龍橋」「城門橋」

「龍雲橋」等と呼ばれたが、宝永年間(1704年)以降「錦帯橋」の呼び名が定着した。

その後、橋は人々の足としての機能を果たすが、昭和25年のキジヤ台風で惜しくも流出。

しかし276年間も風雪に耐えた名橋であることに変わりはない。今の橋は昭和28年に再建。

巻金と鎹以外は釘を1本も使用していないその優美な姿を今に伝えている。』 とあります。

270-1-11.jpg
公園内には旧岩国中学校・岩国高校の跡地も

270-1-12.jpg
吉川家資料館
手前にあるのは吉香花菖蒲園である。

270-1-13.jpg
堀の向こうに建つ錦雲閣
明治18年(1885年)に建てられた絵馬堂で、藩政時代にここにあった南矢倉を模したとされる。

270-1-14.jpg
吉香 鵜の里
錦川の鵜飼で使われる鵜の飼育施設。

270-1-15.jpg
公園内にある「実験橋」
錦帯橋が風雪でどのように劣化するか等を調べるための設備。

 日光の神橋、甲斐の猿橋と並ぶ、日本三名橋ですが、観光客の数では錦帯橋が群を抜いています。

それにも増してそのいわくに驚き。

まさに「錦帯橋を見ずして岩国を語る勿れ」ですが、ここは吉川家の城下町でもあります。城は遥か山の頂に。

太平の世に山城も不要とは思いますが、これは月山富田城に居た影響でしょうか?

270-1-16.jpg
地元出身の田島直人氏の立志の碑
ベルリン五輪三段跳びで世界新記録16.00mで金メダル、この記録は戦後まで破られなかった。走り幅跳びでも銅を獲得した。

270-1-17.jpg
錦帯橋遠望
陽も大分高くなってきた。

270-1-18.jpg
観光交流所「本家 松がね
江戸時代の商家を改造。かつては鬢付油『松金油』を売っていた。

270-1-19.jpg
「松がね」での五つの酒蔵展示
流石に獺祭の本場だけの事はある!

 岩国城の建つ城山から麓にかけては藩主・吉川氏の邸宅跡。今は藩主と家老・香川氏の名を採って

吉香(きっこう)公園となり、家老長屋門や武家屋敷が残ります。岩国は錦帯橋だけと思っていましたが、

街並みも十分【きっこう】しているようでした。

270-1-20.jpg
岩国市マンホール蓋

270-1-21.jpg
岩国市マンホールカード   配布場所は『本家 松がね

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2021/1/8 20:35時点)



錦帯橋物語

中古価格
¥2,779から
(2021/1/8 20:37時点)



日本木造遺産 千年の建築を旅する

新品価格
¥2,750から
(2021/1/8 20:38時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

永明寺(島根県鹿足郡津和野町後田口) 歴代藩主の菩提寺

2021.01.07(20:00) 790

歴代藩主の菩提寺にある森林太郎の墓(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺 → 萬福寺 → JR益田(13:06) → JR津和野(13:37) → 津和野町並み → 弥栄神社 → 太鼓谷稲成神社 → 永明寺 → JR津和野(16:55) → JR新山口(18:51)

269-7-1.jpg
覚皇山 永明寺(曹洞宗)

 パワースポットに参拝の後は、津和野の巡礼先の永明寺へ。

途中、線路を越えますが、遮断機が下りたままで、周囲には人だかり。

暫くするとSL山口号が駅から踏切へ向かい、バックして駅に戻るところでした。

269-4-4.jpg
踏切にてSLやまぐち号に遭遇
かつては貴婦人と呼ばれたC57型だったが、老朽化のためD51に交代。そのため車輪は3から4になった。

 そのまま線路を越えて坂を上ると目的の寺院。町内では紅葉の名所としても有名です。 

拙い記憶に拠れば、26年前の津和野訪問では訪れた寺社はここ一ヵ所。

街並みの散策に集中した事もありますが、ガイドに掲載されていたのがここだけだったのがその理由です。

269-7-2.jpg
寺標を抜け参道を進む

269-7-3.jpg
紅葉散り敷く参道

269-7-4.jpg
木々の先に山門が建つ

覚皇山永明寺(かくおうざんようめいじ)は、

『応永27年(1420年)、津和野城主であった吉見頼弘が創建したもので、曹洞宗の道元禅師の法孫月因和尚を開山とした。

 以来、藩主は吉見氏、坂崎氏、亀井氏と移り変わったが、歴代津和野藩主の菩提寺として繁栄。

江戸時代には石見国一円の禅寺を統括して末寺七十余を擁し、加えて禅道場として雲水も二百人を越え、

寺領として虹ヵ谷村で百石を領していた。

269-7-5.jpg
深い木々に囲まれた山門

269-7-6.jpg
山門下から参道を振り返る

269-7-7.jpg
山門を過ぎて見る境内
中門、本堂、鐘楼が一望できるが、生憎改修中。

 当寺は度々火災に遭い、現在のものは享保14年(1729年)の建築。仮普請のままながら畳数四百枚を数える巨刹である。

山門は殿町にあった町門を移築したもので、扁額「覚皇山」は明からの帰化僧心越禅師の揮毫である。

 羅漢・涅槃像や藩主の木像、開祖の真筆など寺宝も多い。

殿様御成りの間からの庭園は明治の造園であるが、幽邃な中に四季折々の風情を楽しむことができる。

境内には森鴎外、坂崎出羽守の墓もあり、春の石楠花、秋の紅葉が趣を添える。』 とあります。

269-7-8.jpg
中門より見た茅葺の本堂

269-7-9.jpg
鐘楼の下をくぐり拝観受付へ

269-7-10.jpg
本堂前より中門方面を見る
中庭の綺麗な造りだが、改装中のため残念。

269-7-11.jpg
由緒記

 吉見・坂崎・亀井氏の歴代藩主の菩提寺ですが、森鴎外の墓があることでも有名。唯、墓石には「森林太郎」とあるのみ。

政治的には陸軍軍医総監まで上り詰め、明治を代表する文豪として名を成した人物にしては余りにも簡素です。

医者でもあった鴎外には死ねば皆同じという意識であったのでしょう。藩主であった坂崎出羽守の墓石にも

「坂崎」と刻まれているだけだそう。生前の功績を考えると却って好感が持てます。

269-7-12.jpg
書院の部屋(御成りの間)にて
ここから庭園を眺める事ができる

269-7-13.jpg
部屋の襖絵(実際は板に描いてある)

269-7-14.jpg
襖絵

269-7-15.jpg
縁側からの庭園の眺め
改修中でもその幽邃な雰囲気は十分伝わる。

269-7-16.jpg
正面から見た庭園

 26年前、御朱印を御願いすると対応されたのが94歳の女性であったのは鮮明に覚えていますが、庭や堂宇の印象は今一つ。

26年前に御朱印を書いて頂いた方は亡くなったそうですが、今回拝受したのはまた違った形式。

四半世紀の時の流れを実感することになりました。

今回の再訪で堂宇と庭園を確認するつもりでしたが、いざ訪れると境内や本堂は工事中。完成は3年後との事。

茅葺の本堂と紅葉の対比が鮮やかだっただけに残念でなりません。何か【用命】を拵えて再訪せねばなりませんが、

それまで【余命】があることを願うばかりです。

269-7-17.jpg
寺宝展示室

269-7-18.jpg
仏画と陶器

269-7-19.jpg
永明寺御朱印
(左) 26年前の94歳の女性の墨書  (右) 今回の拝受

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/6 20:47時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/1/6 20:47時点)



百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽 (講談社文庫)

新品価格
¥682から
(2021/1/7 20:04時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

太鼓谷稲成神社(島根県鹿足郡津和野町後田) 小京都にある伏見稲荷の子社

2021.01.06(20:50) 789

千本鳥居とパワースポット(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺 → 萬福寺 → JR益田(13:06) → JR津和野(13:37) → 津和野町並み → 弥栄神社 → 太鼓谷稲成神社

269-6-1.jpg
太鼓谷稲成神社(郷社 別表神社)

 弥栄神社参拝に続いて、津和野川の脇に立つ大鳥居を抜け、九十九折りになった千本鳥居を上る事10分。

市内を見下ろす境内に到着。

太鼓谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)は、

『安永2年(1773年)、津和野藩7代藩主亀井矩貞が領民の安寧のため、京都の伏見稲荷から勧進を受け、

城の鬼門に当たる太鼓谷の峰に社を創建したのに始まる。

269-6-2.jpg
一の鳥居
殿町通りを過ぎ津和野大橋袂に建つ。赤い橋はJR山口線橋梁。

269-6-3.jpg
弥栄神社を過ぎ川沿いを行く

269-6-4.jpg
津和野川沿いの二の鳥居
表参道はここから始まる。

元来は藩主のみの崇敬が許される社であったが、明治以降は庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷社となった。

現在の参拝者は年間100万人を数え、最近では「日本五大稲荷」を称している。

 日本の稲荷の中では唯一、稲成と表記するが、これは願いが叶う思いに由来。表参道には1047本の朱の鳥居が並ぶが、

その8割が願望成就の奉納、2割が将来への立願となっている。』 とあります。

269-6-5.jpg
二の鳥居から見た山腹に続く朱の鳥居

269-6-6.jpg
三の鳥居から千本鳥居が始まる

269-6-7.jpg
九十九折りの千本鳥居

269-6-8.jpg
千本鳥居途中から二の鳥居と津和野川を見下ろす

269-6-9.jpg
更に上を目指す

269-6-10.jpg
鳥居の並び

 千本鳥居と聞くと尻込みしそうですが、鳥居の間隔が狭いのに加え、途中の眺望が時間を忘れさせるのでしょうか、

10分程度で境内に到着。神門を過ぎて正面に見えるのが本殿ですが、こちらは新築。

門の右にあるのが大正12年築の旧社殿。今は元宮となってここから参拝するようです。

269-6-11.jpg
朱の鳥居と紅葉と石州瓦

269-6-12.jpg
神門へ最後の鳥居

269-6-13.jpg
御由緒

269-6-14.jpg
神門に到着
海抜213m。

 以前に訪れた時に比べると、訪れる観光客は各段に増えているのは確実。浅見光彦シリーズ等のTVドラマのロケ地、

山の斜面に続く鳥居がインスタ映えすると理由はいろいろですが、最も大きいのはパワースポットの地。

本家の伏見稲荷がそうですから、分家の津和野がそうであっても何ら不思議はありません。

269-6-15.jpg
境内の様子
正面が社務所、右が元宮。

269-6-16.jpg
元宮正面

 途中から雨が降り出すという生憎の天気でしたが、境内には多くの参拝者が。

境内からは石州赤瓦の街並みと参道の紅葉も一望、朱塗りの鳥居と相俟って、

正に「赤い、紅いに、朱いなり【稲荷】」でした。

269-6-17.jpg
本殿前からの境内の眺め

269-6-18.jpg
本殿

269-6-19.jpg
境内から見た津和野の町

269-6-20.jpg
太鼓谷稲成神社御朱印

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/6 20:47時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/1/6 20:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

弥栄神社(島根県鹿足郡津和野町後田) 鷺舞が奉納される神社

2021.01.05(20:30) 788

鷺の舞と御神木(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺 → 萬福寺 → JR益田(13:06) → JR津和野(13:37) → 津和野町並み → 弥栄神社

269-5-1.jpg
弥栄神社(旧郷社)

 街並みを見ながら歩くと、津和野川に架かる津和野大橋にぶつかります。その橋を渡らず、右折すると

城山に無数の鳥居が並ぶのが視界に入ります。そこへ向かっていくとその手前の大きな鳥居と御神木が目に入ります。

これが弥栄神社(やさかじんじゃ)で、社伝に拠ると、

『正長元年(1428年)、津和野城主であった吉見氏が京都祇園社の分霊を太鼓谷山に勧進したのが始まり。

永享9年(1437年)に吉見弘信が現在地へ遷座。城の鬼門を守る社とした。

269-5-2.jpg
朱塗りの鳥居
ここが正面になるが、駅から歩くと反対側に出る。

269-5-3.jpg
鳥居を抜け境内へ
御神木の向こうが津和野川

 城主は吉見、坂崎、亀井と変遷するが、廃藩に至るまで歴代藩主の造営や寄進を受け、庶民の崇敬を集めた。

創建時は「滝本祇園社」と言う名であったが、幕末の慶應3年(1867年)に現在の名に改めた。

6月30日には「輪くぐり神事」が行われ、7月20日と27日に奉納される「鷺舞」は津和野を代表する神事で

国の重要無形文化財になっている。』 とあります。

269-5-4.jpg
正面から見た拝殿

269-5-5.jpg
拝殿に続く本殿

269-5-6.jpg
説明板

 津和野の鷺舞は全国的に有名ですが、それに比べて境内の大きさは対照的。

拝殿横の御神木は立派で推定樹齢600年。正長元年(1428年)、吉見氏4代弘信が勧進した際に植えられたとか。

今や天然記念物で神社の【しょうちょう】。落雷で一部枯死したのが悔やまれます。

祇園社を勧進したのであれば八坂ですが、益々栄える“いやさか”の願いを込めて弥栄となったのでしょう。

元来、鷺舞は京都から山口に伝わったものを、津和野城主・吉見正頼が天文11年(1542年)に疫病鎮護のために始めたもの。

本家から見れば孫に当たりますが、今では孫が最も有名になっています。これもいやさか効果でしょうが、

京都も山口も別段【さぎだ~!】とならないのは【御親睦】の賜物とも言えそうです。

269-5-7.jpg
御神木 弥栄神社の大欅

269-5-8.jpg
弥栄神社御朱印

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/5 20:33時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/1/5 20:34時点)



室町時代の祇園祭

新品価格
¥1,980から
(2021/1/5 20:37時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

山陰の小京都 津和野(島根県鹿足郡津和野町)

2021.01.04(22:50) 787

亀と鯉と鷺の町(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺 → 萬福寺 → JR益田(13:06) → JR津和野(13:37) → 津和野町並み

269-4-1.jpg
殿町掘割付近の津和野を代表する景観

 益田を後に、特急おきで山口線を南下。石見の小京都・津和野へ。

萩・津和野と観光で一括りにされますが山口県ではなく島根県。

場所的には石見の小京都ですが、山陰の小京都で通っています。 

269-4-2.jpg
山口線津和野駅遠景
向こうに見えるのは乙女峠。

269-4-3.jpg
JR津和野駅スタンプ
(上) 旧国鉄「わたしの旅」シリーズ  (下) 2008年JR西日本 広島支社印

『津和野は青野山の西麓に開けた山峡の町。“ツワブキの茂る野”から津和野と命名された。

戦国時代は大内氏・毛利氏に仕えた吉見氏が支配し、関ヶ原の戦いの時点では毛利支配下であった。

関ヶ原後、東軍に属した坂崎直盛が三万石で入部するが一代で断絶。

因幡鹿野より亀井政矩が四万三千石で入封し、明治維新まで続いた。』 とあります。

269-4-5.jpg
吉永米店
駅の東直ぐにあり、庭先の池には700尾の鯉が泳ぐ。

269-4-6.jpg
吉永米店の庭池
一声掛けて無料で見学できる。

269-4-7.jpg
駅前から殿町通りを望む
源氏巻の店、醸造元が軒を連ねる。

269-4-8.jpg
源氏巻の老舗、本町通りにある山田竹風軒本町店

 政治的には紆余曲折を経ていますが、城下町は至って静か。掘割には鯉が泳ぎ花菖蒲が咲く。

武家屋敷や家老門が残り、文豪・森鴎外の旧宅があるかと思えば切支丹の聖堂もある。

最近では山腹に続く千本鳥居がパワースポットとして人気があるとか。

様々な見所がある上に、大部分が駅から歩いて見て回れる適度な広さが幸いしているようです。

加えて、うずめ飯・源氏巻といった独自の名物もあって観光地としては拮抗、若しくは萩・山口を凌いでいるように感じます。

269-4-9.jpg
津和野カトリック教会
石造りゴシック建築の教会だが、生憎改修中。

269-4-10.jpg
教会の由緒記

269-4-11.jpg
家老・大岡家の表門

269-4-12.jpg
表門の内側は町役場 勿論現役である

269-4-13.jpg
家老門と町役場の説明

269-4-14.jpg
かつての藩校であった養老館
若き日の森鴎外もここに学んだ。

 石高では萩の36万9千石には遥かに及びませんが、藩祖・亀井玆矩(これのり)は山中幸盛(鹿介)の養女を妻にした人物。

尼子十勇士として大内・毛利氏と戦った矜持が町割りにも生きている気がします。尼子の執念とも言えましょうか?

 このようにこの地方の中心的な津和野ですが、町役場は遥か向こうの日原に。案内所の方の話では、

平成17年(2005年)に隣接する日原町と合併した際、日原町は天領だったので役場は旧日原町役場になったとか。

いつの時代でも政治は複雑ですね。

269-4-15.jpg
旧家老多胡家表門

269-4-16.jpg
表門の説明

269-4-17.jpg
津和野マンホール蓋
殿町付近の掘割

269-4-18.jpg
津和野マンホールカード  配布場所は津和野町観光協会

269-4-19.jpg
列車の友は「源氏巻」 ¥300

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/4 22:45時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/1/4 22:46時点)



明治の津和野人たち:幕末・維新を生き延びた小藩の物語

新品価格
¥2,200から
(2021/1/4 22:48時点)



乙女峠 津和野の殉教者物語 (アルバ文庫)

新品価格
¥638から
(2021/1/4 22:49時点)



石州の歴史と遺産?石見銀山領・浜田藩・津和野藩

中古価格
¥4,267から
(2021/1/4 22:50時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

萬福寺(島根県益田市東町) 寺院様式の雪舟庭

2021.01.03(21:31) 786

石見の法隆寺に満腹(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺 → 萬福寺 → JR益田(13:06)

269-3-1.jpg
清瀧山 浄光院 萬福寺(時宗)

 医光寺に続いての寺院は川を少し下った場所。自転車ならば数分ですが歩いても10分とは掛かりません。

 清瀧山浄光院萬福寺(せいりゅうざんじょうこういんまんぷくじ)は、

『平安時代の建立になる古刹。当初は安福寺と号し益田川河口付近にあった天台宗寺院であった。 

万寿3年(1026年)、大津波のため流出、その後、小庵を建てて法灯を守っていたが、

元応9年(1319年)に遊行4代呑海上人が入寺した際に、時宗の道場になった。

269-3-2.jpg
入口に到着
益田川右岸の堤防脇に建つ。

269-3-3.jpg
朱が鮮やかな山門

 応安7年(1374年)、益田七尾11代城主・益田兼見(かねはる)が現在地に移築して萬福寺と改称、

寺領31石を与えて益田家の菩提寺とした。現在の本堂はその時の建築で、桁行7間梁間7間の寄棟造桟瓦葺。

鎌倉様式の建築物として国の重要文化財に指定されている。

重要文化財の「絹本着色二河白道図」ほか「観世音菩薩立像」など寺宝も多く「石見の法隆寺」とも呼ばれる。

269-3-4.jpg
重文・本堂
鎌倉様式の穏静簡古な手法で造られている。

269-3-5.jpg
本堂の「清瀧山」の扁額

269-3-6.jpg
本堂前の雪舟像

269-3-7.jpg
いよいよ堂内と庭園を拝観 ¥500

269-3-8.jpg
本堂内陣の様子

269-3-9.jpg
鎌倉時代作の重文・二河白道図
此岸(現世)の釈迦が往生者を送り出し、彼岸(浄土)の阿弥陀如来が迎える。現世と浄土を結ぶ白道を通って衆生が往生する様を描くのが一般的であるが、この図は現世や浄土を描かず、釈迦と阿弥陀如来が向かい合うという独特の構図となっている。

269-3-10.jpg
書院の部屋
ここから庭園を眺める事もできる。

 文明11年(1479年)、15代城主・益田兼堯(かねたか)が画聖・雪舟を益田に招き、堂後に石庭を造営。

築山に池と泉を配した池泉回遊式庭園である。

本堂裏の430坪の地に、須弥山石を中央に、右にはやや暗い築山と枯滝を、左は明るく平坦な地と、

明と暗が巧みに使い分けられたもの。心字池を中心に須弥山側が彼岸(来世)、こちら側が此岸(現生)という

仏教の世界観を表した寺院様式庭園である。

 慶應2年(1866年)の第二次長州征伐・益田口戦争の際には幕府軍の陣営となり、兵火のために総門は焼失したが、

本堂・庫裏には被害が及ぶことなく今に至っている。』 とあります。

269-3-11.jpg
国史蹟及名勝・雪舟庭園
書院の縁側からの眺め。手前の平石が礼拝石、その向こう池の手前が成就石。左の丘の頂が須弥山石、池の奥が枯滝。

269-3-12.jpg
ここが現世と浄土を繋ぐ場所
見る人は己の心に従って橋を架けるとの教えである。

269-3-13.jpg
本堂方面から庫裏と庭園を見る

269-3-14.jpg
本堂縁側より心字池と須弥山を眺める

 こちらも雪舟庭園で有名ですが医光寺とは異なるタイプ。作庭はこちらが先ですが、故意に異なる様式を作った訳ではなく、

禅宗の医光寺には武家様式、時宗の萬福寺には寺院様式と使い分けたのが実情でしょう。

 拝観を御願いすると住職夫人と思しき年配の御婦人が対応下さいました。

和辻;「庭園の写真はOKですね。」

夫人;「庭だけでなく、堂内どこでも大丈夫ですよ。」

これはまた、えらく鷹揚な寺院と驚きです。

夫人;「お庭を見る際には、池を挟んで現世と来世がありますが、その間に橋は架かっていません。

    どのような橋を架けるか、どう進むかは見る人の心次第です。」

和;「行き方は自分で考える訳ですね。」

夫人;「そうです。時間をかけて考える事が大切になります。」

との事。寺院の庭を長時間眺めている人を見ますが、あれはそういう事だったのかと納得。

269-3-15.jpg
本堂より見た庭園遠景

269-3-16.jpg
本堂北側の庭

269-3-17.jpg
萬福寺説明書

269-3-18.jpg
萬福寺御朱印 (平成6年拝受)

・古大家の意匠になれる庭を前にして しばらく旅の時をおくる

とは文豪・島崎藤村の残した言葉。私は藤村の様に叙情的な言葉は到底浮かびませんでしたが、学生時代に

「古典は原本で読むように。訳だと訳者の眼を通して読んでしまうからです。」

と言われたのを思い出しました。

二ヵ寺共に雪舟作庭ですが、医光寺(臨済宗東福寺派)が武家様式なのに対して、萬福寺(時宗)は寺院様式。

違いはあっても雪舟作庭に違いはなく、87歳でこの地で亡くなった事を含めて益田には特別の思い入れがあったのでしょう。

石州益田は雪舟の町でもありました。

269-3-19.jpg
益田本町郵便局 ; 郷土芸能・石見神楽、萬福寺本堂

269-3-20.jpg
益田市マンホール蓋
駅前観光案内所にて。但し、カラーはここのみだそう。

269-3-21.jpg
益田市マンホールカード  配布場所は駅前の益田市観光協会

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/2 21:17時点)



雪舟の庭

新品価格
¥6,900から
(2021/1/2 21:18時点)



雪舟 (新潮日本美術文庫)

新品価格
¥1,210から
(2021/1/2 21:23時点)



日本水墨画全史 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,969から
(2021/1/2 21:23時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

医光寺(島根県益田市染羽町)

2021.01.02(21:24) 785

石州に残る雪舟の威光(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23) → JR益田(10:44) → 観光協会レンタサイクル10分 → 医光寺

269-2-1.jpg
瀧蔵山 醫光禅寺(臨済宗東福寺派)

 江津駅から9時台の列車で終点の益田まで移動。石見の西端で交通の要衝、鎌倉時代には城が築かれた城下町。

いまでも山陰本線から山口線が分岐する要衝には変わりませんが、列車の本数は少なく、

特に山陰本線の萩・長門方面は昼間休業状態。特急は全て益田から山口線に入ります。

同じ石見地方で津和野という観光地を控えているので、当然とも言えますが、

自家用車のない石見の人はどのように萩に移動するのでしょうか?

269-2-30.jpg
JR益田駅スタンプ
(上) 旧国鉄「わたしの旅」スタンプ  (下) 2008年 JR西日本米子支社管内設置

 到着して直ぐの列車が出発すると次の山口方面の列車は2時間後。程よい時間なので益田川沿いの二ヵ寺に参拝。

門前まではバスが頻発していますが、晴天のこの日は駅前観光案内所でレンタサイクル。

269-2-2.jpg
益田川に架かる大橋より
向こう岸に朱く見えるのが萬福寺、その先の新橋の向こうが医光寺。

269-2-3.jpg
終点のバス停から直ぐにある医光寺総門
島根県指定有形文化財で、高さ4m、幅4.5m。

269-2-4.jpg
横から見た総門
かつての益田七尾城大手門を移築した。

269-2-5.jpg
総門説明

 医光寺、正式には瀧蔵山醫光禅寺(たきぐらさんいこうぜんじ)は、

『貞治元年(1363年)、瀧蔵山崇観寺(すうかんじ)として今の西方に創建された天台宗寺院が嚆矢。

斎藤長者の妻・直山妙超大姉の本願に拠って、東福寺の法系、竜門士源を開山とした。

 寺領は1500石、領主益田氏9代兼弘の保護と援助を受け、菩提寺として栄えた。

11代兼見は「祥兼置文」で領内の寺院に示達を与えている。

269-2-6.jpg
総門より見た医光寺遠景

269-2-7.jpg
石段の上の中門

269-2-8.jpg
中門の装飾と彫刻

 その後、17代益田宗兼が現在の地に医光寺を建立し保護を加えたので崇観寺は衰頽、

更に堂宇の火災もあって医光寺と合併した。

 総門は七尾城の大手門であったものを関ヶ原の戦い後に移転。承応年間以降、竹田の番匠に拠り

屋根を竜宮造りに改造した。2本の太柱に2段の屋根を掛け、大扉を付けた手法である。

堂宇は享保14年(1729年)の大火で延焼。その後、再建され今に至っている。

269-2-9.jpg
中門より見た境内
本堂の奥に開山堂が建つ。

269-2-10.jpg
正面から見た本堂

269-2-11.jpg
開山堂近影

269-2-12.jpg
中門右手の鐘楼

269-2-13.jpg
医光寺開基・益田宗兼墓

 文明年間(1469~1487年)には画聖・雪舟が第5世住職として萬福寺より入山。

寺の裏山を利用して西南向き666坪の池泉鑑賞半回遊式庭園を築いた。

鶴を象った池の中に亀島を浮かべた鶴亀を主体とした武家様式庭園。寺院様式庭園の萬福寺とは対照的である。

現在の庭園は享保の大火後の再建であるが、蓬莱型山水様式の庭園として雪舟時代の特色を今に伝えている。

 雪舟は晩年益田に戻り山寺東光寺(現;大喜庵)に入山し87歳で入寂。

医光寺で荼毘に付された遺骨は雪舟灰塚として境内にある。』 とあります。

269-2-14.jpg
本堂裏の縁側から眺めた雪舟庭園
鶴を象った池の中に亀島を浮かべる。

269-2-15.jpg
西側の丘にある須弥山石からは枯滝石組を造り、東の枝垂れ桜とバランスをとっている

269-2-16.jpg
亀島と枝垂れ桜
亀の背には中心石と三尊石を置く。枝垂れ桜が満開になるとTV放映される程有名であるとか。

269-2-17.jpg
本堂縁側と雪舟庭園

269-2-18.jpg
庫裏から見た本堂と庭園

 益田は万葉の歌聖・柿本人麻呂ゆかりの町ですが、画聖・雪舟の故地でもあります。

どちらが偉大というのは野暮な議論ですが今に伝わるとなると1300年前と600年前ではどちらに軍配が上がるかは明らか。

 我が国の山水画を大成した人物としての著名度が大ですが、雪舟は僧籍にあった人物でしかも禅僧。

作庭に秀でていても不思議ではありません。

269-2-19.jpg
本堂内部の書院
ここに座って庭園を眺める事もできる。

269-2-20.jpg
開山堂内陣の様子

269-2-21.jpg
開山堂の羅漢像

269-2-25.jpg
境内の外れにある雪舟灰塚

 それよりも備中で生まれた彼が、何故ここまで益田に執着したのか?

周防の大内氏を頼った雪舟は47歳で明国に渡り、寧波で「四明天童第一座」に推された画力を持ちますが

修行の為に中国各地を訪れています。絵画以外にも得た情報は多かった筈。

大内氏の経済力は大陸交易が主ですから、雪舟には今風の商社駐在員の役目を期待していたのではないでしょうか?

連歌師飯尾宗祇や俳聖松尾芭蕉にもそんな話が伝わっているので、晩年まで益田を離れなかったのも

彼を重視した大内氏が外交顧問として手元に置いておきたかった気がします。

大内氏は近世大名としては生き残りませんでしたが、雪舟の残した遺構の威光が

現在まで人を呼んでいると知ったら、泉下の彼らはどう思うでしょうか?

269-2-22.jpg
雪舟和尚肖像画
安政12年(1856年)、350回忌法要に合わせて作成されたもの。

269-2-23.jpg
益田宗兼肖像画

269-2-24.jpg
庫裏にある金山西湖図屏風
江戸中期の雲谷派の手になるもの。

269-2-26.jpg
医光寺オリジナル御朱印帳 表と裏面

269-2-27.jpg
医光寺説明書

269-2-28.jpg
医光寺御朱印

269-2-29.jpg
益田郵便局 ; 雪舟庭園、雪舟廟大喜庵、柿本神社
益田染羽郵便局 ; 雪舟庭園、医光寺総門

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/2 21:17時点)



雪舟の庭

新品価格
¥6,900から
(2021/1/2 21:18時点)



雪舟 (新潮日本美術文庫)

新品価格
¥1,210から
(2021/1/2 21:23時点)



日本水墨画全史 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,969から
(2021/1/2 21:23時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

天領江津本町甍街道(島根県江津市本町)

2021.01.01(21:16) 784

天領江津へ Go To!(2020.11.22)

<コース>
JR浜田(8:00) → JR江津(8:25) → 徒歩10分 → 江津本町 → JR江津(9:23)

269-1-1.jpg
天領江津本町甍街道

 この処、やたら「Go To」と言う掛け声があるので、西方巡礼2日目は石見の江津へ。

その名の通り中国地方第一の大河、江の川河口に開けた港町。初めて訪れたのは平成7年で広島の三次から三江線経由。

駅前のお好み焼き店でGの原選手の引退セレモニーをTV中継で見ながら昼食をとって13時台の列車に乗りましたが、

終点江津へ着いたのは18時過ぎで夜のとばりが下りていました。

 二度目の三江線は、江津から始発列車で石見川本まで行き8時過ぎの列車で江津へ戻った2008年。

片道32㎞に1時間かかったのが強烈でした。その路線も二年前に廃線。今は山陰線が唯一の路線です。

269-1-2.jpg
山陰本線江津駅舎

269-1-3.jpg
JR江津駅スタンプ
(上) 旧国鉄時代の「わたしの旅シリーズ」  (下) 2008年設置のJR西日本米子支社印

 三江線の本数の少ないのは有名(1日5本)でしたが、山陰線も御多分に漏れず。所用の後、

次の列車まで1時間あったので町を散策。なんでも江津は天領だったそうで、駅前観光案内書の方に伺うと、

本町付近には石州赤瓦の町屋が並び『天領江津本町甍街道』とネーミングされているとか。

「いらか街道」であって「いなか街道」ではありません。

かつては三江線で江津から1駅目に江津本町という駅がありましたが、廃線となったので徒歩で訪問。

尤も、始発6:00の次が12:34では乗る人もいないでしょうが…。

269-1-4.jpg
江の川左岸より見た郷川鉄橋
JR山陰本線が通る。その向こうには国道9号線の通る下江川橋。

269-1-5.jpg
鉄橋の直ぐ上流に架かる新江川橋
国道9号線バイパスが通る。

269-1-6.jpg
江の川左岸堤防に建つかつての上江川橋の碑

 駅から東へ進み江の川沿いの堤防を南下。日本海側には国道9号線が走る下江川橋が架かり、

その横にはJR山陰本線の郷川鉄橋が。大正9年(1920年)に完成し全長480m。

鉄道開通に拠って町の中心は本町から駅周辺に移りました。

 江の川の直ぐ上流には国道9号バイパスの新江川橋が。かつては二艘の渡船が連絡し、

初代の上江川橋は船橋で明治37年(1904年)の設置。

以降、洪水や劣化によって六度架け替えられ平成5年に設置されたのが現在の橋です。

その横にはJR三江線跡の線路が。大正15年(1926年)着工し昭和5年に開通。

江の川に沿ったとはいえ、高架橋や隧道など難工事だったと記録にあります。

江津本町駅は昭和33年開業した無人駅。廃線が平成30年ですから丁度還暦でした。

269-1-7.jpg
かつての三江線の線路のあった第二江津橋梁
江津本町駅はこの左側にあった。

269-1-8.jpg
第二江津橋梁にある説明

269-1-9.jpg
JR三江線石見川本駅スタンプ
2008年にJR西日本管内に設置された印の内、三江線にあった唯一のもの。まさか10年の寿命とはその時は夢にも思わず。

 三江線の橋梁から西へ延びているのが天領江津本町、

『江津本町は、古くから江の川の舟運と日本海の海運の要所として栄え、寛文年間に上方航路が開かれると

北前船の寄港地、天領米の積出港として川岸には40~50隻の帆船が林立。

西の浜田で入港を待ち合わせる船がある程の混雑であった。

 川岸から町中に向け多くの廻船問屋の蔵屋敷が軒を並べ、その中心を山陰道が貫き、東は大森銀山、

西は浜田へと向かう石見では大森銀山に次ぐ賑わいを見せた。

269-1-10.jpg
橋梁下から続く旧山陰道
ここからが甍街道のメインストリートになる。

269-1-11.jpg
国の登録文化財・旧花田医院
江津の瓦は赤色が主であったが、昭和9年にカーキ色が国防色となったため、この屋根瓦も黄色を基調としたものになった。

269-1-12.jpg
国の登録文化財・藤田家住宅(五島屋)
嘉永6年(1853年)の築で屋根の上の煙出しが特徴。江戸時代には「五島屋」として銑鉄を扱う回漕業を営んだ。

269-1-13.jpg
藤田家住宅の脇道からの眺め
奥には山辺神社が鎮座する。

 幕末の慶應2年には大村益次郎を参謀とする長州軍振式隊450余名が進駐し、明治2年まで本陣が設置。

明治40年には東宮時代の大正天皇が宿泊する栄誉に浴した。

 江津本町は郷田村、江津町、江津市と変遷する中で行政経済の中心として栄えたが、

昭和37年の市庁舎の移転に拠りその中心的役割を終えた。しかし江戸期から昭和初期にかけての繁栄ぶりは

役場、郵便局や数多くの商家土蔵などの歴史的建造物群で伺う事ができる。』 とあります。

269-1-14.jpg
藤田家住宅の脇を抜け裏手の本町川通りへ

269-1-15.jpg
横田家住宅(沖田屋)
江戸時代初期に当地へ移り、回漕業で財を成した。飢饉対策や開墾に私財を投じた事でも知られる。

269-1-16.jpg
藤田家住宅とその向こうに建つ高原家住宅
高原家住宅は元治元年(1864年)の築で、大工棟梁は松見屋角之助の記録が残る。主屋の格子が特徴である。

269-1-17.jpg
飯田家住宅(釜屋)
初代江津市長の家で、門前には御影石の橋が架けられている。

269-1-18.jpg
国の登録文化財・旧江津郵便局
三代目局長(明治17~28年)の飯田源之亟が建てた擬洋風建築物。郵便制度間もない頃の局舎として全国的にも貴重である。

 下調べ不足と時間不足のため、十分に見る事は叶いませんでしたが、成程、世界遺産の石見銀山や

温泉津の街並みと共通するものがありました。現在の鉄道や道路事情からは想像できないような繁栄がありましたが、

その後の変遷でタイムカプセルになったようなものでしょうか?

 大森銀山もかつては閑古鳥が鳴くような場所でしたが、世界遺産に認定されてからは観光客が押し寄せ

【銀座】状態だとか。江津もそうなれば集客できるでしょうが、落ち着いて見るにはもう少しこのままであって欲しい気もします。

269-1-19.jpg
本町川沿いの城構(とがまえ)
幕末、長州藩の陣営建設を命じられた庄屋であり酒造業を営んだ飯田六郎右衛門が築いたもの。現在は石垣と土塀が残る。

269-1-20.jpg
江津市マンホール蓋

269-1-21.jpg
江津市マンホールカード  配布場所は江津市観光協会

269-1-22.jpg
江津本町郵便局 ; 天領江津本町甍街道と旧江津郵便局

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/1/1 21:08時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/1/1 21:08時点)



歴史文化遺産 日本の町並み〈下巻〉

新品価格
¥1,980から
(2021/1/1 21:15時点)



定点写真でめぐる東京と日本の町並み (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥1,705から
(2021/1/1 21:16時点)



知りたい、歩きたい! 美しい「日本の町並み」: この国の「原風景」に戻れる場所 (知的生きかた文庫)

新品価格
¥792から
(2021/1/1 21:16時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

さいくう平安の杜(三重県多気郡明和町斎宮)

2020.12.31(18:45) 783

令和の〆に明和町(2020.12.30)

<コース> 冬の青春18きっぷ使用
【往路】JR天王寺(6:35) → JR加茂(6:53→6:55) → JR亀山(8:16→8:23) → JR伊勢市(9:56)

近鉄伊勢市(11:12) → 斎宮(11:28) → 平安の杜 → 斎宮(12:28) → 松阪(12:41→12:48) → 四日市(13:25) → 近鉄四日市(14:54) → 東一身田(15:28)

【復路】高田本山(16:28) → 伊勢中川(17:21) → 近鉄桜井(18:31→18:43) → JR王寺(19:22→19:29) → JR大阪(20:08)

275-2-1.jpg
さいくう平安の杜

 通常ならば正月に初詣ですが、巷は分散型を推奨しているので、一足早く初牛鳴(モー)出に伊勢国へ。

 といってお伊勢さんは三密でしょうから、松阪と伊勢の中間の明和(めいわ)町。

とりたてて寺社はありませんが、かつての斎宮(さいくう)跡。近鉄山田線の東側にある広大な空間が

斎宮跡で公園になっており、平城京跡にも通じるものがあります。

275-2-2.jpg
近鉄電車斎宮駅ホームより東を望む
遥か向こうに「斎宮」の看板が見える。

275-2-3.jpg
神社を象った斎宮駅舎
現在は無人駅。

275-2-4.jpg
斎宮駅スタンプ
四半世紀以上前の有人駅時代に押印したもの。

 古代(天武天皇)から中世の室町期まで、天皇の代行者として未婚の皇女の斎王(さいおう)が伊勢神宮へ奉祀した場所。

斎宮の役所であった斎宮寮の長官の元、儀式や饗宴に使用されたとされる正殿・西脇殿・東脇殿の三棟が復元されていました。

年末なので当然休館だったので、外から遥拝。来年は町名に肖って【めいわくなく明るく和やか】になって欲しいものです。

周りからは寒風と牛の鳴き声が聞こえてきました。

275-2-5.jpg
駅から続く平安時代の復元道路

275-2-6.jpg
道路から見た復元建物

275-2-7.jpg
正面に建つ正殿
斎宮寮の中心的な建物で、入母屋造・檜皮葺。床面積 94.5㎡、高さ 7.97m。

275-2-8.jpg
西脇殿
大人数の儀式などに使用した建物で、切妻造・檜皮葺、東面庇板葺。床面積 162㎡、高さ 7.59m。

275-2-9.jpg
東脇殿
儀式の準備等に用いられ、切妻造・檜皮葺、東面庇板葺。床面積 89.86㎡、高さ 5.86m。

 参拝を終えて帰阪しようとすると紀勢線が強風でまさかの運転見合わせ。

近鉄の駅まで歩いて、伊勢中川から大阪線で帰阪となりました。18きっぷは使えませんでしたが、

代行輸送があったので、余分にかかったのは¥1000円程度。関西本線経由より却って帰宅は早くなりました。

「人生万事【斎王】が丑」です。皆様、どうか良いお年を…。

275-2-10.jpg
明和郵便局 ; 竹の都へいあん斎宮の杜、町花ノハナショウブ、めい姫

[参考書]

三重県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/12/31 18:41時点)



伊勢神宮と斎宮 (岩波新書)

新品価格
¥750から
(2020/12/31 18:43時点)



斎宮?伊勢斎王たちの生きた古代史 (中公新書)

新品価格
¥961から
(2020/12/31 18:43時点)



伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)

新品価格
¥1,650から
(2020/12/31 18:44時点)



伊勢斎宮跡?今に蘇る斎王の宮殿 (日本の遺跡)

新品価格
¥1,980から
(2020/12/31 18:44時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


三重県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

常念寺(山口県萩市下五間町)

2020.12.30(23:20) 782

維新の情念(2020.11.21)

<コース>
【往路】新大阪(6:06) → (ひかり501号) → JR新山口(8:38→9:13) → JR湯田温泉(9:31) → 徒歩5分 → 井上公園 → JR湯田温泉(9:58) → JR山口(10:02)

山口駅前レンタサイクル → 市内観光 → 山口駅(13:33) →JRバス → 萩・明倫センター(14:5) → 明倫館 → 徒歩5分 → 長寿寺・海潮寺 → 徒歩5分 → 野山獄跡 → 常念寺 → 徒歩10分 → JR東萩駅(16:58) → JR益田(18:10)

268-14-1.jpg
長栄山 不断光院 常念寺(浄土宗)

 獄跡を少し南下すると道に面して大きな山門が見えます。これがこの日最後の巡礼先の常念寺。

長栄山不断光院常念寺(ちょうえいざんふだんこういんじょうねんじ)は、

『天文元年(1532年)、吉見氏の家臣であった安部家貞が開基となり、単蓮社信誉上人を開山として創建。

安部氏の法名であった常念を採って寺号とした。

 当初は現在地より北に位置し、萩築城の際には藩主輝元が常念寺を宿舎とする。その縁で表門が寄進された。

これは京都聚楽第の裏門であった四脚門で、輝元が秀吉より拝領したもの。

桃山時代を代表する建築として重要文化財となっている。

268-14-2.jpg
西方に開かれている常念寺

268-14-3.jpg
重文・表門

 江戸時代には総本山知恩院の命に拠り防長二ヵ国の触頭(ふれがしら)となった。

寛文9年(1669年)、類焼を受け堂宇を焼失したが、毛利家の援助を受け現在の場所に移転。

本堂は寛文11年に再建され今に伝わっている。

 本堂の中には十六羅漢が祀られており、その11体には元治元年(1864年)京都禁門の変で戦死した

萩市勇隊の隊士16名の内、14名の法名が記されている。平均年齢23歳、法名と共に

「元治元年甲子七月十九日於京師戦死」の札が全てに立てられている。』 とあります。

268-14-4.jpg
境内から見た表門
両袖に潜り門が付けられているのが分かる。

268-14-5.jpg
正面から見た表門

 表門は切妻本瓦葺で控え柱を持った桁行3.66m、梁間3.12mの四脚門で、両袖に潜り門が付いていました。

天下人から萩藩主、そして当寺と流転していますが、重文の決め手となったのは、

門に彫刻された狛犬であったと言うのも不思議な話です。

 一方の羅漢は由来も定かでなく、何故14名の名が記されているのかも分からないそうでした。

明治半ばまでは、七月十九日に焼香する人がいたそうですが、昭和に入ると全く途絶えたとの事。

長州藩からは維新の元勲が輩出しますが、その過程で流された若い血も忘れてはいけないでしょう。

268-14-6.jpg
表門にある狛犬 (阿像)
一説では左甚五郎の作とされる。

268-14-7.jpg
同じく狛犬(吽像)

 境内を見ていると、小中学生と頭巾を被った母親と祖母らしき人が戻って来られました。

和辻;「お寺の方ですか?」

母親:「そうです。」

和辻;「御朱印を御願いできますか?」

母親;「暫くお待ちください。」

暫くすると戻って来られましたが、頭巾を外した姿は法体姿。

和辻;「ここは尼寺ですか?」

祖母;「いいえ、先代が数年前に亡くなり、孫は未だ小さいので新たに僧侶の資格を取りました。今は小僧都です。」

と庭で遊んでいる小学生の男子の方に目を遣られました。

 御主人が亡くなっただけでも大変な状況ですのに、その上僧侶の資格をとるとは並々ならぬ事。

維新を支えた人の【情念】は今にも受け継がれているのを実感しました。

268-14-8.jpg
寛文11年再建の本堂

268-14-9.jpg
本堂の「長栄山」の扁額と向拝の彫刻

268-14-10.jpg
常念寺御朱印

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2020/12/30 23:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

野山獄・岩倉獄跡(山口県萩市今古萩)

2020.12.28(20:27) 781

後は野となれ岩となれ(2020.11.21)

<コース>
【往路】新大阪(6:06) → (ひかり501号) → JR新山口(8:38→9:13) → JR湯田温泉(9:31) → 徒歩5分 → 井上公園 → JR湯田温泉(9:58) → JR山口(10:02)

山口駅前レンタサイクル → 市内観光 → 山口駅(13:33) →JRバス → 萩・明倫センター(14:5) → 明倫館 → 徒歩5分 → 長寿寺・海潮寺 → 徒歩5分 → 野山獄跡

268-13-1.jpg
両側に寺が並ぶ
萩城址からJR東萩駅まで続く通り。

 寺院の密集する地区から東へ向かうと道を挟んで両側に石碑が建った場所があります。

そこが史跡野山獄・岩倉獄跡で、

『正保2年(1645年)9月17日夜、藩士岩倉孫兵衛(大組・禄高200石)は酒に酔って、

道を隔てた西隣の藩士・野山六右衛門(大組・禄高200石)の家に切り込み、家族を殺傷した。

 この事件の後、両家は取り潰され屋敷は藩の獄となった。野山獄は上牢として士分の者を、

岩倉獄は下牢として庶民を収容した。尚、現在の指定地は獄の一部である。

268-13-2.jpg
道の西側にある野山獄跡

268-13-3.jpg
野山獄・岩倉獄略図

 幕末、吉田松陰は海外渡航に失敗したのち野山獄に、その従者金子重之助(重輔)は岩倉獄に投ぜられた。

金子は牢死し、岩倉獄跡にはその死を悲しんで松陰が詠じた詩碑及び

萩出身の首相田中義一の手になる牢死の場所を示す石碑が建つ。

 一方、野山獄には11烈士碑やその絶命の場所を示す石柱が建てられており、

11月の第一日曜には町内会に拠って両獄所縁の人々の慰霊祭が行われている。』 とあります。

268-13-4.jpg
こちらは東側の岩倉獄跡

268-13-5.jpg
岩倉獄跡説明碑

 喧嘩両成敗が武士の常とはいえ、切り込んだ岩倉家は兎も角、被害者の野山家も取り潰しとは、酷な話。

説明では分かりませんが、一体どんな経緯があったのでしょうか?

 悲惨な成り立ちの両獄ですが、幕末に活躍した人には結構縁があります。既述の吉田松陰の他、

高杉晋作は脱藩の罪で、明治政府の参議となる広沢真臣は反対派の弾圧で入牢しています。

入牢した事が己に箔を付けた訳ではありませんが、

それくらいの気概がなければ維新の大役にはなれなかった証でもあります。

 今は石碑が建つだけですが、これを監獄ロックと呼ぶかどうかは定かではありませんが。

268-13-6.jpg
吉田松陰が詠じた詩碑(左)と田中義一首相の手になる石碑

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2020/12/25 20:29時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

海潮寺(山口県萩市北古萩) 明倫館の聖廟を本堂

2020.12.27(07:33) 780

総源の輝き(2020.11.21)

<コース>
【往路】新大阪(6:06) → (ひかり501号) → JR新山口(8:38→9:13) → JR湯田温泉(9:31) → 徒歩5分 → 井上公園 → JR湯田温泉(9:58) → JR山口(10:02)

山口駅前レンタサイクル → 市内観光 → 山口駅(13:33) →JRバス → 萩・明倫センター(14:5) → 明倫館 → 徒歩5分 → 長寿寺・海潮寺

268-12-1.jpg
総源山 海潮寺(曹洞宗)
(左)本堂、(右)庫裏

 古風な長寿寺のある通りからほんの少し北へ行くと対照的な大きな山門が目に入ります。

総源山海潮寺(そうげんざんかいちょうじ)は、

『応永15年(1408年)、不見明見を開山として石見の温泉津に創建された温津山海蔵寺が嚆矢。

第12世大佐の慶長12年(1607年)、毛利輝元の防長移封に際し萩に移転。現在の山号寺号に改称。

総源は流派を総括する本源から、海潮は観音経の海潮音の義に由来している。

江戸時代には石見・長門に11の末寺を擁した。

268-12-2.jpg
壮麗な山門
明治の大火にも焼け残った。

268-12-3.jpg
山門越しに本堂を見る

268-12-4.jpg
山門に掲げられた扁額
「栴檀は双葉より芳し」に由来か?尚、栴檀とは白檀の別名である。

268-12-5.jpg
塀越しに見た山門側面

 明治7年(1874年)の火災で山門と蔵を残して全焼。萩明倫館の聖廟を買収して、翌年当寺に移して本堂とした。

藩政時代、全国の藩校では構内に広大な聖廟を造営し、孔子を学神として祀るのを理想とした。

 明倫館もその例に漏れず、嘉永2年(1849年)に江向に再建された時、敷地の中心部に南面して造営され、

宣聖殿と称している。建物は木造平屋建、入母屋造本瓦葺で、桁行17.28m、梁間9.6。

中央部正面に、入母屋造本瓦葺の入口のある前室が張り出している。

聖壇には孔子の木造を祀っていた。』 とあります。

268-12-6.jpg
山門から見た本堂
明倫館聖廟の遺構である。

268-12-7.jpg
本堂正面
中央に張出しているのが入母屋造本瓦葺の前室。

268-12-8.jpg
本堂の扁額「総源山」

 萩自体が毛利の城下町になってから発展したので、寺院が移って来たこと自体は驚きませんが、

明倫館の聖廟まで持ってきたとは凄いですね。

 明治維新は薩長が中心だったので新築も可能だったでしょうが、

敢えて【孔子】混同しなかった事に維新の人達の矜持を感じます。

268-12-9.jpg
本堂左手にあるのは坐禅堂

268-12-10.jpg
十三重石塔

[参考書]

山口県の歴史散歩

新品価格
¥2,520から
(2020/12/25 20:29時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


山口県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 白鳥神社(大阪府羽曳野市古市) 日本武尊と白鳥伝説(01/23)
  2. 清荒神(京都市上京区荒神口通寺町東入ル荒神町) 本邦初の清荒神(01/22)
  3. こぬか薬師(京都市中京区釜座通二条上ル大黒町)(01/21)
  4. ほてい薬師(京都市中京区麩屋町通二条上る布袋屋町)(01/20)
  5. 善應寺(岐阜県美濃市吉川町) 名僧を偲ぶ寺院(01/19)
  6. 来昌寺(岐阜県美濃市吉川町)(01/18)
  7. うだつの上がる町並み(岐阜県美濃市加治屋町)(01/17)
  8. 清泰寺(岐阜県美濃市殿町) 禅宗屈指の大寺院(01/16)
  9. 道樹寺(岐阜県美濃市大矢田) 静寂と清水の中で涼を感じる(01/15)
  10. 大矢田神社(岐阜県美濃市大矢田) もみじ谷に鎮座する社(01/14)
  11. 美濃駅の変遷(岐阜県美濃市)(01/13)
  12. 入船山記念館 (広島県呉市幸町) 日本遺産のまち 呉(01/12)
  13. 三滝観音(広島市西区三滝山) 広島駅から僅か4㎞の山岳信仰の寺院(01/11)
  14. 永興寺(山口県岩国市横山) 夢窓疎石の枯山水庭園(01/10)
  15. 洞泉寺(山口県岩国市横山) 岩国歴代藩主の菩提寺(01/09)
  16. 錦帯橋(山口県岩国市岩国)(01/08)
  17. 永明寺(島根県鹿足郡津和野町後田口) 歴代藩主の菩提寺(01/07)
  18. 太鼓谷稲成神社(島根県鹿足郡津和野町後田) 小京都にある伏見稲荷の子社(01/06)
  19. 弥栄神社(島根県鹿足郡津和野町後田) 鷺舞が奉納される神社(01/05)
  20. 山陰の小京都 津和野(島根県鹿足郡津和野町)(01/04)
  21. 萬福寺(島根県益田市東町) 寺院様式の雪舟庭(01/03)
  22. 医光寺(島根県益田市染羽町)(01/02)
  23. 天領江津本町甍街道(島根県江津市本町)(01/01)
  24. さいくう平安の杜(三重県多気郡明和町斎宮)(12/31)
  25. 常念寺(山口県萩市下五間町)(12/30)
  26. 野山獄・岩倉獄跡(山口県萩市今古萩)(12/28)
  27. 海潮寺(山口県萩市北古萩) 明倫館の聖廟を本堂(12/27)
次のページ
次のページ