FC2ブログ

タイトル画像

安芸国分寺(広島県東広島市) 天平の法灯を受け継ぐ国分寺の御朱印

2019.08.04(23:40) 367

青春18きっぷで清酒の町へ(2019.8.1)

<コース> 夏の青春18きっぷ
【往路】JR大阪(5:58) → JR姫路(7:30→7:31) → JR岡山(9:08→9:11) → JR糸崎(10:46→10:53) → JR西条(11:35)

徒歩5分 → 酒蔵通り→ 徒歩5分 → 安芸国分寺

【復路】JR西条(14:43) → JR糸崎(15:24→15:36) → JR姫路(18:44→18:56) → JR大阪(19:58)

153-3-1.jpg
金嶽山 常光院 国分寺(真言宗御室派)

 広島の西条と言えば酒どころ。灘・伏見と並ぶ三大銘醸地です。

 醸造の始まりは定かではありませんが、延宝年間(1673~1681年)の棟札を打ち付けた酒蔵があるので300年以上前の事。

 西条酒蔵通りはその昔、四日市と呼ばれた宿場町で参勤交代で【えんぽう】から来る大名に絶賛されたと言います。

 駅の南側には7社の醸造場が並び、白壁の酒蔵、煉瓦造りの煙突が得も言われぬ雰囲気を【醸し出して】います。

153-3-3.jpg
白牡丹(ハクボタン)酒造
延宝3年(1675年)創業と県下屈指の歴史を誇る。「白牡丹」の名は五摂関家の鷹司家の家紋に因み命名。
展示 ; 棟方志功作品と白牡丹ラベル

153-3-2.jpg
白牡丹酒造延宝蔵
江戸・明治・昭和の趣の異なる蔵が調和している。

153-3-4.jpg
賀茂鶴酒造
広島を代表する酒造。昭和33年に全国に先駆けて吟醸酒造りを始めた。
工場見学可

153-3-5.jpg
御茶屋(本陣)跡
江戸時代に広島藩内にあった本陣では最大級。明治に取り壊されたが御門を復元した。現在、賀茂鶴所有。

153-3-6.jpg
賀茂鶴酒造
白壁の酒蔵群と昭和2年建築のレトロな洋館が調和している。

153-3-7.jpg
白壁の間を縫って進む

153-3-8.jpg
福美人酒造
全国の酒造業者の出資で大正6年創業。優秀な杜氏を育て全国に送り出し「西条酒造学校」と呼ばれる。
展示 ; 福美人酒ラベル、歴代首相「國酒」色紙

153-3-9.jpg
東広島市(西条地区) マンホール蓋

153-3-10.jpg
東広島市(西条地区) マンホールカード   配布場所はこちら

 酒蔵通りから線路を挟んで北側にあるのが、安芸国分寺。

 天平13年(741年) 聖武天皇の勅願で諸国に建設を命じましたが、安芸の国では天平勝宝2年(750年)に法要の記録があり全国でもいち早く建立されたものです。

 現在の中心はJR広島周辺ですが、古代はこの地域。お寺で伺った話では、この地域は高台にある上に東西の街道と南北の街道が交わる要衝だった事が理由のようです。

153-3-11.jpg
安芸国分寺入口

153-3-12.jpg
天文16年(1547年)の銘にある仁王門

 源平時代に伽藍は焼失しますが、その後再建。戦国時代には大内・毛利氏の庇護のもと、伽藍も新たに造営されました。
 
 江戸時代に広島に入国した福島・浅野両家はこの寺院を藩の祈願寺としました。境内には今も浅野家の「違鷹羽紋(ちがいたかのはもん)」が付けられています。

 広島城からは結構な距離がありますが、国分寺という名前に敬意を表したのでしょうか。

 しかし宝暦9年(1759年)に火災にあい、仁王門を残して伽藍は焼失。護摩堂の不動明王は助かりましたが本堂の薬師如来坐像は頭だけが残りました。

 本尊は翌年に京都の仏師が胴体を造り改めて本堂にお祀り。33年に一度開帳される秘仏となっています。

153-3-13.jpg
境内

153-3-14.jpg
本堂正面

153-3-15.jpg
江戸時代再建の本堂
本尊頭部以外は江戸時代に修復された。今でも33年に一度の御開帳だが、本堂内で参拝は可能。

153-3-16.jpg
鐘楼と薬師堂

153-3-17.jpg
薬師堂
祀られている薬師如来は国分尼寺由来ともいわれるが宝暦9年の火災で全身が炭化してしまった。

153-3-18.jpg
護摩堂
広島浅野家の祈祷寺として建てられた。唐様を主体に肘木や天井に和様を取り入れた。

153-3-19.jpg
護摩堂正面
ここの不動明王立像は宝暦の火災を免れた。

153-3-20.jpg
護摩堂前面にある浅野家家紋「違鷹羽紋」

153-3-21.jpg
本堂から境内を望む
左が御朱印を拝受した寺務所。

153-3-22.jpg
山門への石段と前庭

 全体として新しい雰囲気ですが、場所も天平時代の基礎の上にあり紛れもなく天平の後継寺院。観光客が散策する酒蔵通りとは対照的ですが、酒造りよりも更に千年の歴史の重みがあります。

 酒都西条は、紛れもなく安芸の首都でもありました。

153-3-23.jpg
安芸国分寺説明書

153-3-24.jpg
安芸国分寺御朱印

153-3-25.jpg
安芸西条郵便局 ; 西条の銘酒の菰樽、水源地、藤

【参考書】

広島県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/8/4 23:40時点)



各駅停車全国歴史散歩〈35〉広島県 (1980年)

中古価格
¥200から
(2019/8/4 23:40時点)




国分寺の誕生: 古代日本の国家プロジェクト (歴史文化ライブラリー)

新品価格
¥1,944から
(2019/7/16 11:07時点)



国分寺跡を巡る ~色なき風に誘われて 僧寺・尼寺全国一三七ヶ所の記憶~

新品価格
¥1,620から
(2019/7/16 11:08時点)



国分寺を歩く (日本六十余州 全国分寺を完全収録)

新品価格
¥1,998から
(2019/7/16 11:09時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト




和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


広島県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
広島県
  1. 安芸国分寺(広島県東広島市) 天平の法灯を受け継ぐ国分寺の御朱印(08/04)