FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

洞光寺(島根県安来市) 尼子氏の菩提寺

2020.09.19(21:08) 703

遥か富田城を望む尼子氏の菩提寺(2020.8.15)

<コース>
JR松江(7:24) → JR安来(7:52) → 駅前レンタサイクル25分 → 雲樹寺 → レンタサイクル10分 → 清水寺 → レンタサイクル40分 → 月山富田城址 → 城安寺 → 巖倉寺 → 城下町 → 洞光寺 → レンタサイクル40分 → JR安来(15:50)

253-6-1.jpg
金華山 洞光寺(曹洞宗)

 昼食の後は、広瀬でこの日最後の巡礼。

川沿いから四筋内に入った道から少し山手に行った所が目指す場所。

金華山洞光寺(きんかざんとうこうじ)は、

『文中年中(1468年)、尼子清定公によって備後国高野山金尾に開創されたのが嚆矢とされるが、

清定公或いは経久公が月山富田城北麓の小山を旧地金尾を名付け

高野山より移築したのを文明年中(1469~1488年)に移築したという記録もある。

更に明応8年(1499年)経久公に拠り亡父清定公の墓地を寺内に設け、

洞光寺を尼子氏菩提寺としたとする説もある。

253-6-2.jpg
寺の駐車場から見た全景
城塞の如く石垣の上に建つ。

253-6-3.jpg
階段を上り境内へ

253-6-4.jpg
入口正面にある本堂

253-6-5.jpg
本堂の「金華山」の扁額
左にあるのは尼子氏の四ツ目紋。これは主家の京極家(近江源氏佐々木氏)と同じである。

 経久は伯耆国定光寺第四世大拙真雄和尚に帰依し、軍務の暇を見ては参禅し教えを乞うていた。

洞光寺開創に際し、経久は大拙和尚に請い開山第一世とした。以後、尼子義久公が

毛利の軍門に下り富田城を明け渡すまで四代に亘って定光寺より住持僧を迎える事となった。

慶長16年(1611年)、堀尾吉晴の時代に富田から松江に移城の際、洞光寺も移転。

松江松平家初代藩主・直政公の次男近栄公が広瀬藩を開く際に、

再び金尾の地に移り清定・経久両公の墓所を護ることとなった。

253-6-6.jpg
寺務所から見た本堂と向こうに見える坐禅堂

253-6-7.jpg
同じく寺務所前に広がる庭と鐘楼

253-6-8.jpg
本堂からの眺め
正面の遥か向こうに聳えるのが月山富田城跡。

253-6-9.jpg
境内に建つ尼子氏歴代追悼碑

253-6-10.jpg
碑の由緒記

 金尾洞光寺は度重なる大洪水に被害を受け、寛永年間(1624~1643年)に現地へ移転を余儀なくされた。

明和6年(1769年)の火災に拠って伽藍・古記録を全て焼失。その後、寛政元年(1789年)に現在の本堂が落慶。

八代広瀬藩主・松平直寛公に『山陰の禅窟』と謳われる程、曹洞の禅風を今に伝えている。』 とあります。

253-6-11.jpg
裏手の墓地の中央にある尼子清定・経久両公の墓所

253-6-12.jpg
墓所の説明

253-6-13.jpg
墓所から見た本堂と坐禅堂

 この寺も移転を繰り返していますが、それも城主の変遷の余波。

本堂正面からは遥かに富田城が見渡せます。色々と理由はあるでしょうが、

富田城に拠り山陰一帯を支配下に置いた尼子氏に敬意を表したとも言えましょうか。

 難攻不落と言われた名城も遂には毛利に下る事になりましたが、

まさか【投降時】という名前のせいではないでしょうが…。

253-6-14.jpg
墓所から遥か月山富田城跡を望む

253-6-15.jpg
城跡遠望

253-6-16.jpg
洞光寺説明書

253-6-17.jpg
洞光寺御朱印

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



尼子氏の城郭と合戦 (図説日本の城郭シリーズ10)

新品価格
¥2,970から
(2020/9/17 21:08時点)



尼子氏関連武将事典

新品価格
¥1,650から
(2020/9/17 21:09時点)



山陰・山陽の戦国史 (地域から見た戦国150年 7)

新品価格
¥4,180から
(2020/9/17 21:10時点)



出雲尼子一族 (読みなおす日本史)

新品価格
¥2,420から
(2020/9/17 21:11時点)



尼子物語(戦国ロマン広瀬町シリーズ(3))

新品価格
¥1,047から
(2020/9/17 21:11時点)



山中鹿介幸盛(戦国ロマン広瀬町シリーズ(4))

新品価格
¥8,894から
(2020/9/17 21:17時点)



山中鹿介

新品価格
¥1,650から
(2020/9/17 21:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト




和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

月山富田城下町(島根県安来市)

2020.09.17(20:44) 702

山陰の鎌倉と称される町(2020.8.15)

<コース>
JR松江(7:24) → JR安来(7:52) → 駅前レンタサイクル25分 → 雲樹寺 → レンタサイクル10分 → 清水寺 → レンタサイクル40分 → 月山富田城址 → 城安寺 → 巖倉寺 → 城下町

253-5-1.jpg
飯梨川沿いの道路から見た月山富田城跡遠景

 月山富田城は標高190mの月山を中心に、飯梨川(富田川)に向かって

馬蹄形に伸びる丘陵上に多数の防御施設を配した戦国屈指の山城。

 戦国大名となった尼子氏居城として栄えた後は、毛利・吉川氏が在城し、

関ヶ原合戦の後に入城した堀尾氏が慶長16年(1611年)に松江に移るまで出雲の中心として栄えた。

 寛文6年(1666年)に未曾有の大洪水に見舞われるが、同時期に松江藩支藩の広瀬藩が置かれ陣屋町として再び蘇った。

創業300年の酒蔵や老舗の割烹、伝統工芸品や和菓子の店が今も面影を留める場所となっている。』とあります。

253-5-2.jpg
富田橋の上から富田城跡を望む
欄干の彫刻は山中鹿介に所縁の三日月。

253-5-3.jpg
城下町南端の新町付近
右の建物は創業300年の老舗割烹「荒島屋」。山菜料理が自慢であるが要予約。

253-5-4.jpg
レトロな街並み
中央は明治3年から続く藍染の紺屋。要予約で藍染体験も可能。

 城下と街並みが離れているのは普通ですが、飯梨川を挟んで右岸が城、

左岸が町屋と綺麗に分けられているのも戦国時代の特徴でしょうか?

 町屋を走るとレトロな街が続きます。ここに富田城が築かれたのは、

山城として要害の地であった事に加え、飯梨川の水運が大きかったと思えます。

城下町が松江に移った後、普通ならば、旧城下町は衰頽するものですが、

江戸時代になって陣屋が置かれたのは、未だに広瀬が重視されたからに相違ありません。

地理的には出雲ではかなり山間になりますが、江戸時代には

中国山地からの物資の集散地としても役割が大だったのでしょう。

253-5-5.jpg
城下の中央にある吉田酒造
文政9年創業の老舗蔵元で、煉瓦の煙突が目印。

253-5-6.jpg
吉田酒造脇の「お茶の水井戸」
島根名水百選の一つで、毎日やかんを持った人が水汲みに訪れる。

253-5-7.jpg
吉田酒造入口
杉玉と銘酒「月山」の名前が。

253-5-8.jpg
石州瓦と海鼠壁

253-5-9.jpg
酒造前のレトロな街並み

253-5-10.jpg
酒造の看板「月山」の向こうに月山富田城跡が見える

 正午を過ぎましたが、ここで昼食。ところが、案内図にある食事処は軒並み閉店かテイクアウトのみ。

お盆なのか、コロナなのかはわかりません。

唯一、開いていたショッピングセンター内の食堂「川西屋」でチャーシュー麺を注文。

汗だくで走ったので、これで生き返りました。〆はフルーツパフェ。

和菓子で有名な松江なので、塩分と糖分を両方補給。

【あまご】所縁の場所なので当然ですが、これで【とうぶん】いけそうです。

253-5-10-1.jpg
城下町で糖分補給

253-5-11.jpg
安来駅まで戻って老舗料亭前にて

253-5-12.jpg
国登録有形文化財「山常楼
明治の頃から現在まで続く老舗料亭。

253-5-13.jpg
趣のある山常楼玄関
昼の定食「鰻」とあったが、今回は断念。

253-5-14.jpg
山常楼説明

253-5-15.jpg
安来市マンホール蓋

253-5-16.jpg
安来市マンホールカード   配布は安来市観光協会(JR安来駅構内)

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



尼子氏の城郭と合戦 (図説日本の城郭シリーズ10)

新品価格
¥2,970から
(2020/9/17 21:08時点)



尼子氏関連武将事典

新品価格
¥1,650から
(2020/9/17 21:09時点)



山陰・山陽の戦国史 (地域から見た戦国150年 7)

新品価格
¥4,180から
(2020/9/17 21:10時点)



出雲尼子一族 (読みなおす日本史)

新品価格
¥2,420から
(2020/9/17 21:11時点)



尼子物語(戦国ロマン広瀬町シリーズ(3))

新品価格
¥1,047から
(2020/9/17 21:11時点)



山中鹿介幸盛(戦国ロマン広瀬町シリーズ(4))

新品価格
¥8,894から
(2020/9/17 21:17時点)



山中鹿介

新品価格
¥1,650から
(2020/9/17 21:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

巌倉寺(島根県安来市)月山富田城の南を守る朱塗門

2020.09.16(20:19) 701

出雲霊場のだぶる御朱印はアカンのん?(2020.8.15)

<コース>
JR松江(7:24) → JR安来(7:52) → 駅前レンタサイクル25分 → 雲樹寺 → レンタサイクル10分 → 清水寺 → レンタサイクル40分 → 月山富田城址 → 城安寺 → 巖倉寺

253-4-1.jpg
睡虎山 巌倉寺(高野山真言宗 出雲観音霊場第十八番札所)
月山富田城の入口に建つ赤門

 城安寺巡礼を終えて、富田の町に移動すべく道を行くと、富田橋の袂に赤門が。

と言っても東大ではなく、城へ登城する菅谷口にある城安寺に対し、

もう一方の御子守口にあるのが巖倉寺。

こちらの方が急斜面、境内も狭く城を守る位置にあるのが分かります。

ここを寺で守れば城に【おこもり】するのも容易なのでしょう。

睡虎山の扁額を通り、車も通れない参道を上ると石垣の上にお寺が。

253-4-2.jpg
坂を上り仁王門を潜るといよいよ境内

253-4-3.jpg
参道から見上げる石垣
この上に本堂がある。

 睡虎山巌倉寺(すいこさんいわくらじ)は、

『神亀3年(726年)、行基菩薩に拠って開かれたのが嚆矢。当初は山佐の地にあったが、

出雲・隠岐の守護となった佐々木義清が現在地に移転、祈願所とした。

 守護の祈願所となった事で最盛期には十五ヵ寺を有する大寺となったが、

その後度重なる兵火で衰頽した。

 本尊の聖観音像は平安時代初期の作で脇立ちの帝釈天像と共に重文。

檜の一木造で出雲様式と呼ばれるものである。

 境内には初代松江藩主・堀尾吉晴の墓碑と尼子忠臣・山中鹿介の供養塔がある。

加えて、第十九番札所観音寺の御堂も同じ境内にある。』 とあります。

253-4-4.jpg
巖倉寺本堂
鄙びているが風格を感じる造りである。

253-4-5.jpg
本堂の「睡虎山」の扁額

253-4-6.jpg
本堂からの眺め

253-4-7.jpg
横から見た本堂

253-4-9.jpg
巖倉寺御朱印  
出雲観音巡礼札所。冊子形式なので次の札所の説明と御詠歌の頁が付いている。

 寺号はかつての磐座信仰の名残でしょうが、山号は睡虎山。酔虎ならば酔っ払いですが、

睡虎と言うからには、この城は普段は眠っているが怒ると恐ろしいという意味も含めたのでしょう。

権謀術数で出雲守護にまでのし上がった尼子氏らしいと言えますが、

そんな月山富田城も近世城郭として残る事は出来ませんでした。

 そんな城を思ってか、寺院は庭園等もなく本堂が佇むのみ。

寺務所で御朱印を御願いすると、御住職が書置きを出して下さいました。

場所柄、あまり訪れる人もいないと思いますが、準備万端なのは流石。

やはり札所だからでしょうか?私の方も、抜け目なく十八&十九と二ヵ寺拝受しましたが。

253-4-8.jpg
泰平山観音寺
巖倉寺本堂の奥にひっそりと建つ。札所と言ってもこの観音堂のみ。

253-4-10.jpg
観音寺御朱印

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2020/9/6 22:08時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2020/9/6 22:10時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥530から
(2020/9/6 22:10時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

城安寺(島根県安来市) 極彩色の四天王と雪舟様の庭園

2020.09.14(22:05) 700

城に伴い引っ越しを繰り返した寺院(2020.8.15)

<コース>
JR松江(7:24) → JR安来(7:52) → 駅前レンタサイクル25分 → 雲樹寺 → レンタサイクル10分 → 清水寺 → レンタサイクル40分 → 月山富田城址 → 城安寺

253-3-1.jpg
雲龍山 城安寺(臨済宗南禅寺派)

 清水寺参拝を終えるとお昼前。ここから安来に戻っても、夕刻の米子からの高速バスにはちと早すぎ。

もう一つの観光地月山富田城は駅から15㎞、清水寺からでも12㎞位あります。

お盆の炎天下に自転車はきつそうですが、えいままよ!と城址へ。今は安来市内ですが、

かつては広瀬町として独立した行政区。松江に城が移るまで、ここが出雲の中心地でした。

 清水寺から伯太川を渡り飯梨川にぶつかった所で川に沿って南下。

しばらく走ると川の左手山上に山城らしきものが見えたら広瀬地区。

城の様子は播但線から見える竹田城や平福の利神山城に酷似。これも戦国時代の山城に共通する造りなのでしょう。

253-5-1.jpg
広瀬地区から見た月山富田城

 雲龍山城安寺(うんりゅうざんじょうあんじ)は

『正和年間(1312~1317年)、古愚(こぐう)和尚が創建。創建時は現在の福祉センター付近にあった。

慶長5年(1600年)月山富田城主となった堀尾吉晴は春龍和尚を招き寺を再興、菩提寺とした。

三代・忠晴の時に城が松江に移ると城安寺も松江に移転した。

 堀尾家断絶後、松江を治めた松平家の寛文6年(1666年)、松平近栄が本藩から広瀬藩を分知。

元覚和尚に拠り城安寺を菩提寺として尼子氏居館跡に移転。かつての寺跡には広瀬藩邸が建設された。

253-3-2.jpg
由緒記

253-3-3.jpg
石段の先にある山門

253-3-4.jpg
境内から見た山門
広瀬松平家九代・直涼の寄進に拠るもの。

253-3-5.jpg
山門から見た境内

253-3-6.jpg
本堂正面
重文・広目天、多聞天を祀る。内陣拝観は可能だが、生憎修理中のため拝観できず。

 更に明治19年には火災や洪水の被害を受け、隣接する現在地へ移転。寺跡は墓地となった。

唯一被害を免れた山門は、広瀬松平家九代・直諒(なおあき)の寄進に拠るもので、扁額も彼自身の書。

また本堂に安置されている木造・多聞天像と広目天像は鎌倉時代の作で重文。彩色された像として有名である。

 その他、絵巻物等も所有するが、書院奥の日本庭園は明治中頃の作庭で有名。

益田にある万福寺の庭園を似せたとも伝わり、「雪舟写しの庭園」と呼ばれる。』 とあります。

253-3-7.jpg
本堂前の欄間の彫刻と扁額

253-3-8.jpg
本堂から見た庭と山門

253-3-9.jpg
書院入口に掛かる松平家の家紋

 寺は城へ上る菅谷口手前にあります。由緒から城の変遷に伴い数々の引っ越しをしていますが、

これは城を安んずるという名前が好まれたのでしょうか?

 火災を免れた山門を越えると本堂が正面に。御朱印を御願いすると、御住職夫人が対応されて、

夫人;「住職は所要で外出して居りまして…。」

和辻;「書置きなどはあるでしょうか?」

夫人;「そういったものも置いてなくて、申し訳ございません。」

和辻;「彩色された四天王像は何処でしょう?」

夫人;「これも修理中で、見れないのです。」

とすべて空振り。

253-3-10.jpg
書院奥の日本庭園へ
屋根の石州瓦が映える。

253-3-11.jpg
庭園全景

253-3-12.jpg
庭園左側

唯、庭園は拝観可能。通常、予約と拝観料が必要なようですが、お金は取られませんでした。

御朱印と四天王像が駄目だったので、気を遣われたのでしょうが、却ってこちらが恐縮。

すべてを【がっさん】すると【とんだ】事にはなりませんでした。

253-3-13.jpg
池と築島の見える庭園中央

253-3-14.jpg
庭園右側

253-3-15.jpg
樹木に彩られた庭園

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2020/9/6 22:08時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2020/9/6 22:10時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥530から
(2020/9/6 22:10時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

雲樹寺(島根県安来市) 山陰屈指の禅宗寺院

2020.09.12(12:48) 698

すくいを求めて観音巡礼(2020.8.15)

<コース>
JR松江(7:24) → JR安来(7:52) → 駅前レンタサイクル25分 → 雲樹寺

253-1-1.jpg
瑞塔山 雲樹寺(臨済宗妙心寺派 中国観音霊場第27番札所)

 巡礼四日目の最終日は、安来市内を散策。

安来と言えば、どこの県かは知らない人でも「どじょう掬い」は知っています。

ドジョウはほぼ全国に棲息し、左程珍しい魚でもありません。

それなのにここ安来でのみドジョウ掬いが生まれたのか?

 ドジョウ掬いは男踊りと女踊りがあり、有名なのは男踊り。で男がザルを持ってドジョウを追い駈ける訳ですが、

この動きは、たたら製鉄に従事する人が砂鉄を選り分ける動きが元になったという説があります。

出雲地方は長らく日本のたたら製鉄の伝統が続いた場所。

それならば、どじょう掬いが安来で生まれたのにも頷けます。

253-1-2.jpg
JR安来駅前にて
石像はドジョウ掬いのキャラ「あらえっさ」君。小学生とか。

 ♪出雲名物荷物にゃならぬ♪と謳われた安来節ですが、市内には荷物にならない名物がまだいくつか存在しています。

 唯、名所は駅から徒歩圏内とはいかないので、駅前でレンタサイクル。

八時半からの営業ですが、御好意で早めに借りる事が出来ました。

 巡礼先は足立美術館と並ぶ安来の観光名所清水寺ですが、

同じく中国観音札所が傍にあると言う事なので、先ずはそちらから巡礼。

 駅で教えて頂いたように9号線を伯太川に沿って南下すると、交差点に大きな「雲樹寺」の案内が。

松に彩られた参道を行くと重文・四脚門。鎌倉末期から室町前期の禅宗様式を留めた貴重な文化財だそう。

253-1-3.jpg
伯太川沿いの交差点に建つ寺標石
左奥が雲樹寺境内になる。

253-1-4.jpg
坂を下り松に彩られた参道を行く

253-1-5.jpg
重文・四脚門

253-1-6.jpg
木鼻、肘木の近影

253-1-7.jpg
四脚門説明

253-1-8.jpg
四脚門の各部位の説明

 瑞塔山雲樹寺(ずいとうざんうんじゅじ)は、寺伝に拠れば

『元享2年(1322年)に孤峰覚明(こほうかくみょう)禅師が開山。覚明は元に渡り天台山で修業、帰国後、雲樹寺を創建。

元弘の役で後醍醐天皇は船上山に禅師を招き受戒、雲樹寺は勅願寺となり、国済国師の号を賜る。

後に後村上天皇からも三光国師の号を賜り、晩年は和泉に大雄寺を建てて隠棲した。

 南北朝を代表する名僧を開山に持ち、南朝所縁の寺院と言う事で隆盛を誇り、

最盛期には塔頭二十余院、僧侶500人が居住した山陰を代表する禅寺となった。

253-1-9.jpg
参道から四脚門を振り返る

253-1-10.jpg
参道から見た山門
ここから山門・仏殿・方丈と伽藍が一直線上に並ぶ。

253-1-11.jpg
山門近影

253-1-12.jpg
仏殿側から見た山門
江戸文政年間の火災の被害も免れた。

 周辺は木々に囲まれた湿地帯であったが、開山は湖沼を干拓し参道を整備。

江戸の天文から元禄年間に伽藍の修復が行われ枯山水庭園も整備された。

 文政3年に火災に遭うが、四脚門・大門・薬師堂・庭園は難を逃れた。

江戸末期より仏殿・方丈・開山堂を再建し今に至る。』 とあります。

 参道を左折すると山門・仏殿・方丈が一直線に並んでいます。禅宗寺院としては典型的な様式ですが、

この地期では珍しいとの事。山陰屈指の禅寺の名に恥じませんでした。

 仏殿に向かう途中の右手に小さな祠が。見ると中国観音霊場の観音堂で

祀られているのは「子授け・子育て観音」。札所の割には小さいのが印象的でした。

253-1-13.jpg
山門から仏殿方面を見る

253-1-14.jpg
参道左手の薬師堂

253-1-15.jpg
参道右手の観音堂
札所の御本尊はここ。

253-1-16.jpg
正面に建つ仏殿は江戸後期の再建

253-1-17.jpg
仏殿側面

253-1-18.jpg
仏殿の先にある御成門

253-1-19.jpg
御成門近影

 正面に建つ仏殿は、本来本尊を祀る場所ではなく説法をする場所ですが、ここは拈華微笑仏が鎮座。

本堂を兼ねた形式になっています。

 その上にあるのが寺務所と方丈・開山堂。ベルを押して御朱印を拝受しました。

コロナ感染者には縁のない出雲地方ですが、対策はここでも大変なようでした。

 枯山水の庭と新羅時代の梵鐘があるようですが見当たらず。

そのまま次の巡礼に向かいましたが、後で調べると¥500で有料拝観があった様子。

どこにも案内表示がなかったので、ついうっかり見過ごし。

京都・奈良の寺社ではこのようなことは決してなかったでしょう。

観光化していないと言えばそれまでですが、非常におおらかな気質でした。

253-1-20.jpg
仏殿脇を抜け寺務所・方丈へ

253-1-21.jpg
方丈の建つ境内

253-1-22.jpg
方丈(右)と開山堂(左)

253-1-23.jpg
開山堂近影

253-1-24.jpg
寺務所前の庭

253-1-25.jpg
雲樹寺御朱印

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2020/9/6 22:08時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2020/9/6 22:10時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥530から
(2020/9/6 22:10時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

月照寺(島根県松江市) 松江藩主菩提所

2020.09.10(22:11) 697

お茶と紫陽花の寺(2020.8.14)

<コース>
松江しんじ湖温泉駅(6:26) → (一畑電鉄) → 雲州平田(7:11→7:17) → (平田生活バス鰐淵線) → 鰐淵小学校(7:37) → 徒歩30分 → 鰐淵寺 → 鰐淵寺駐車場(9:43) → (平田生活バス鰐淵線) → 雲州平田(10:18) → 徒歩10分 → 木綿街道・神社 → 雲州平田(11:40) → 一畑口(11:51→12:08) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑薬師(12:20) → 徒歩5分 → 一畑薬師 → 一畑薬師(13:15) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑口(13:26→13:34) → (一畑電鉄) → 松江しんじ湖温泉駅(14:02) → 駅レンタサイクル10分 → 普門院 → 月照寺 → 松江しんじ湖温泉駅(17:15)

252-5-1.jpg
歓喜山 月照寺(浄土宗)

 かき氷で熱気を冷ました後は、この日最後の参拝をすべく月照寺へ。

国宝松江城や武家屋敷では有名な松江ですが、城周辺の寺院で名の知られたのは普門院とこの月照寺になります。

 歓喜山月照寺(かんぎさんげっしょうじ)は、

『かつてこの辺りにあった洞雲寺(とううんじ)という禅林があった。その後、寺は荒廃するが、

寛文4年(1664年)、松江藩松平家初代藩主・松平直政が生母月照院の霊牌を安置するため、

浄土宗の長誉上人を開基とし、蒙光山(むこうさん)月照寺として改称復興したのが始まり。

252-5-2.jpg
入口にある不昧公御愛用「茶の湯の水」
但し、直接飲んではいけないと但し書きがある。

252-5-3.jpg
月照寺由緒と松江松平家系譜

252-5-4.jpg
参道脇の雷電為右衛門碑

252-5-5.jpg
雷電の碑の説明

252-5-6.jpg
唐門
入口の正面にあるがここからは入場できず、通用門から入る。

252-5-7.jpg
通用門から唐門方面を見る

 直政公の没後、二代藩主・綱隆公が遺命に拠り境内に廟を造営し、山号を歓喜山と改めた。

以来、九代に亘る藩主の菩提寺として繁栄した。

 境内の九代に亘る藩主の墓所は保存状態も良好で、「松江藩主菩提所」として国指定史跡となっている。

その中で一際目を引くのが初代直政公と七代不昧公の墓所で、前者は境内で規模が最大。

後者は西の左甚五郎と言われた松江の名工・小林如泥の作とされる廟門の葡萄の透かし彫りが見事である。

252-5-8.jpg
右の受付で手続きをした後、先ずは境内と墓所へ向かう

252-5-9.jpg
現在の本堂
江戸時代の本堂は維新の際に取り壊された。

252-5-10.jpg
本堂の扁額「蒙光摂」
本尊は阿弥陀如来。

252-5-11.jpg
本堂参拝の後、歴代藩主の墓所へ
右手の礎石の場所が旧本堂跡。

252-5-12.jpg
右の池は石の大亀が水を飲みに来たという蓮池

252-5-13.jpg
境内から鐘楼と唐門を望む
紫陽花が至る所に見られる。

 唐門の前には江戸時代の力士雷電為右衛門の碑が建つが、

これは不昧公が雷電を松江藩のお抱え力士にした事に由来する。

また六代宗衍公の廟門内には寿蔵碑と呼ばれる碑が建つが、それを支えるのが石の大亀。

故郷を恋しがる余り夜な夜な松江の町を徘徊したと小泉八雲は『知られざる日本の面影』で紹介している。

今は、碑を支える事で徘徊はせず、この頭を撫でると長生きすると言い伝えられている。』 とあります。

252-5-14.jpg
初代・直政公の廟門

252-5-15.jpg
廟門の説明

252-5-16.jpg
直政公の墓所
境内で一番大きな墓である。

252-5-17.jpg
七代・不昧公の廟門
西の左甚五郎と言われた小林如泥の作。

252-5-18.jpg
廟の説明

252-5-19.jpg
初代直政公生母・月照院供養塔

 高校生の時の家族旅行は、雷電と亀の石碑しか覚えていませんが、その二つが観光の目玉なのは今も変わらず。

拝観料¥500で境内と書院内を巡りましたが、境内の広大さに比較して本堂は非常に小さい。

江戸時代の本堂は明治維新の際に取り壊され、現在のものはそれ以降の再建。

神仏分離の影響もあるでしょうが、寺と言うよりも藩主の墓所と言った位置付けが正しいと思います。

 境内は山陰でも屈指の紫陽花名所。水無月にはさぞ壮観だろうと思いますが、

その他も四季折々の花が咲き誇る場所でもあります。

252-5-20.jpg
五代宣維(のぶずみ)公の墓所

252-5-21.jpg
墓所を巡る
正面奥は二代綱隆公廟。

252-5-22.jpg
六代廟門の中にある寿蔵碑(大亀)
小泉八雲の随筆にある「月照寺の大亀」。

252-5-23.jpg
寿蔵碑説明

252-5-24.jpg
御霊屋(おたまや)
藩主や奥方の位牌を納める。8月16日のみ公開。

 初代を英雄視するのは当然ですが、それに続くのが七代不昧公というのも松江藩の特色を表しています。

適当かどうかはわかりませんが、米沢における上杉謙信と鷹山に相当するでしょうか?

初代直政の父は家康次男であった結城秀康。武人であった秀康の血筋ですが、

時代が下るにつれて武から文に移行します。不昧公は茶道「不昧流」を大成させた茶大名。

茶会で用いられた和菓子や茶道具は「不昧公好み」として現在まで受け継がれています。

252-5-25.jpg
書院入口

252-5-26.jpg
書院奥の茶室

252-5-27.jpg
茶室から見た織部灯籠と棗形手水鉢

252-5-28.jpg
灯籠と手水鉢の説明

252-5-29.jpg
書院から見た庭園

252-5-30.jpg
庭園を見ながら抹茶で一服すると大名気分?

 松江を京都・金沢と並ぶ日本三大菓子・茶処とした功労者は正しく不昧公。

大茶人として不昧流を創設した彼は、茶道に加え書画にも秀でた一大文化人でした。

松江では武士階級に限らず庶民に至るまで茶道が浸透していますが、

今に続く松江の気質を造ったのも不昧公と言えるでしょう。

 境内には不昧公愛飲の名水があり、書院「高真殿」ではその名水で淹れた

抹茶と銘菓「路芝」が頂けるそうですが、閉館間近だったので泣く泣く断念。

次は4月の茶筅供養か紫陽花の季節に参拝してほっこりしたいものです。

252-5-31.jpg
縁側から庭園左側を見る

252-5-32.jpg

252-5-33.jpg
庭園右側を見る

252-5-34.jpg
藩主の座る上段の間の天井

252-5-35.jpg
上段の間の金色の釘隠し

 一部の家臣には、軟弱と思われたようですが、

「茶道具を買い漁ってどうなさる御積りですか?」 との問いに関しては、

「藩財政が逼迫した折には、集めた著道具を売れば少しは足しになるであろう。」

と仰せられたとか。何とも捌けたお殿様でした。

252-5-36.jpg
月照寺縁起

252-5-37.jpg
月照寺御朱印

252-5-38.jpg
松江城西郵便局 ; 松江城、茶所松江を表す茶碗、茶筅と茶杓

 月照寺参拝の後は駅に自転車を返却してホテルまで。

宍道湖の畔に建つ食事処が開いていたので早めの夕食。店名は「味処なにわ本店」ですが宍道湖名産が自慢の店。

八珍が有名な宍道湖ですが、八珍は欲張り過ぎなので一珍の「御うなめし膳」。

藩政時代から上方に重宝された出雲うなぎをイメージしたもの。汁掛御飯風ですが、

ひつまぶしとはまた一味違った味わい。不昧所縁の地で【不味】ではなく【美味】で締める事ができました。

252-5-39.jpg
宍道湖畔の「味処なにわ本店

252-5-40.jpg
御うなめし膳 ¥2500
松江の味五品つき。

252-5-41.jpg
メインのうな飯
海苔と出汁を掛けて頂く。

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



松江・城下町ものがたり

新品価格
¥1,980から
(2020/9/9 20:04時点)



松江城と城下町の謎にせまる?城と城下の移り変わりー(山陰文化ライブラリー4)

新品価格
¥1,320から
(2020/9/9 20:05時点)



親子で学ぶ 松江城と城下町

新品価格
¥1,100から
(2020/9/9 20:06時点)



親子で学ぶ 国宝松江城の殿様2~松江藩主 松平家 初代直政から六代宗衍~ (親子で学ぶ松江城シリーズ 第5弾)

新品価格
¥1,430から
(2020/9/10 22:14時点)



お茶の殿様 松平不昧公 (山陰文化ライブラリー14)

新品価格
¥1,320から
(2020/9/10 22:16時点)



松平不昧?茶のこころ

新品価格
¥1,018から
(2020/9/10 22:17時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

普門院(島根県松江市) 小泉八雲の怪談所縁の寺院

2020.09.09(19:59) 696

あずき研ぎの仇を抹茶小豆で(2020.8.14)

<コース>
松江しんじ湖温泉駅(6:26) → (一畑電鉄) → 雲州平田(7:11→7:17) → (平田生活バス鰐淵線) → 鰐淵小学校(7:37) → 徒歩30分 → 鰐淵寺 → 鰐淵寺駐車場(9:43) → (平田生活バス鰐淵線) → 雲州平田(10:18) → 徒歩10分 → 木綿街道・神社 → 雲州平田(11:40) → 一畑口(11:51→12:08) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑薬師(12:20) → 徒歩5分 → 一畑薬師 → 一畑薬師(13:15) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑口(13:26→13:34) → (一畑電鉄) → 松江しんじ湖温泉駅(14:02) → 駅レンタサイクル10分 → 普門院

252-4-1.jpg
松高山 普門院(天台宗)

 当初は夕方まで掛かると思っていた今回の主要参拝を無事終えて松江に戻ると14時過ぎ。

水都松江は松江城を中心に観光施設が広がっていますが、

駅から遠い事も含めレンタサイクルが充実しているのが特徴。

 この日も松江しんじ湖温泉駅で¥300の普通自転車を借りる事ができ、急遽市内を参拝。

5年前に国宝に制定された松江城の北堀を通り、短い普門院橋を渡ると目指す寺院。

252-4-2.jpg
松江城を巡る水路の向こうに見える普門院
母衣町から北方面を見た所。

252-4-3.jpg
水路に架かる普門院橋

252-4-4.jpg
水路を巡る遊覧船
40年前にはなかった。

松高山普門院(しょうこうざんふもんいん)は、

『慶長年間、初代松江藩主となった堀尾吉晴公が城下町松江を築き造成した時に開創された寺院。

当初は市内の西川津町市成に豊国神社と松江山願応寺を建立し、

300石と賢清上人を別当としたのが嚆矢である。

 その後、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡すると禄を没収されるが、第三代藩主・堀尾忠晴公が

白潟寺町の下屋敷を寺領とし、願応寺を移転し松高山普門院と改称。併せて30石を寄進した。

 延宝4年(1676年)大火に遭うが、元禄2年(1689年)松江松平家三代綱近公が、

この地が城の鬼門に当たる事を以て再建し、現在に至っている。

 境内にある観月庵は享和元年(1801年)時の住職恵海法印の建立に拠るもので、

9七代藩主・松平不昧公の好みにあい、不昧公も度々当庵に親臨し茶席を催した。』 とあります。

252-4-5.jpg
山門前にて
松平藩の三つ葉葵の紋が。

252-4-6.jpg
山門からの境内の眺め
左が本堂で、右が庫裏。

252-4-7.jpg
由緒記

 不昧公好みの茶室もありますが、前の橋は小泉八雲の怪談『小豆磨ぎ橋の怪談』の舞台。

また寺の門の天井には幽霊の足跡とされるものが伝わっており、風流と物の怪が混在しています。

 一見すると不思議ですが、橋というのは異界への入口ともされる場所。

また、おいてけ堀でもあるように堀は物の怪の登場する場所。堀ならぬホラーと言えます。

抑々、寺の成り立ちが霊気や神秘を感じた場所に建てる事が多いですから、切っても切れない縁となります。

 以前に拝観はしていますが、お盆に怪談と洒落込みましたが、お寺は行事の為に拝観できず。

お寺に盆休みは無い筈ですが、書き入れ時なので仕方がありません。

252-4-8.jpg
茶室の説明
見学できなかたので、せめて説明なりとも…。

252-4-9.jpg
本堂正面

252-4-10.jpg
本堂前面と「不動堂」の扁額

252-4-11.jpg
普門院御朱印

 余りの暑さに冷たいもので体温を下げようと思い、徘徊すると松江歴史館内に喫茶がある模様。

和菓子の実演もされており、それを眺めながらの休憩。

小豆磨ぎは×でしたが、宇治金時で仇を討った感じ。拝観できなかったのも【普門】に付すことにしました。

252-4-12.jpg
松江母衣郵便局 ; 小泉八雲の怪談の舞台である普門院

252-4-13.jpg
松江歴史館前にて
普門院橋を渡って西へ行き、松江城の東堀の向かいにある。

252-4-14.jpg
喫茶きはる」にて

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



松江・城下町ものがたり

新品価格
¥1,980から
(2020/9/9 20:04時点)



松江城と城下町の謎にせまる?城と城下の移り変わりー(山陰文化ライブラリー4)

新品価格
¥1,320から
(2020/9/9 20:05時点)



親子で学ぶ 松江城と城下町

新品価格
¥1,100から
(2020/9/9 20:06時点)



怪談・奇談 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,639から
(2020/9/9 20:10時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

一畑薬師(島根県出雲市) 出雲の国の目のやくし

2020.09.08(22:02) 695

電鉄沿線の目玉に遭遇(2020.8.14)

<コース>
松江しんじ湖温泉駅(6:26) → (一畑電鉄) → 雲州平田(7:11→7:17) → (平田生活バス鰐淵線) → 鰐淵小学校(7:37) → 徒歩30分 → 鰐淵寺 → 鰐淵寺駐車場(9:43) → (平田生活バス鰐淵線) → 雲州平田(10:18) → 徒歩10分 → 木綿街道・神社 → 雲州平田(11:40) → (一畑電鉄) → 一畑口(11:51→12:08) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑薬師(12:20) → 徒歩5分 → 一畑薬師 → 一畑薬師(13:15) → (平田生活バス一畑薬師線) → 一畑口(13:26)

252-3-1.jpg
醫王山 一畑寺(臨済宗妙心寺派 一畑薬師教団総本山 中国観音霊場第二十六番札所)

 平田で木綿街道を見た後は、再び一畑電鉄に乗って一畑口駅で下車。

一畑電鉄の名は、沿線にある古刹一畑薬師に由来。と言うよりも

一畑薬師に参詣するために敷設された鉄道と言った方が、適切でしょう。

 現在の一畑口駅は無人、しかもスイッチバックですべての電車はここで向きを変えます。

なぜこのような造りになっているのかと言えば、かつては一畑薬師の直ぐ下まで線路が

延長されていたからだそうで、この辺りの事情は北海道の遠軽駅の線路の構造にも似ています。

252-3-2.jpg
一畑口ホーム
一畑薬師はこのレールの先

252-3-3.jpg
ホームにある「目玉おやじ」の一畑まいり像

252-3-4.jpg
一畑口駅舎
雲州平田と共に途中下車可能駅だが、広い割りに無人である。

 駅に着いて平田生活バスで一畑薬師まで。かつての駅は薬師の下までですが、

そこから200mの山腹にある薬師さんまで1130段の階段を上らなければなりません。

一方、バスは上にある駐車場まで運んでくれるので、歩く距離は極僅か。

バスになって便利になったとは思いましたが、行きも帰りも乗客は私一人でした。

252-3-5.jpg
一畑薬師バス停から駐車場を抜けて薬師さんまで

252-3-6.jpg
途中の石灯籠
丸に一文字は一畑薬師の紋だそうで、目玉おやじではない、とは茶店の方の談。

252-3-7.jpg
参道にある「目玉おやじ」像
境内には合計5体あるそうな。

252-3-8.jpg
百八基の石灯籠を抜けて山門へ

252-3-9.jpg
山門前へ到着
右が法堂(坐禅堂)、石段上に見えるのが観音堂。

252-3-10.jpg
山門前から千三百段の石段を見下ろす
といっても一直線に続くのではない。

 バス停から山上商店街を抜けると宍道湖が遥か眼下に見渡せます。

更に進むと山門が聳え法堂、本坊・書院が。法堂は坐禅堂を兼ね、一般方が坐禅会を行う場所。

本坊・書院の庭園は宍道湖や中国山地を借景にした雄大なものですが、

いずれも予約が必要なので今回はスルー。更に石段を上って本堂へ向かいました。

252-3-11.jpg
山門近影
この奥に本坊・法堂があるが、観光客は疎ら。

252-3-12.jpg
法堂(坐禅堂)
ここで坐禅会・研修会が開催される。

252-3-13.jpg
本坊書院と薬師堂へと続く廻廊

252-3-14.jpg
山門前から階段を上り仁王門へ

252-3-15.jpg
「醫王山」の扁額が架かる仁王門

252-3-16.jpg
仁王門から見た法堂屋根

252-3-17.jpg
更に石段を上り境内へ

 醫王山一畑寺(いおうざんいちばたでら)は、

『寛平6年(894年)、与一という漁師が日本海から引き揚げた薬師如来を祀ったのが始まり。

その時に与一の母親の眼病が治癒した事から「目のお薬師さま」として信仰された。

尚、与一は後に出家して補然と称し開基となった。また戦国時代には

幼児が救われた事から「子供の無事成長の仏さま」としても知られるようになった。

 当初は天台宗に属したが、石雲本竺が臨済宗南禅寺派寺院として再興し成徳寺と名乗る。

承応2年(1653年)に一畑寺に改称、寛政年(1790年)には妙心寺派に改宗した。

戦後の昭和28年には教団が設立され総本山になり現在に至っている。』 とあります。

252-3-18.jpg
石段を上った先にある境内

252-3-19.jpg
階段脇の鐘楼堂

252-3-22.jpg
正面から見た薬師本堂

252-3-23.jpg
観音堂前から見た薬師本堂

252-3-25.jpg
薬師本堂前面
薬師如来を祀るので瑠璃光殿。

 階段を上って右正面が御本尊を祀る薬師本堂。流石に堂宇の中では最も大きい造り。

御本尊は秘仏ですが、両脇には日光・月光菩薩。十二神将が祀られています。

 その手前にあるのが観音堂で、瑠璃観世音菩薩が御本尊。薬師様から見れば脇役ですが、

中国・百八観音霊場はここにお参りするので、参拝者は本堂よりもむしろ多く感じました。

252-3-24.jpg
薬師本堂前面の欄間彫刻

252-3-26.jpg
前面の庇部分

252-3-27.jpg
鳳凰の彫刻

252-3-28.jpg
薬師本堂側面

252-3-29.jpg
観音堂
本尊は瑠璃観世音菩薩、多くの巡礼・参拝者がある。

252-3-30.jpg
観音堂横から見た本坊と法堂
山の向こうに見えるのが宍道湖。

252-3-31.jpg
上から見た本坊庭園?

 眼に御利益の薬師様だけに、境内にはゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじの像が各所に。

水木しげるさんは隣県の境港市出身ですから地元のようなものですが、説明書に拠ると、

少年時代の水木しげるさんに妖怪への興味を植え付けたのが、お手伝いさんの「景山ふさ」さんで、

彼女は熱心な一畑薬師の信者だったそうです。その辺りの事情は『のんのんばあとオレ』にありますが、

一畑薬師から目玉おやじが創造されたとすれば、ここが日本の妖怪漫画に与えた影響も大きいものがあります。

鰯の頭も目玉も、何事も【しんじん】です。

 いまはバスですが、のんのんばあの時代は下から1300段を上らなければなりませんでした。

不便ではありますが、階段上れば、怪談の亡霊も顔を出すのでしょう。

252-3-20.jpg
鐘楼堂前にある「のんのんばあ」と水木しげる少年の像

252-3-21.jpg
「のんのんばあ」と一畑薬師の由縁

252-3-32.jpg
薬師本堂脇にある八万四千仏堂
八万四千とは仏教での法門(教え)の数とされる。

252-3-33.jpg
十六羅漢堂を通り総受付のある下生閣(あきんかく)へ

252-3-34.jpg
下生閣にある「お茶湯」
一畑山の清水で沸かし御祈祷をした伝統の「お茶湯」は、ここで徳利を購入して持ち帰るのが習わし。

252-3-35.jpg
一畑薬師説明書

252-3-36.jpg
一畑薬師御朱印
左 ; 中国観音霊場  右; 御本尊薬師如来

252-3-37.jpg
下生閣から石段を下りバス停へ
写真は石段脇にある「結縁の椨(たぶ)の木」。二本が見事に結合している。

252-3-38.jpg
平田郵便局 ; 一幡薬師

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2020/9/6 22:08時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2020/9/6 22:10時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥530から
(2020/9/6 22:10時点)



水木少年とのんのんばあの地獄めぐり

新品価格
¥1,650から
(2020/9/8 22:05時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

木綿街道と縁切りの宇美神社(島根県出雲市)

2020.09.07(21:42) 694

縁切りで揉めんかい、どう?(2020.8.14)
 
<コース>
松江しんじ湖温泉駅(6:26) → (一畑電鉄) → 雲州平田(7:11→7:17) → (平田生活バス鰐淵線) → 鰐淵小学校(7:37) → 徒歩30分 → 鰐淵寺 → 鰐淵寺駐車場(9:43) → (平田生活バス鰐淵線) → 雲州平田(10:18) → 徒歩10分 → 木綿街道・神社 → 雲州平田(11:40)

252-2-1.jpg
宇美神社(式内社)

 始発電車に乗った甲斐あって、鰐淵寺参拝の後は午前中のバスで雲州平田駅まで帰還。

次の目的地へと電車に乗る訳ですが、降りた駅でのバスは1時間待ち。

そこで、平田駅周辺を少しばかり散策することに。

 今は市町村合併で出雲市に編入されましたが、かつては平田市という独立した行政区。

かつては綿花で栄えた町。加えて一畑電鉄の本社もあり、駅構内には列車が停まっていました。

252-2-2.jpg
一畑電鉄雲州平田駅構内
大正3年4月に運転開始。途中下車可能で、駅構内では電車の運転体験もできる。

252-2-3.jpg
雲州平田駅スタンプ

252-2-4.jpg
駅待合室にある平田一色飾り
江戸時代に始まった陶器など日用品で人形や景色を作るもの。写真は「しまねっこ」。

『宍道湖と日本海に囲まれたこの地は、1700年代初頭から綿花栽培が始まり

後半には諸国に販売するに至る。

藩が品質管理を徹底したために、大坂三井は当地へ買方を派遣するなど、

雲州木綿の名は全国的に高評価を得た。

 綿花はここに集荷され、船で運搬。市内を流れる運河「平田船川」は宍道湖に繋がり、

多数の帆船が往来。昭和26年位までは松江との定期便もあった。

 当時の街道は木綿街道と呼ばれ、間口が狭く奥行きの長い「切妻妻入塗屋造り」の家屋や、

白壁の土蔵が並び、当時の繁栄を偲ぶことができる。』 とあります。

252-2-5.jpg
駅から北へ向かい雲州平田船川に架かる橋を渡ると木綿街道

252-2-6.jpg
橋を渡って最初に目に付く加藤醤油店
明治8年創業の典型的な切妻妻入塗屋造りの町屋。七宝模様の海鼠壁、左流れの出雲瓦など保存状態も良好。

252-2-7.jpg
加藤醤油店の向かいにある旧石橋酒造
本石橋家から分家し、江戸中期に創業した造り酒屋。1750年頃の建築。

252-2-8.jpg
国登録有形文化財の本石橋邸
1750年頃建築の切妻妻入塗屋造りの町屋。

252-2-9.jpg
本石橋邸玄関

 街道の東端へ向かうと本石橋邸。奥座敷は松江藩主の御成座敷として造られた格式ある邸宅。

そこから西へ向かうと、加藤醤油店、酒持田本店、持田醤油店と趣のある家々が続きます。

街並みが途切れる所に立つのが来間屋生姜糖本舗。1715年創業の生姜糖元祖。

てっきり京都が発祥と思っていたので驚きました。やはり【ジンジャー】所縁の場所だけの事はあります。

252-2-10.jpg
本石橋邸全景
巨大な庭石を配した出雲流庭園や茶室、座敷など見学可能。

252-2-12.jpg
酒持田本店
明治10年創業、建物は国の登録文化財で見学可能。銘柄は「ヤマサン正宗」。

252-2-13.jpg
酒持田本店の向かいの町屋「古民家あかり」

252-2-14.jpg
持田醤油店
醤油蔵見学と醤油のスイーツが目玉。

252-2-15.jpg
西側から見た木綿街道の街並み

252-2-16.jpg
來間屋生姜糖本舗
創業1715年の我が国生姜糖の元祖。建物は明治9年の大火で焼失したが、再建し150年を誇る妻入商家。

 街並みを過ぎて少し行った場所に社が鎮座。宇美神社(うみ)とあります。

『天平5年(733年)、出雲国風土記に記されているのが嚆矢。社号は御祭神が出雲国御来臨の際に

海上から上陸された事に拠り、元来は日本海沿いにあったとされる。

 現在の地には応永元年(1394年)、本領小村家、杉原家の祖により紀州熊野三山から分霊を勧請。

その後の天正16年(1588年)に本領長廻家の氏神である七社をここに合祀した。

松江と出雲大社のほぼ中間に鎮座。周辺七社を合祀した神社で十七柱の神が祀られている。

宇美神社と改称したのは明治5年の事である。

252-2-17.jpg
宇美神社入口の石鳥居

252-2-18.jpg
神門

252-2-19.jpg
神門から境内を見る

252-2-20.jpg
由緒略記

 本殿の主祭神は布都御魂命(フツミタマノミコト)であるが、配祀神として祀られているのが

事解男命(コトサカノヲノミコト)で、縁切りの神として悪縁消除の御利益があるとされる。』 とあります。

 川沿いにある「うみ」神社というのもこれ如何にですが、縁結びの出雲で縁切り神社というのも不思議な感じ。

しかし縁切りといっても他人との縁だけではなく、病気・悪癖・借金等もあるようです。

縁切りと聞くとネガティブな印象ですが、縁結びとは表裏一体で、

より向上するためのステップと捕えるべきものだそう。

もめんの地で縁切りに出会ったのも何かの縁でしょうか?

252-2-21.jpg
拝殿

252-2-22.jpg
拝殿前面の装飾と注連縄

252-2-23.jpg
本殿

252-2-24.jpg
本殿脇にある境内社「縁結神社」
本殿で悪縁を断ってから縁結びのお参りをするのが習わし。ハートの絵馬を奉納。

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

鰐淵寺(島根県出雲市) 天台宗最初の末寺

2020.09.06(22:11) 693

滝壺から鰐が出た!(2020.8.14)

<コース>
松江しんじ湖温泉駅(6:26) → (一畑電鉄) → 雲州平田(7:11→7:17) → (平田生活バス鰐淵線) → 鰐淵小学校(7:37) → 徒歩30分 → 鰐淵寺 → 鰐淵寺駐車場(9:43) → (平田生活バス鰐淵線) → 雲州平田(10:18)

252-1-1.jpg
浮浪山 一乗院 鰐淵寺(天台宗 中国観音霊場第25番札所)

 巡礼三日目は、松江しんじ湖温泉駅から一畑電鉄で出雲の古刹へ。

宍道湖の南を走るのは旧国鉄のJR。反対に北側を走るのは地元の一畑電鉄。

初めて乗ったのは、家族旅行の高校一年の時。

なぜここに電車が通り一畑電鉄と言う名前なのか不思議でしたが、

後で聞いた話では沿線に一畑薬師という古刹があり、それが名前の由来。

252-1-2.jpg
向こうに見えるのが「松江しんじ湖温泉駅舎」
JR松江からは徒歩20分と遠いが、温泉が出るため宿泊施設は多い。

252-1-3.jpg
始発の6:26分電鉄出雲市行きに乗車

252-1-4.jpg
車内に鎮座するゆるキャラ「しまねっこ」
写真撮影用なのか、一緒に撮る人が多かった。

252-1-5.jpg
松江しんじ湖温泉駅スタンプ
左は40年前と同じデザインであった。

 それ以来、気になって仕方がありませんでしたが、漸く巡礼実現。40年越しの恋が実った感じです。

調べると薬師さんの西にも鰐淵寺という名の古刹があってどちらも札所。

共に駅から離れた山中にありますが雲州平田駅から目指す寺までは9㎞。

しかも山中にあるので駅レンタサイクルは無理。唯一の交通手段は平田生活バス。

土日祝日は1日3本ですが、平日は8本に増便。これはお盆でも変わらなかったのは幸運でした。

駅からは始発のバスに乗車しましたが、何故か寺までは行かず2㎞程手前の小学校前で下車。

【がくえんじ】やから小学校前かいな!

などと思いながら鰐淵寺川を遡る事30分で駐車場前へ。更に15分で漸く門前へ到着。

朝の7時台とはいえ気温は30℃越えでしたが、木々に囲まれた幽谷の地なのが幸いしました。

252-1-6.jpg
鰐淵小学校前で下車
左の鰐淵寺川を遡り寺へ向かう。

252-1-7.jpg
歩く事30分で駐車場前へ
全山案内図と弁慶修行の地の碑が建つ。

252-1-8.jpg
深山静寂の道を行く

252-1-9.jpg
仁王門に到着

252-1-10.jpg
鰐淵寺由緒

252-1-11.jpg
川に架かる朱橋を越えると入口

 浮浪山一乗院鰐淵寺(ふろうさんいちじょういんがくえんじ)は、

『推古天皇2年(594年)、この地に旅して来られた信濃国の智春(ちしゅん)上人が、

推古天皇の眼病を治すために浮浪の滝で祈ったところ眼病が平癒。

それに報いるため天皇の発願により建立された勅願寺である。

 上人が浮浪の滝の畔で修業中、誤って滝壺に落としてしまった仏器を

鰐が鰓に引っ掛けて上人に返した。これが寺号の由来である。

平安時代以降の鰐淵寺は比叡山延暦寺との関係を深め、

円仁が当寺を訪問した際に改宗したとされ天台宗初の末寺となった。

252-1-12.jpg
右が本坊、左が受付
受付で入山料¥500と御朱印を拝受する。滝は左方向へ。

252-1-13.jpg
勅使門と本坊
ここは拝観の対象外。

252-1-14.jpg
本堂への百八段の石段を登る

252-1-15.jpg
両側の石垣の杉苔
日陰で湿度が高いからこのような生長をするのか?

252-1-16.jpg
石段途中から受付を振り返る
両側の木々は葉が小さく切れ込みが深いイロハモミジという品種。

252-1-17.jpg
右折して更に上を目指す

252-1-18.jpg
石段の向こうに本堂(根本堂)が見える

 これらはあくまで伝承の域だが、平安時代の『梁塵秘抄』にも記録が残り、修験行場として全国に知られる存在であった。

また山を隔てた南西に鎮座する出雲大社との関係も深まり、出雲大社の別当寺とを務めたとされる。 

 源平時代に活躍した武蔵坊弁慶は、ここに多くの逸話を残す。仁平元年(1151年)に松江に生まれた弁慶は

18歳から3年間、鰐淵寺で修業。その後、比叡山に上り都で源義経に出会った。

 壇ノ浦で平家滅亡後は再びこの地へ戻り、伯耆の大山寺にあった釣鐘を一夜にして担いで持ち帰った。

これが今に伝わる重文の梵鐘である。

252-1-19.jpg
狛犬と灯籠を支える亀

252-1-20.jpg
根本堂(本堂)
薬師如来と千手観音を本尊とする。

252-1-21.jpg
根本堂説明

252-1-22.jpg
本堂前面の鰐淵寺の扁額と御詠歌

252-1-23.jpg
根本堂前面の造り
柱の一部は傷んでいるがそれが長い年月の風格を与えている。

252-1-24.jpg
根本堂の天井部

 南北朝時代には薬師如来を本尊とする南院が後醍醐天皇を支持、

薬師如来を本尊とする北院が北朝側に立ち対立するが貞和3年(1347年)に和解している。

 戦国時代の出雲では尼子氏と毛利氏の対立が深まるが、鰐淵寺は毛利を支持。

これが契機となって毛利氏の庇護を受ける事となった。現在の根本堂はその時代の建立である。』

とあります。

252-1-25.jpg
根本堂の垂木と木鼻

252-1-26.jpg
根本堂屋根部

252-1-27.jpg
根本堂から手水舎を見る

 駐車場から仁王門へは徒歩で15分、そこから本坊、根本堂へも長い石段を登るという

只管鰐淵寺川を遡るという山道でした。更に入口から川筋を遡って10分程度行った先が滝と蔵王堂。

水量は減ったものの今でも霊水「龍眼水」が岩盤より湧出。寺伝からもここが当山発祥の地であるのは明らかで、

このような深山幽谷の地に寺を建立したのはこの滝の存在故と【すいりょう】できます。

 受付横に立つ本坊は新しい感じですが、それ以外の建物は歴史の風雪を感じさせる古色蒼然としたもの。

寺院というよりも山に堂宇が点在すると言った方が適切でした。

252-1-28.jpg
根本堂横の釈迦堂

252-1-29.jpg
鐘楼

252-1-30.jpg
銅鐘の説明

 山奥の寺にしては珍しく入山料¥500が必要。宝物殿があるわけでなし、境内は至る所で改修中だったので、

少し高いとも思いましたが、これだけ広大な寺域を維持することを思えば納得。

 由緒は伝説的なものが多いですが、浮浪の滝の水が清潔で眼病予防に効果があった事が、

推古天皇の平癒を生んだと言えます。昔は劣悪な衛生状態に起因する眼病が多発した事に拠るのでしょう。

252-1-31.jpg
杉木立の向こうに建つ摩陀羅神社

252-1-32.jpg
神社説明

252-1-33.jpg
摩陀羅神社拝殿
明治政府の神仏分離令を免れ、天台宗の秘神「摩陀羅神」を祀り続けている。

252-1-34.jpg
摩陀羅神社本殿

252-1-35.jpg
摩陀羅神社拝殿前より根本堂を見る

弁慶に関しては全く無関係とは思いませんが、やや贔屓の引き倒しの感が…。

「提灯と釣鐘」の諺は、ここの梵鐘を夜中に担いだ事に由来するとありますが、これも怪しい。

やはり弁慶は紀伊田辺の可能性が高く、紀州と出雲では「提灯と釣鐘」の気がします。

252-1-36.jpg
神社付近からの遠望

252-1-37.jpg
このような道を通り浮浪の滝へ

252-1-38.jpg
漸く浮浪滝へ到着

252-1-39.jpg
開山修行の地で当山発祥の場所で奥之院
左の穴が鰐が出た場所か?

 もう一つの鰐とは?有史以前は兎も角、今の日本には鰐は棲息していません。

因幡の白兎でも鰐鮫が出てきますし、いまでも中国山地の山奥では海で採れた鮫を「鰐」と呼んで食べます。

ならば、ここで言うところの鰐も鮫ですが鮫は淡水には居ません。

「神話でも足で歩いた」とあるそうですから、別物の可能性大。

想像を巡らすならば、ここで言う鰐とは「オオサンショウウオ」のような気がします。

かつて帝釈峡でも1mを越えるものが店で飼われていましたし、中国山地ではよく見かけます。

加えて凶暴性はないので滝壺から仏器を持って来ても不思議はありません。

確証はありませんが、【参照】にはなるかと思って記載してみました。

252-1-40.jpg
滝は18mの流水
霊水「龍眼水」は堂右側の巌窟より今も湧出している。

252-1-41.jpg
浮浪滝の蔵王堂近影
修験道の守護神「蔵王権現」の聖地とされ弁慶も修業したとされる。

252-1-42.jpg
鰐淵寺説明書

252-1-43.jpg
鰐淵寺御朱印(御本尊) ¥500

252-1-44.jpg
鰐淵寺御朱印(中国観音霊場) ¥300
複雑な方が安いというのはどういう訳だろう?

[参考書]

島根県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/9/6 22:06時点)



島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2020/9/6 22:06時点)



古代出雲を歩く (岩波新書)

新品価格
¥990から
(2020/9/6 22:07時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2020/9/6 22:08時点)



百八観音霊場ガイド

新品価格
¥4,720から
(2020/9/6 22:10時点)



中国観音霊場巡礼の旅?山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥530から
(2020/9/6 22:10時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


島根県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
島根県
  1. 洞光寺(島根県安来市) 尼子氏の菩提寺(09/19)
  2. 月山富田城下町(島根県安来市)(09/17)
  3. 巌倉寺(島根県安来市)月山富田城の南を守る朱塗門(09/16)
  4. 城安寺(島根県安来市) 極彩色の四天王と雪舟様の庭園(09/14)
  5. 雲樹寺(島根県安来市) 山陰屈指の禅宗寺院(09/12)
  6. 月照寺(島根県松江市) 松江藩主菩提所(09/10)
  7. 普門院(島根県松江市) 小泉八雲の怪談所縁の寺院(09/09)
  8. 一畑薬師(島根県出雲市) 出雲の国の目のやくし(09/08)
  9. 木綿街道と縁切りの宇美神社(島根県出雲市)(09/07)
  10. 鰐淵寺(島根県出雲市) 天台宗最初の末寺(09/06)