FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

法泉寺(京都府京田辺市) 戦火を潜り抜けた石塔のある御朱印

2019.06.30(20:46) 330

草の中から出た観音様 (2019.6.28)

<コース> 電車は日中15分間隔で運転
JR北新地(8:43) → JR京田辺(9:30) → レンタサイクル → 法泉寺

142-3-1.jpg
中嶋山 法泉寺(真言宗智山派)

 夕方から京都市内で会合があり。午前中の合間を縫って京田辺市へ。

 今は京都府に属する南山城ですが、古代においては平城京の北端という位置付け。そのため南都の影響を受けた古刹が木津川沿いに点在します。

 平城京を建設する際に、近江の田上山から切り出した材木は宇治川から巨椋池、木津川を遡って、伊賀・笠置からの材木は木津川を下って都に近い場所で陸揚げ。そこが木津と呼ばれるようになりました。

 現在の木津川は水量も周辺人口も少なくキャンプ場とカヌーのイメージですが、古代には暴れ川と言われる程で、交通の大動脈として活気に満ちていたようです。

 中嶋山法泉寺(なかじまさんほうせんじ)の創建は明らかではありませんが、大きさ5~6寸の十一面観音の金像が付近の草叢から出現。

 関東では海から出た例が多いですが、ここは海から遠いので草の中。以来、この付近は草内(くさうち)と呼ばれています。何故か郵便局だけ同じ漢字で「くさじ」の読みなのが不思議です。

 天長年間(824~833年)の旱魃で本尊に祈願した所、清泉が湧出したので法泉寺と号したとか。雨乞い祈願の農耕守護仏として信仰されるようになりました。本堂は永禄2年(1559年)の戦火で焼失。元禄12年に再建されています。

 門を入って左手にある十三重石塔は弘安元年(1278年)猪末行作の銘。法泉寺は室町時代までは奈良興福寺の支配下で、鎌倉時代に西大寺の叡尊に拠る水害対策・渡しの整備があり、その供養記念として建てられたと言われます。

 作者の猪末行は東大寺再建に際し、中国より来朝した石工。本堂東隅の三宝大荒神石塔は明応7年(1498年)と、石造りの御蔭で戦火を潜り抜けたようです。

 急な訪問で御住職は不在でしたが、夫人が本堂を開帳して下さり、御本尊を拝観できました。

和辻;「この御本尊が草叢から出た仏様ですか?」

夫人;「いいえ、初めの御本尊は明治の頃行方が分からなくなって、今は後世の仏様です。」

和辻;「本堂は江戸期の様ですが、御本尊はもう少し古い気がしますが…。」

夫人;「はっきりとは分かりませんが、鎌倉・室町期の様ですね。」

 この場所も戦火を受けましたが、旧御本尊は廃仏毀釈のあおりでどこかへ行ってしまったのでしょう。本堂横の室町様式の枯山水庭園もやや荒れた気がします。

 檀家も居られないとの話でしたし、観光寺院とは違うので、法灯を伝えていくには並々ならぬ苦労があったと思います。

 御朱印を拝受して辞しましたが、

和辻;「これから大御堂観音寺に向かいます。」

夫人;「観音寺は住職の実家で、あそこは常駐されているので拝観は大丈夫です。」

との事でした。

142-3-2.jpg
草内小学校の北側にある法泉寺入口

142-3-3.jpg
重文・十三重石塔
花崗岩を加工した高さ6m、四方に石仏彫を配している。

142-3-4.jpg
長い戦乱を潜り抜けてきた法泉寺境内
右のカイヅカイブキ(コノテガシワ)はその生き証人?

142-3-5.jpg
法泉寺本堂

142-3-6.jpg
本堂右の三宝荒神王碑
元来神社のもので寺院の一角に祀られているのは珍しい。

142-3-7.jpg
復元された室町様式の枯山水庭園

142-3-8.jpg
中嶋山法泉寺略縁起

142-3-9.jpg
法泉寺御朱印

142-3-10.jpg
草内郵便局 ; 重文・法泉寺十三重石塔、山城大橋

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 15:25時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト




和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

雪舟寺(京都市東山区) 雪舟庭園の御朱印

2019.06.29(18:47) 329

山水をふんだんに採り入れた庭園(2018.7.3)

<コース> JRは15分間隔、京阪電鉄は10分間隔で運転
JR大阪 → (新快速) → JR京都 → JR東福寺 → 徒歩10分 → 東福寺  或いは
京阪電鉄淀屋橋 → (京阪特急) → 丹波橋 → 東福寺

143-3-14.jpg
雪舟庭園 芬陀院(臨済宗東福寺派 塔頭寺院)

 天得院に続いて、通路を挟んでほぼ向かいにある芬陀院(ふんだいん)を拝観。

 元亨年間(1321~1324年)に関白一條内経が東福寺開山聖一(しょういち)国師の法孫にあたる定山祖禅(じょうざんそぜん)を開山として創建、以来一条家の菩提寺として現在に至ります。内経の法号「芬陀利華院」を採って院号になりました。

 その後、衰退しますが元禄年間に一条兼照により再興、宝暦5年(1755年)の火災で焼失しますが、桃園天皇の后・恭礼門院の計らいで御所の一部を移築。

 更に明治には昭憲皇太后からの御内帑金により改築されたものが現在の建物です。恭礼門院は旧名一条富子、昭憲皇后は一条美子と共に一条家の出身。

 江戸時代の京都の公家は経済的には幕府から冷遇されたと言いますが、これらを見る限りなかなかの物。腐っても鯛といっては怒られるでしょうか?

143-3-1.jpg
芬陀院山門
元亨年間に関白一條内経が定山祖禅を開山として創建。ここは特別拝観ではない。

143-3-2.jpg
参道から続く参道

143-3-3.jpg
大玄関と唐門
唐門は恭礼門院の御所より移築されたもの。

143-3-4.jpg
屋内の屏風

143-3-5.jpg
内庭全景

143-3-6.jpg
手水鉢と崩家形灯籠

143-3-7.jpg
内庭と縁側
縁側は木と竹を交互に使用。

 ここでもう一人有名なのが画僧の雪舟(1420~1506)。雪舟が幼年期を過ごした備中の宝福寺は東福寺の末寺で在京の折にはここへ逗留したと言われます。

 当時の芬陀院の大檀徒は文人として著名な一条兼良、彼の所望により作庭されたのが南庭「鶴亀の庭」。寛正・応仁期の作で京都では最古の枯山水庭園と言われ、苔と石を【ふんだんに】採り入れたものです。

 庭には石組の亀がありますが、出来上がった夜に和尚が傍を通るとその亀の石組みが動いたとか。涙で描いた鼠の絵の焼き直しですが、それほどリアルだったという事でしょう。

 この庭も二度の火災で荒廃しますが、昭和14年(1939年)に作庭家重森三玲により復元、その時に新たに作庭されたのが東庭でした。

 パトロンの一条家としては指図をしたかったかもしれませんが、作庭の名人に全て任せたのが、今に至るまで名声を保っている理由ではないでしょうか?まさに摂政と雪舟により完成した庭と言えます。

 御朱印を拝受しましたが、帰宅して確認すると平成4年に拝観・拝受済。全く記憶にありませんでしたが、覚えていないのであれば拝観しても問題はないと悟った次第です。

143-3-8.jpg
東庭と図南亭
奥が鶴島、手前が亀島。

143-3-9.jpg
東庭は作庭家・重森三玲に拠る

143-3-10.jpg
図南亭(となんてい)
宝暦の火災で焼失したが、昭和44年に復元。一条家第十四代昭良公がここで茶を嗜んだとされる。

143-3-11.jpg
図南亭の内部

143-3-12.jpg
図南亭の窓から東庭を望む

143-3-13.jpg
「図南」の扁額は石川丈山の揮毫

143-3-16.jpg
雪舟の作庭による南庭

143-3-15.jpg
南庭の鶴島(左)と亀島(右)

143-3-17.jpg
雪舟庭園 芬陀院説明書

143-3-18.jpg
芬陀院御朱印
失念していた平成4年拝受の分

143-3-19.jpg
芬陀院御朱印
今回拝受したもの

[参考書]

京都府の歴史散歩〈中〉

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:07時点)



新版 古寺巡礼京都〈3〉東福寺

新品価格
¥1,728から
(2019/6/27 22:25時点)



The Arts and Ethics of Zen Temples 東福寺: 古寺バイリンガルガイド

新品価格
¥1,080から
(2019/6/27 22:26時点)



週刊 日本庭園をゆく22 東福寺 高台寺 智積院  京都洛東の名庭 (小学館ウィークリーブック)

中古価格
¥349から
(2019/6/27 22:27時点)



月刊京都2019年8月号[雑誌]

新品価格
¥770から
(2019/6/27 22:28時点)



重森三玲の庭園

新品価格
¥4,104から
(2019/6/29 21:01時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

天得院(京都市東山区) 桔梗の寺の御朱印

2019.06.28(23:04) 328

帰京して桔梗!(2018.7.3)

<コース> JRは15分間隔、京阪電鉄は10分間隔で運転
JR大阪 → (新快速) → JR京都 → JR東福寺 → 徒歩10分 → 東福寺  或いは
京阪電鉄淀屋橋 → (京阪特急) → 丹波橋 → 東福寺

143-2-7.jpg
萬松山 天得院(臨済宗東福寺派 塔頭寺院)

 大本山東福寺には多くの塔頭がありますが、この日は特別拝観の天得院へ。

 萬松山天得院(ばんしょうざんてんとくいん)は南北朝時代の正平年間(1346~1370年)、東福寺第三十世住持・無夢一清(むむいっせい)禅師により開創、東福寺五塔頭の一つとして栄えます。

 その後、一時衰退しますが、大機慧雄(だいきえゆう)禅師が中興の祖となり再興されました。

 慶長十九年(1614年)には東福寺第二二七世・文英清韓(ぶんえいせいかん)長老が住持となり、五山の学僧として豊臣秀頼から優遇を受けますが、秀頼の依頼を受けて撰文したのがかの有名な方広寺の「国家安康、君臣豊楽」の一文。

 これが徳川家康の怒りを買い大坂夏の陣で豊臣家は滅亡、天得院も取り壊される憂き目を見ます。

 五山の僧侶にしては【誤算】があったと思いますが、もし家康の意を汲んで故意に銘文を選んだのであれば、とんでもない策士であった事になります。これは推理小説の世界ですが…。

 その後、天明九年(1789年)に堂宇が再建され、明治元年(1868年)に山内の塔頭本成寺と合併したものが今に至っています。

 栄枯盛衰も【天命】でしょうが、庭園は桃山時代の作庭とされる枯山水。杉苔に初夏の桔梗と秋の紅葉のコントラストが見事です。

 桔梗は本来秋ですが、ここでは初夏から秋にかけて順番に開花する品種だそう。秋は紅葉で人が多いので、少ない時にも集客できるという事なので、なかなか商売上手です。これも天徳ではなく【天得】という名のなせる業でしょうね。

143-2-1.jpg
萬松山天得院山門
南北朝時代に創建。現在のものは1789年再建。

143-2-2.jpg
特別拝観入口

143-2-3.jpg
山門から見た前庭

143-2-4.jpg
いよいよ桔梗の庭へ

143-2-5.jpg
廊下より庭の桔梗を見る

143-2-6.jpg
天得院西庭の桔梗と杉苔

143-2-8.jpg
桃山時代作庭の枯山水庭園

143-2-9.jpg
青桔梗

143-2-10.jpg
青桔梗近影

143-2-11.jpg
青白乱れ咲き

143-2-12.jpg
白桔梗近影

143-2-13.jpg
西庭に続く北庭

143-2-14.jpg
華頭窓から見る庭
逆さに見ると花の形になるという。

143-2-15.jpg
廊下の突き当りにはこのようなものが

143-2-16.jpg
西庭を眺めながら一服 ¥800
お菓子は東福寺門前の鶴屋弦月の作と聞いたので買って帰ろうと思ったら休み。

143-2-17.jpg
室内から西庭を眺める人々

143-2-18.jpg
室内の飾り付け

143-2-19.jpg
天得院説明書

143-2-20.jpg
天得院御朱印
書かれたものを拝受

[参考書]

京都府の歴史散歩〈中〉

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:07時点)



新版 古寺巡礼京都〈3〉東福寺

新品価格
¥1,728から
(2019/6/27 22:25時点)



The Arts and Ethics of Zen Temples 東福寺: 古寺バイリンガルガイド

新品価格
¥1,080から
(2019/6/27 22:26時点)



週刊 日本庭園をゆく22 東福寺 高台寺 智積院  京都洛東の名庭 (小学館ウィークリーブック)

中古価格
¥349から
(2019/6/27 22:27時点)



月刊京都2019年8月号[雑誌]

新品価格
¥770から
(2019/6/27 22:28時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

東福寺(京都市東山区) 京都五山の御朱印

2019.06.27(22:28) 327

通年通れる通天橋(2018.7.3)

<コース> JRは15分間隔、京阪電鉄は10分間隔で運転
JR大阪 → (新快速) → JR京都 → JR東福寺 → 徒歩10分 → 東福寺  或いは
京阪電鉄淀屋橋 → (京阪特急) → 丹波橋 → 東福寺

143-1-1.jpg
慧日山 東福寺(臨済宗東福寺派大本山 京都五山第四位)
六波羅探題の遺構を移したとされる重文・六波羅門。寺内最古の建造物である。

 京都市内で所用があって少し時間が余ったので東福寺へ。

 鎌倉時代に摂政関白藤原(九条)道家が九条家の菩提寺として造営したのが始まり。京の都の「新大仏寺」として高さ15mの大仏立像を安置すべく1236年から19年掛けて仏殿を完成させた大寺院。

 南都の東大寺と興福寺から「東」「福」の二文字を貰って寺号に。二ヶ寺の良い処取りを狙ったようですが、欠点ばかりだったら【くじょう】でも言ったでしょうか?

 開山には宋から帰朝した聖一国師を招き、当初は天台・真言・禅宗の三宗兼学として壮大な堂塔伽藍を誇りました。中世から近世を通じて栄え、高僧も輩出しますが、度々火災に合い、諸堂を焼失。良い名前を持って来ても火災は防げなかったようです。

 明治期には廃仏毀釈に会いますが、それでも25の塔頭寺院を擁する大本山。境内の散策は無料ですが、通天橋から開山堂へは有料。

 紅葉のシーズンにはニュースでも取り上げられ、通天橋に上るのに1~2時間待ちはザラ。今回も境内の散策で済まそうと思いましたが、人も少ないので通天橋に入場。

 紅葉ではなく、青紅葉と紫陽花でしたが、地面の苔とも相俟ってなかなかいい雰囲気でした。『秋は通天と誰か言いけむ』です。

 途中、幼児を連れた夫婦に声を掛けられました。中国の方で10年以上前に京都で勉強していた縁での再訪だそう。

 禅宗は中国から渡来しましたが、今本場では仏教も大っぴらに活動できないので、日本の方がかつての雰囲気を感じる事ができるのでしょう。「ここは静かでいいですね。」との言葉が耳に残りました。

143-1-2.jpg
本堂(仏殿兼法堂)
明治19年の焼失後、昭和9年の再建。重層入母屋造の大建築。

143-1-3.jpg
重文・東司(通称百雪隠)
禅僧には用便も修行だとか。室町前期の遺構。

143-1-4.jpg
東司の内部

143-1-5.jpg
境内の紫陽花

143-1-6.jpg
臥雲橋から見た通天橋

143-1-7.jpg
通天橋にある貼紙
ここは六甲か?

143-1-8.jpg
通天橋へと続く

143-1-9.jpg
青紅葉と苔

143-1-10.jpg

143-1-11.jpg

143-1-12.jpg
通天橋から臥雲橋方面を眺める

143-1-13.jpg
通天橋から見た方丈
明治23年の再建。

143-1-14.jpg
開山堂への道

143-1-15.jpg

143-1-16.jpg
重文・開山堂(常楽庵)
聖一国師(1202~1280)を祀る。

143-1-17.jpg
開山堂近影

143-1-18.jpg
開山堂から方丈・書院を見る

143-1-19.jpg
開山堂前の庭園

143-1-20.jpg
普門院前から庭園を望む

143-1-21.jpg
庭園の杉苔

143-1-22.jpg
普門院廊下から開山堂山門を見る

143-1-23.jpg
東福寺説明書

143-1-24.jpg
東福寺御朱印
平成4年に拝受。墨書も印。

143-1-25.jpg
京都赤十字病院内郵便局 ; 紅葉、東福寺、十三重石塔
京都今熊野郵便局 ; 国宝・三十三間堂、国宝・十一面千手観音坐像

[参考書]

京都府の歴史散歩〈中〉

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:07時点)



新版 古寺巡礼京都〈3〉東福寺

新品価格
¥1,728から
(2019/6/27 22:25時点)



The Arts and Ethics of Zen Temples 東福寺: 古寺バイリンガルガイド

新品価格
¥1,080から
(2019/6/27 22:26時点)



週刊 日本庭園をゆく22 東福寺 高台寺 智積院  京都洛東の名庭 (小学館ウィークリーブック)

中古価格
¥349から
(2019/6/27 22:27時点)



月刊京都2019年8月号[雑誌]

新品価格
¥770から
(2019/6/27 22:28時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都市内 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

大龍寺(神戸市北区) 空海と龍が再び訪れた寺の御朱印

2019.06.26(17:39) 326

再度山を二人旅(2017.6.24)

<コース>
JR大阪 → JR三ノ宮 → 北神急行 → 谷上 → 徒歩60分 → 森林公園 → 徒歩60分 → 太龍寺 → 徒歩60分 → JR三ノ宮

142-2-1.jpg
再度山 大龍寺(東寺真言宗 別格本山)

 今日の巡礼は神戸市内、と言っても再度山の中腹にある山の中の寺院。

 再度山大龍寺(ふたたびさんだいりゅうじ)は、神護景雲2年(768年)和気清麻呂公の創建。

 寺伝に拠れば、

『称徳天皇の勅を受けた公が摂津の国に寺院建立の地を求めて当地の山中に来た時、公を暗殺しようと付け狙っていた道鏡の刺客が忽然と現れた大蛇に驚き退散。

驚いた公が周囲を見ると大蛇が消えた後に如意輪観世音菩薩が居られ、ここに伽藍を立てて大龍寺と名付けた。

また延暦23年には入唐する空海が、この山に上って求法を祈り、帰国後に再びこの地に足を運んだので再度山の名が付いた。加えて空海が入唐の時には竜神大蛇が船を守り、帰国後には山中にも現れた。』

とあります。

 寺号山号の由来ですが竜神が再び登場するのは文字通り【蛇足】、恐らく、空海の伝説が元にあって後で、和気清麻呂の伝説が加上されたのでしょう。あまり【過剰】な伝説も考え物です。

 鎌倉時代の戦火で伽藍は焼失しますが、室町期には摂津守護赤松氏の庇護を受けます。赤松円心は観応2年善妙上人を山主として再興、続く赤松範資・則祐兄弟も尽力したのでかつての姿を取り戻しました。

 乱世の梟雄である赤松氏が寺院を庇護するのも不思議ですが、近くには赤松氏の多々部城もあり軍事的拠点とする思惑もあったのでしょう。

 この時代に後円融天皇が中風に罹られ、善妙上人が祈願したところ無事平癒されたので、中風除けの寺として知られるようになりました。

 同窓がこの辺りを走って居られるので声を掛けると一緒に来て下さる事に…。通常は駅から山門前までバスですが、今回は北神急行の駅からハイキングコース。

 ほぼ半日歩き通しでしたが、植物園&布引の滝もゆっくり見物、まさに「少しの事にも先達はあらまほしき事なり」でした。

142-2-2.jpg
谷上駅で鉄道むすめ「谷上弓子(きゅうこ)」がお出迎え

142-2-3.jpg
このようなハイキングコースを行く

142-2-4.jpg
60分歩いて神戸市立森林植物園に到着
これはクヌギの落ち葉で作った今年の干支

142-2-5.jpg
樹齢2000年のメタセコイアの標本された年輪

142-2-6.jpg
植物園内のハナマキ
ガラス器具洗浄ブラシに似ているということで見解が一致。

142-2-7.jpg
植物園内のレストランにて  売れ筋のスパイシカレー¥850

142-2-8.jpg
バス通り沿いにある山門(赤門)

142-2-9.jpg
仁王門前
後ろのバッグは何?

142-2-10.jpg
仁王門を過ぎて見た境内
正面の石段沿いに西国三十三観音が並び本堂へ、左手の鳥居は奥の院に通じる石段の入口。

142-2-11.jpg
本堂(大師堂)

142-2-12.jpg
毘沙門堂

142-2-13.jpg
左から毘沙門堂、本堂、護摩堂

142-2-14.jpg
弘法大師が彫ったと言われる亀の岩

142-2-15.jpg

142-2-16.jpg
奥の院から更に上った再度山頂上

142-2-17.jpg
更に歩いて布引の滝へ

142-2-18.jpg
再度山 大龍寺説明書

142-2-19.jpg
大龍寺御朱印

[参考書]

兵庫県の歴史散歩〈上〉神戸・阪神・淡路

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:31時点)



兵庫 ぶらり歴史探訪ルートガイド

新品価格
¥1,760から
(2019/7/29 16:32時点)



大阪・兵庫 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内

新品価格
¥1,728から
(2019/6/26 18:16時点)



分県登山ガイド 27 兵庫県の山

新品価格
¥2,052から
(2019/6/26 18:37時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村


和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


兵庫県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

真田庵(和歌山県九度山町) 真田親子所縁の寺院の御朱印

2019.06.25(18:38) 325

真田親子の草庵は?(2014.6.24)

<コース>
南海電鉄難波(6:29) → (急行) → 南海橋本(7:18→7:22) → 九度山(7:33) → 徒歩25分 → 慈尊院 → 徒歩15分 → 真田庵 → 九度山(11:48) → 南海橋本(12:00→12:11) → 南海電鉄難波(12:56)

142-1-11.jpg
伽羅陀山 善名称院(高野山真言宗)

 九度山といえばスルー出来ないのが真田親子。
関ヶ原の戦いで敗れた信州の真田昌幸・信繁(幸村)親子は高野山に配流となりますが、家族を伴ったためにここ九度山に蟄居。

 昌幸は1611年にここで亡くなりますが信繁はここを脱出して大坂城に入り、豊臣方として奮戦したのは有名な話。

 真田庵は蟄居時代の草庵跡と思われる場所に、江戸時代の寛保元年(1741年)に大安上人という人が地蔵菩薩を祀ったのが始まり。

 正式には伽羅陀山善名称院と言いますが真田庵で通っています。なにやら蕎麦屋のようですが、傍では蕎麦もあるので、満更間違いでもありません。

 草庵の場所には諸説あるのでやや伝説の域。近くにある真田の抜け穴と言われるものも調べると古墳時代の横穴だったりします。判官贔屓故でしょうが、戦国時代の知将と言われる真田氏のロマンが人を惹き付けるのでしょう。

 前日に【根津】に時刻表・地図を調べたのでほぼ予定通り回れたのは【海野】良い事。高野山の前哨戦とも言えますが、ここから【六連戦】になるかどうかは?です。

142-1-12.jpg
真田庵(善名称院)は尼寺で牡丹が有名

142-1-13.jpg
真田庵御朱印

142-1-14.jpg
道の駅にある「真田幸村」の甲冑の復元

142-1-15.jpg
南海九度山駅前のトイレにも六連銭が

142-1-16.jpg
九度山町マンホール蓋

142-1-17.jpg
高野口郵便局 ; 庚申山、展望台、重文・三彩の壺、桜
九度山郵便局 ; 特産・富有柿、九度山橋、真田六文銭の旗印

[参考書]

和歌山県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:38時点)



和歌山県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

新品価格
¥977から
(2019/7/29 16:39時点)



お坊さんが教える 新発見! 日本の古寺

新品価格
¥1,404から
(2019/6/25 18:34時点)



ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり (ご当地戦国武将・旅行ガイドブック)

新品価格
¥1,200から
(2019/6/25 18:36時点)



真田幸村 時代のおもしろばなし 百話: 新選組記念館青木繁男調べ・知り・聞いた秘話を語る

新品価格
¥1,458から
(2019/6/25 18:37時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


和歌山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

慈尊院(和歌山県九度山町) 世界遺産の女人高野の御朱印

2019.06.24(19:53) 324

母の御恩に「乳」を見た(2014.6.24)

<コース>
南海電鉄難波(6:29) → (急行) → 南海橋本(7:18→7:22) → 九度山(7:33) → 徒歩25分 → 慈尊院

142-1-1.jpg
万年山 慈尊院(高野山真言宗)

 好天に恵まれた6月下旬、新緑の紀州路へ。和歌山と言えば真言宗の総本山、高野山を擁する空海所縁の地ですが、今回は少し手前の九度山で下車。

 今は南海電車終点の極楽橋からケーブル&バスで大門まで直ぐですが、昔は国鉄高野口駅からひたすら山道を20㎞歩いての巡礼でした。随分と楽になったものです。

 九度山から徒歩20分の慈尊院(じそんいん)は高野山表参道にある寺院。

 弘仁7年(816年)に空海が嵯峨天皇から高野山の地を賜った際に、この雨引山麓に表玄関として伽藍を創設したのが始まり。弥勒菩薩を祀り、寺務所・宿坊も兼ねた施設でした。

 空海の母・阿刀氏(あとじ)は息子の開いた高野山を訪れようとしましたが、当時山内は七里四方が女人禁制。そのため麓にあるこの寺に滞在し弥勒菩薩を信仰する日々に。

 それを聞いた空海は月に九度、20㎞を越える山道を越えて母に会いに来たと言われます。これが今に続く高野山町石道(ちょういしみち)。

 母が承和2年(835年)に亡くなった際に、空海は弥勒菩薩と母親の霊を祭る廟堂を建立しますが、これが後に慈尊院と呼ばれる事になります。

 慈尊とは弥勒菩薩の別名、九度山の由来は弘法大師が母親に会うため月に九度下りてきたことによると初めて知りました。

 余りにも出来すぎた話ですが、空海の母の事も相まって女人結縁の寺・女人高野として知られるようになります。有吉佐和子の『紀の川』にも登場、境内には布で作った乳房のお守りが奉納されています。

 願掛けも「乳癌治癒」「安産祈願」といった内容が多く、古来女性命が種々の危険に晒されたためでしょうか。寺院でこのようなものを見るのは珍しいですが、出家した空海も母親の恩は忘れがたいものであったという事でしょう。

 この近くの名手から全身麻酔により乳癌の摘出をした華岡青洲がでたのも何かの奇縁を感じます。

142-1-3.jpg
JR和歌山線高野口駅前に立つ「葛城館」
かつては高野山巡礼の人々の宿泊施設だったが、今は営業せず文化財となっているのみ。保存を考えたらもう少し活用しても良いのでは?尚、いつの間にか和歌山線が1時間に1本になっていた。

142-1-2.jpg
大和街道に立つ前田邸宅
横は高野口郵便局。

142-1-4.jpg
重文・本堂(弥勒堂)
本尊は弥勒仏坐像で秘仏。因みに朝8時撮影。

142-1-5.jpg
1624年再建の多宝塔

142-1-6.jpg
慈尊院の絵馬
女人高野と弘法大師の母が住まれたことに由来。願掛けも「乳癌治癒」「安産祈願」といった内容が多い。

142-1-7.jpg
慈尊院奥にある丹生官省符神社
弘法大師が慈尊院創建時に建立したとされる。丹生は乳と音が一緒だが、古来、丹生は水銀の産地であることが多い。水銀は奈良の大仏の金鍍金に使用された。

142-1-8.jpg
慈尊院御朱印   
弥勒佛の墨書。

[参考書]

和歌山県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 16:49時点)



和歌山県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

新品価格
¥977から
(2019/7/29 16:39時点)



神と仏の道をたどる 神仏霊場 巡拝の道 公式ガイドブック

新品価格
¥1,620から
(2019/6/24 19:47時点)



御朱印でめぐる高野山 (地球の歩き方御朱印シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2019/6/24 19:51時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


和歌山県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

久安寺(大阪府池田市) 紫陽花に囲まれた花の寺の御朱印

2019.06.22(18:15) 323

大たくさんの花に囲まれて(2019.6.21)

<コース> 電車は日中10分間隔、バスは30分間隔で運転
阪急電鉄梅田駅(7:27) → (急行宝塚線20分) → 池田(7:47) → 西のりば4番(7:53) → (阪急バス20分) → 久安寺(8:13) → 久安寺 → 久安寺バス停(10:58) → (阪急バス20分) → 池田(11:20) → 阪急電鉄梅田駅

140-2-1.jpg
大澤山 久安寺(高野山真言宗 関西花の寺二十五霊場第十二番)

 未だ梅雨入り発表のない蒸し暑い6月下旬、涼を求めて摂津から丹波亀岡に抜ける街道沿いへ。

 この付近は池田市街地からやや高台の伏尾台という場所。元来は山ですが、最近は山を開いて住宅地ができているので、阪急池田の駅前からは30分毎にバスが運行。比較的行きやすい場所です。

 大澤山久安寺(だいたくさんきゅうあんじ)の歴史は古く、寺伝によれば

『神亀2年(725年)、聖武天皇の勅願を受け行基が開創した安養寺が前身で、天長年間(824~833年)に空海が真言密教の道場として中興。

保延6年(1140年)火災に拠り諸堂は焼失するが仏像は被害を免れ、久安元年(1145年)に近衛天皇の勅願所となり賢実上人が伽藍を整備、以後は久安寺と呼ばれる。

安土桃山時代には豊臣秀吉がここで月に茶会を開き、江戸中期には歌人平間長雅が移り住んだ。往時は49院の坊舎があったが、今に残るのは本坊の小坂院のみである。』

とあります。

 畿内の寺院の例に漏れず、戦乱の被害を受けましたが、いまに至るまで【堅実】に時を刻んでいるようです。

 バス停で降りると山越えの道沿いに優美な楼門が、寺内で唯一室町時代の建築で重要文化財。入山はここではなく横の扉からとなっています。

140-2-2.jpg
バス停から楼門へ
入山は横の格子扉から

140-2-3.jpg
重文・仁王門
応永時代の建築で、「水平のない軒反り」という技法を用いている。

140-2-4.jpg
楼門から参道を見る

140-2-5.jpg
楼門を振り返る

140-2-6.jpg
紫陽花が通路まではみ出ている参道

140-2-7.jpg
参道の紫陽花

140-2-8.jpg

140-2-9.jpg

140-2-10.jpg
参道から楼門を見返る

140-2-11.jpg
本坊横の参道を通り受付へ

140-2-12.jpg
本坊前にて
かつてあった49坊の内、唯一残った小坂坊が本坊になった。明治以降、住居・寺務所を兼ねる。

140-2-13.jpg
本坊薬医門

140-2-14.jpg
本坊前庭
茶室「雅千庵」「住心庵」「喜楓亭」を持つが拝観不可。

140-2-15.jpg
水盤越しの本坊

140-2-16.jpg
水盤に入れられた紫陽花
花の日持ちは3~4日程度らしい。

140-2-17.jpg
水盤の向こうの受付
右は榧の老木。

140-2-18.jpg
受付正面の榧の老木
秀吉が茶会の際に手植えしたもので、今でも実を多く付ける。

140-2-19.jpg
受付横の手水場
ここにも紫陽花が。

140-2-20.jpg
紫陽花越しに受付を望む

140-2-21.jpg
鐘楼前にて

140-2-22.jpg
鐘楼の周辺にて

140-2-23.jpg
品種「スミダノハナビ(墨田の花火)」

140-2-24.jpg
品種「ウズアジサイ」

140-2-25.jpg
御影堂(遍照殿)への石段

140-2-26.jpg
御影堂前の紫陽花

140-2-27.jpg
御影堂から本堂へ

140-2-28.jpg
久安寺本堂
本尊は秘仏・千手観音。

140-2-29.jpg
本堂より境内を見る

140-2-30.jpg
本堂から見た三十三所堂
西国観音霊場を祀る。奥は阿弥陀堂。

140-2-31.jpg
三十三所堂前にある普供養の庭

140-2-32.jpg
普供養の庭

140-2-33.jpg
本堂から三十三所堂前に至る回廊

140-2-34.jpg
三十三所堂前の紫陽花

140-2-35.jpg
三十三所堂前から本堂を望む

140-2-36.jpg
紫陽花の細道を抜ける

140-2-37.jpg
行く手に本堂が見える

140-2-38.jpg
紅葉が美しい本堂と回廊付近

140-2-39.jpg
回廊から見た本堂裏庭

140-2-40.jpg
裏庭から回廊を見る

140-2-41.jpg
バン字池と本堂

140-2-42.jpg
両果の道へ

140-2-43.jpg
境内最奥の舎利殿へ続く両果の道
左が庭園・虚空園、右はア字山

140-2-44.jpg
虚空園の顎紫陽花

140-2-45.jpg

140-2-46.jpg

140-2-47.jpg
前方に舎利殿が見える

140-2-48.jpg
寺の発祥となった朱雀池と地蔵堂

140-2-49.jpg
開基行基像

140-2-50.jpg
舎利殿涅槃堂(仏塔)
大正時代まで本堂のあった地で、6.4mの涅槃石像を祀る。

140-2-51.jpg
舎利殿脇の沙羅双樹
天竺の沙羅とは別所で和ナツツバキと呼ばれるもの。

140-2-52.jpg
地面に落ちた沙羅双樹の花

140-2-53.jpg
両果の道を戻る

140-2-54.jpg
朱雀池畔にて

140-2-55.jpg

140-2-56.jpg
豊臣秀吉が茶会で腰掛けた石

140-2-58.jpg
薬師堂(瑠璃光殿)前にて

140-2-59.jpg
本堂前

140-2-60.jpg
本堂前の「カシワバアジサイ」

140-2-61.jpg
カシワバアジサイの向こうにある薬師堂

140-2-62.jpg
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)

140-2-63.jpg
鐘楼横の顎紫陽花

140-2-64.jpg
受付の榧の老木前に戻る

140-2-65.jpg
本坊の塀と石垣

140-2-66.jpg
ウズアジサイ(渦紫陽花)

140-2-67.jpg
楼門前の塀

140-2-68.jpg
久安寺説明書

140-2-69.jpg
久安寺御朱印(関西花の寺)
華菩提と墨書。但し、菩提は梵字。

140-2-70.jpg
4年前の御朱印(本尊)

140-2-71.jpg
池田市マンホール蓋

140-2-72.jpg
池田市マンホールカード     配布場所はこちら

140-2-73.jpg
新たに登場した池田市マンホール蓋
秋にはカードが発行されるという話も…。

140-2-74.jpg
池田伏尾台郵便局 ; 重文・久安寺楼門、市マスコット・ウォンバット
池田郵便局 ; ウォンバット、五月山の大文字、大一文字

[参考書]

大阪府の歴史散歩 上 大阪市・豊能・三島 (歴史散歩 27)

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 17:00時点)



北摂歴史散歩

中古価格
¥500から
(2019/7/29 17:01時点)



関西花の寺二十五カ所の旅 (エコ旅ニッポン)

中古価格
¥2,480から
(2019/6/22 19:03時点)



花の寺社・名所あるき 関西 (大人の遠足BOOK)

中古価格
¥1,086から
(2019/6/22 19:05時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大阪府 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

石薬師寺(三重県鈴鹿市) 宿場の名にもなった石薬師様の御朱印と超絶御朱印帳

2019.06.21(23:09) 322

東海道鈴鹿四宿盛衰記(2017.6.23)

<コース>
JR天王寺(5:35) → JR奈良(6:19→6:39) → JR加茂(6:54→6:55) → JR亀山(8:19→8:40) → JR河曲(8:54) → 徒歩40分 → 石薬師寺 → 徒歩60分 → 庄野宿 → 徒歩20分 → JR加佐登(11:58) → JR亀山(12:09) → 徒歩20分 → 亀山宿 → JR亀山(13:14) → JR関(13:21) → 徒歩5分 → 関宿 → JR関(15:21) → JR加茂(16:35→16:45) → JR大阪(18:09)

141-1-1.jpg
高富山 瑠璃光院 石薬師寺(真言宗東寺派)

 国道1号は東海道沿いですが、国鉄東海道線は宮(熱田)からはかつての中山道回り。

当時は鈴鹿の山脈を貫く技術がなかったからと言われます。その後、旧東海道は

関西本線+草津線となりますが幹線から外れたためか、却って昔の雰囲気を残しています。

石薬師(44番)と庄野(46番)はわずか4㎞ですが、どっちも駅からちょっと遠い。

なんでも駅を誘致する際に「お茶が汽車の煙で枯れる!」といって地元が猛反対したのが理由とか。

鉄道が通れば駅があろうとなかろうと結局は同じことですが…。

 無人駅の多い関西本線の河曲で下車して石薬師宿まで徒歩40分。

途中、本陣や佐々木信綱生家を見て国道1号線沿いに下ると、

自動車がひっきりなしに通る直ぐ脇に寺院が。

141-1-2.jpg
石薬師小沢本陣跡
宿帳には浅野内匠頭の名もあるとか。

141-1-3.jpg
石薬師宿にある佐々木信綱生家
萬葉集の第一人者で第一回文化勲章受章。俵万智さんもこの流れを汲む。

141-1-4.jpg
生家内部

141-1-5.jpg
生家横にある佐々木文庫

 石薬師寺は宿場の名前にもなった古刹。歌川廣重の保永堂版東海道やゴッホの絵にも描かれています。

高富山瑠璃光院石薬師寺(たかとみざんるりこういんいしやくしじ)の寺伝に拠れば、

『聖武天皇の神亀3年(726年)、白山開山で知られる泰澄が、

この地で大地が鳴動し巨石が出現する事象に遭遇。

これは薬師如来が衆生利益にため「金輪際」から示現されたと悟り、草庵を設けたのが嚆矢。

その後、空海が巨石に薬師如来を刻み開眼法要を行ったので、人々の信仰が篤く、

嵯峨天皇は勅願寺とし高富山西福寺瑠璃光院と称した。

 その後、天正年間には織田氏の兵火に会い焼失。

漸く江戸時代になって神戸城主一柳氏により諸堂が再建。

元和2年(1616年)には東海道の宿駅の名から石薬師寺と改称した。』 とあります。

141-1-6.jpg
1号線沿いにある石薬師寺裏門

141-1-7.jpg
本堂へ向かう参道

141-1-8.jpg
廣重が描いた寛永6年(1629年)再建の薬師堂(本堂)
石に薬師さんを彫ったとか。薬師さんだけに医師には関りがある?

141-1-9.jpg
東海道五十三次石薬師(保永堂版)

 山号の高富山は廣重の絵で寺の後方に描かれている山。

昔は高飛山と書き、これは当地で亡くなった日本武尊が白鳥となって飛び立った事に由来します。

三重の語源も日本武尊が疲労から足が三重になったことから来ていますから、

三重県は日本武尊には縁があるようです。

尤も皇室の祖先神の天照大御神を祀るのが伊勢神宮ですから不思議ではありません。

 寺の名前から宿場名が出来たと思いましたが実際は逆。本尊は巨石に刻んだ薬師如来なので、

こちらの方が断然分かり易く良いと思います。

石でできたため兵火にも耐え今も秘仏として祀られており年に一回御開帳されているとか。

141-1-10.jpg
本堂と石塔

141-1-11.jpg
本堂より見た石薬師寺境内

141-1-12.jpg
境内の植え込み

 新緑に覆われた境内を散策して御朱印を拝受。

ここのオリジナル御朱印帳は廣重の図案でしかも刺繍製 (¥1,700)。

御朱印帳も残り少なくなってきたこともあり購入しました。

141-1-13.jpg
石薬師寺説明書

0-7.jpg
石薬師寺オリジナル御朱印帳 ¥1,700
布製・大判で見開きにすると廣重の絵になる。

141-1-14.jpg
石薬師寺御朱印

 そのあとは庄野までウォーキング。石薬師同様、駅からの距離がネックです。

庄野は廣重の作品では傑作の呼び声が高いですが実際は簡素な宿場町。

廣重の浮世絵で有名になったとも言えましょう。

鉄道が敷設されなかった故に都市化しなかったと言えますが、国道1号が通って居り

宿場町の雰囲気を残すのは資料館周辺くらいでした。

141-1-15.jpg
東海道沿いにある造り酒屋
銘柄も庄野

141-1-16.jpg
庄野宿資料館
江戸時代の油問屋だった旧小林家の主屋の一部を創建当時の姿に復元。

141-1-17.jpg
廣重の傑作とされる「庄野宿・白雨」

141-1-18.jpg
高札の内容
麻薬や毒を売るなとか、贋金を作るなとか、今も昔も変わらない。

 庄野宿から歩いて加佐登駅まで行き電車で亀山まで。

江戸時代は鈴鹿越えを控えた東海道の要衝で、譜代大名が代々治めた城下町。

城址や武家屋敷が残っているので、観光客が多いかと思いましたがさにあらず。

街並みでは次の関が余りにも有名なので、亀山は通過点なのでしょうか?

141-1-19.jpg
亀山お城見庭園
駅からは坂を上る。

141-1-20.jpg
加藤家屋敷跡
江戸後期亀山城主石川家の家老職、前の道が東海道。

141-1-21.jpg
現役で居住されているここも武家屋敷?

141-1-22.jpg
亀山城隅櫓
廣重の絵でも描かれている。

 亀山に続いて列車で一つ先の関へ。

関の名前は古代に設置された鈴鹿の関に由来しますが、現在まで交通の要衝は変わらず。

鉄道では一駅ですが、名古屋~亀山までは電化でJR東海の管轄。

一方、関は非電化でJR西日本管轄と亀山が分岐点になります。

 関は有松と並んで旧東海道伝統的建造物群が残る場所。

何度も訪問しているので、今回も軽い散策でしたが、同期に教えて貰った名店「初音」にて遅めの昼食。

2時間待ちが出る程の店ですが、平日なのですぐOK。

 30℃を越える暑さのせいでバテ気味でしたが、これで蘇りました。

値段も首都圏よりも安く特製でも¥3,600。わたしにはその程度の贅沢が関の山。

余談ですが「関の山」とはここ関宿の山車を都のものと比べた事に由来しています。

141-1-23.jpg
非電化区間のJR関西本線関駅

141-1-24.jpg
関宿街並み
中央は東海道。

141-1-25.jpg
関宿にある山車の蔵
「関の山」の語源である。

141-1-26.jpg
関の銘菓「関の戸

141-1-27.jpg
銀行も街並みに合わせて。
平成9年度三重県まちづくり賞を受賞。

141-1-28.jpg
かつての高札場は今は郵便局に

141-1-29.jpg
関宿眺関亭より見た西側
大きな屋根は地蔵院。

141-1-30.jpg
関宿1号線沿いの「初音」にて  ひつまぶし¥3,600

141-1-31.jpg
汽車を待つ間に…。
カキ氷¥200、白玉2個¥180

141-1-32.jpg
駅スタンプ

141-1-33.jpg
鈴鹿石薬師郵便局 ; 歌人・佐々木信綱生家、歌川廣重「東海道五十三次・石薬師宿」
鈴鹿庄野郵便局 ; 歌川廣重「東海道五十三次・庄野宿」

[参考書]

三重県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 17:11時点)



三重の建築散歩―歴史を語る建造物とまちなみ50選

中古価格
¥2,607から
(2019/7/29 17:13時点)



東海道ふたり旅: 道の文化史

新品価格
¥2,160から
(2019/6/21 23:02時点)



歩いて旅する東海道

新品価格
¥1,944から
(2019/6/21 23:02時点)



西国四十九薬師巡礼―法話と札所案内

新品価格
¥9,185から
(2019/6/21 23:08時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


三重県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

門戸厄神(兵庫県西宮市) 厄除さまの御朱印

2019.06.20(21:34) 321

仏様が合体した【みょうおう】な寺をとうこう(2018.6.21)

<コース> 電車はいずれも頻発
阪急梅田 → (阪急神戸線) → 西宮北口 → (阪急今津線) → 門戸厄神 → 徒歩10分 → 東光寺

140-1-1.jpg
松泰山 東光寺(高野山真言宗 別格本山)

 午前中に伊丹に所用があり、終わった後の空き時間を使ってのプチ巡礼。阪急今津線の駅から北西に徒歩10分。

 門戸厄神(もんどやくじん)は阪急の駅名では知っていましたが訪問は初。正式には松泰山東光寺(しょうたいさんとうこうじ)と言い関西人には初詣や十九日の厄除祭でよく知られた場所です。

 商売熱心なので新しい寺と思っていましたが由来は古く

 『嵯峨天皇の勅願で弘法大師が開山。

嵯峨天皇が41歳の天長6年(829年)、愛染明王と不動明王が一体化して諸々の厄災を打ち平らげる夢を見た事を空海が聞き愛染明王と不動明王が一体となった厄神明王を三体彫刻。

一体は高野山麓の天野明神へ国家安泰を、次の一体は男山の石清水八幡宮へ皇家安泰を、残る一体は摂津の東光寺へ庶民守護を祈願して祀ったが、現存するのは東光寺のみである。』

とあります。

 合体して強くなるのはウルトラマンエースやバロム1に限ったことではありませんが、庶民の安泰という事と唯一残った事を強調して多くの人々の信仰を得たのでしょう。

 でも国家も皇室も安泰な訳ですから、ここだけ御利益があった訳ではないと思います。まあ細かい事を云っても仕方がありませんが…。

140-1-2.jpg
道路にある標識に従い巡礼

140-1-3.jpg
阪急門戸厄神駅から北西に歩くと道標が

140-1-4.jpg
関所のような南門に到着

140-1-5.jpg
表玄関
正門はこちらから

140-1-6.jpg
表門

140-1-7.jpg
中楼門

140-1-8.jpg
中楼門の天井の彫刻

140-1-9.jpg
中楼門を通り境内を見る
左は厄神堂で、右が薬師堂。

140-1-10.jpg
境内中央に位置する厄神堂
厄神明王を祀る。

 お寺の本尊は薬師如来で薬師如来の住む東方浄土から光が発せられるとの意味から東光寺と名付けられました。

 しかし厄除祈願が由来なので薬師如来ではなく、厄神明王にお参りする人が圧倒的、門の正面にあるのも厄神堂です。私も自身の事と地震の事もあり、厄除を祈願しました。

 平日なので納経も少なめ(以前はいつもそうでしたが…)で直ぐに頂け、中々の達筆。日本三筆の内、二筆が関わった寺院なので当然と言えば当然ですが…。

 門前なのに予想に反して店は殆どなし。高級住宅街なので規制でもあるのでしょうか?もうちょっと【門戸】を開いてくれればと思った次第。唯一あった饅頭屋さんでの甘味とはなりました。

140-1-11.jpg
薬師堂瑠璃光殿
本尊の薬師如来を祀る。

140-1-12.jpg
厄神堂から見た中楼門

140-1-13.jpg
納経所から見た市内

140-1-14.jpg
厄神堂裏の奥の院に向かう

140-1-15.jpg
奥の院の不動明王像

140-1-16.jpg
延命魂(根)
高野山の大師廟のた傍らにあった樹齢800年の杉を持ってきたもの。

140-1-17.jpg
説明板

140-1-18.jpg
南から薬師堂方面を望む

140-1-19.jpg
不動堂と大師堂(右奥)

140-1-20.jpg
表門と中楼門の間にある庭園
なぜか狸が多い。本物が寄ってくるかも。

140-1-21.jpg
庫裡では素人が1泊研修できる

140-1-22.jpg
門戸厄神説明書

140-1-23.jpg
門戸厄神御朱印

140-1-24.jpg
甘味は門前にて ¥130/個

140-1-25.jpg
帰り道も道標に随って

140-1-26.jpg
神戸女学院の校門
ヴォーリズが設計した校舎があったと記憶していたが見学はできず。

[参考書]

兵庫県の歴史散歩〈上〉神戸・阪神・淡路

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 17:20時点)



兵庫 ぶらり歴史探訪ルートガイド

新品価格
¥1,760から
(2019/7/29 17:20時点)



大阪・兵庫 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内

新品価格
¥1,728から
(2019/6/20 21:33時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


兵庫県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

丹州観音寺(京都府福知山市) 紫陽花に囲まれた古刹の御朱印

2019.06.19(21:02) 320

紫陽花寺にいざ、行かんのん?(2019.6.18)

<コース> 電車は日中1時間毎に運転
JR京都(6:37) → JR石原(8:33) → 徒歩15分 → 丹州観音寺 → JR石原(10:58) → JR福知山(11:03→15:54) → JR園部(17:12→17:16) → JR京都(17:53)

138-5-1.jpg
補陀落山 観音寺(真言宗 関西花の寺の二十五ヵ所霊場第一番札所)

 世間では紫陽花が見頃を迎えているので花を求めて丹波へ。

 地元の人と思しき3人のみ下車した無人の石原(いさ)駅から東へ徒歩15分。古刹の多い丹波地方ですが大部分は駅から5㎞以上の場所。ここは未だ近い方かと思いつつ目的地に到着。

 補陀落山観音寺(ふだらくさんかんのんじ)、寺伝に拠れば、

 『養老4年(720年)、天竺の渡来僧法道上人が十一面千手観音菩薩を刻んで祀ったのが始まりで、応和元年(961年)に空也上人が七堂伽藍を整え再興。

平安末には塔頭十余を数え、鎌倉時代には執権北条氏の、室町時代には将軍足利氏や丹波守護細川氏の庇護を受け繁栄するが、明智光秀に逆らったため天正4年(1576年)に仁王門を残し全山焼失。3年後に再建された。

江戸時代には歴代福知山藩主の庇護を受けるが徐々に衰退した。』

とあります。

 法道上人は丹波地域の寺を創建したとされる伝説的な僧侶。真偽は兎も角、古くから信仰を集めた寺院であったのは間違いないようです。

 情け深い君主と言われる光秀ですが戦略のためには容赦しませんでした。ここも時代の荒波を受け浮沈を繰り返しますが、関西花の寺二十五ヵ寺の第一番札所になった事が上昇の契機に。

 関西には西国及び新西国三十三ヵ所がありますが、花を前面にアピールしたのが功を奏したと言えます。山号の補陀落山は西国一番の青岸渡寺と同じなので一番になったのでしょうか?

138-5-2.jpg
道路から道を中に数百m入ると観音寺

138-5-3.jpg
簡素な山門

138-5-4.jpg
仁王門前にて
9時前なのでテレビ局(関西TV)の方が撮影中。

138-5-5.jpg
寺標

138-5-6.jpg
仁王門近影
創建当時の物は明治29年(1896年)に倒壊し、昭和6年(1931年)に鎌倉様式で再建。

138-5-7.jpg
仁王阿像

138-5-8.jpg
仁王吽像

138-5-9.jpg
仁王門を過ぎ受付(右奥)に向かう

138-5-10.jpg
紫陽花越しに仁王門を振り返る

138-5-11.jpg
受付から仁王門を望む
拝観¥350 は9時からであるが15分前でも入れて貰えた。

138-5-12.jpg
参道を通り庫裏(右手)へ

138-5-13.jpg
庫裏への階段前から入口を望む

138-5-14.jpg
正面の庫裏へ向かう

138-5-15.jpg
石段下で清める

138-5-16.jpg
庫裏への門

138-5-17.jpg
庫裏にある大聖院(左)と寺務所(右)
御朱印はここで拝受し、その間に山内を巡礼。

138-5-18.jpg
大聖院の縁側から紫陽花の咲く庭に対す

138-5-19.jpg
紫陽花の間の七観音霊場を通り「嘆きの展望台」へ

138-5-20.jpg
霊場途中からみた大聖院

138-5-21.jpg
「嘆きの展望台」に到着
書かれた文には思わず笑ってしまう。

138-5-22.jpg
展望台から本堂へ向かう道にて

138-5-23.jpg
かっぱ池の周囲にて

138-5-24.jpg

138-5-25.jpg

 境内には至る所に紫陽花が植えられていますが、歴史は新しく戦後になって植えられたもの。本堂で伺った話では、眼病平癒を願って回復した人がそのお礼に紫陽花を植えたのが嚆矢で、その後植える人が続いたとか。紫陽花は挿し木で増えるので選ばれたのでしょうか?吉野山の桜に通じる話です。そういえば眼病に御利益のある長岡京市の楊谷寺も紫陽花寺。観音寺の説明書では、眼病が治り再び光明を得た御礼に七色に変化する光の花・紫陽花を植えたとありますが、偶然ならば目をみはる話です。

 本尊の御利益で面白いのは「財宝観音」。大金持ちではなく日々の小遣い銭を得るには効果があるとか。「西方観音」がいつしか訛って「財宝観音」になったそうですが、老後資金¥2,000万円は難しいですが、日々の小遣いがあれば何とか【至近】のやりくりはできると言うもの。「人生に必要なのは少々のお金」とはチャップリンの言葉だったでしょうか?大金を持つと碌な事にはならないようなので私もしっかり御願いしてきました。

138-5-26.jpg
寛政7年(1795年)に完成した本堂(観音堂)

138-5-27.jpg
本堂前面の垂木に「一番札所」の看板が

138-5-28.jpg
本堂前から弁天池を見る

138-5-29.jpg
本堂内陣の欄間彫刻
作者は中井権次。丹波氷上の出身で柏原藩の宮大工。神社仏閣の彫刻を得意とした。初代から9代に亘るが、6代目以降は権次を名乗ったのでだれに相当するかは分からず仕舞い。

138-5-30.jpg
本堂前の慈母観音

138-5-31.jpg
本堂右手の「観音杉」

138-5-32.jpg
観音杉越しに見た本堂

138-5-33.jpg
本堂前の紫陽花

138-5-34.jpg
弁天池畔にて

138-5-35.jpg
不動堂脇にて

138-5-36.jpg
本堂境内の紫陽花

138-5-37.jpg

138-5-38.jpg

138-5-39.jpg

138-5-40.jpg

138-5-41.jpg

138-5-42.jpg
本堂から向かいの庫裏へ

 ここの小藪実英住職は高野山で教務について居られたそうで、境内には自作の絵や言葉が掲げてあります。決して上から目線ではありませんが読むと妙に納得するのが不思議。庫裏の前庭には珍しい紫陽花も栽培されて居り、訪れる人が熱心に見入っていました。企業に勤めても企画や営業で業績をあげたのではないでしょうか?
 どこのお寺も待っているだけでは駄目で、人を呼び込む努力をしないといけないとの教えでしょう。

138-5-43.jpg
寺務所前にある「あじさい園」

138-5-44.jpg
あじさい園には珍しい品種が植えられている
一般に比べて、小ぶりなものが多い。

138-5-45.jpg

138-5-46.jpg

138-5-47.jpg

138-5-48.jpg

138-5-49.jpg

138-5-50.jpg

138-5-51.jpg

138-5-52.jpg
あじさい園を散歩する「小国鶏」のつがい
餌を貰おうと出てきたところ

138-5-53.jpg
拝観を終えて入口へ

138-5-54.jpg

138-5-55.jpg

138-5-56.jpg

138-5-57.jpg

138-5-58.jpg

138-5-59.jpg
仁王門を出る

138-5-60.jpg
仁王門前の畑にある紫陽花
地元の農家により育成されており、観音寺の紫陽花が枯死したらここのものを移植するとか。

138-5-61.jpg
観音寺説明書

138-5-62.jpg
観音寺オリジナル御朱印帳
紫陽花が刺繍されている

138-5-63.jpg
23年前に拝受した関西花の寺の観音寺御朱印

138-5-64.jpg
今回拝受した紫陽花期間の御朱印
小藪住職に拠るデザイン

138-5-65.jpg
福知山石原郵便局 ; 福知山城、戸田橋、アジサイ
福知山郵便局 ; 福知山城、福知山おどり、三岳山、由良川

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 17:25時点)



各駅停車全国歴史散歩 (27) 京都府

中古価格
¥900から
(2019/7/29 17:26時点)



関西 花の寺二十五カ所―四季の花とみ仏をたづねて (歩く旅シリーズ―古寺巡礼)

中古価格
¥1,641から
(2019/6/19 21:29時点)



関西花の寺二十五カ所の旅 (エコ旅ニッポン)

中古価格
¥2,480から
(2019/6/19 21:30時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

慈恩寺観音(埼玉県さいたま市) 坂東三十三ヵ所第十二番札所の御朱印

2019.06.18(22:52) 319

三蔵法師所縁の寺の現状は?(2015.6.20)

<コース>
JR横浜(6:37) → JR宇都宮(8:58) → 宇都宮西口(9:20) → 関東バス大谷立岩線 → 大谷観音前(9:46) → 大谷資料館・大谷観音 → 大谷観音前(11:43) → 関東バス大谷立岩線 → 宇都宮西口(12:09) → JR宇都宮(13:33) → JR大宮(14:41→14:45) → 東武豊春(15:01) → 徒歩20分 → 慈恩寺 → 徒歩20分 → 東武豊春(16:15) → 東武大宮(16:32→16:40) → JR横浜(17:49)

 宇都宮の後は都心に戻りますが、少し時間があったので埼玉県で唯一残った札所へ巡礼。

 華林山最上院慈恩寺(かりんざんさいじょういんじおんじ)は県庁のさいたま市の東の岩槻区。他の三ヵ寺が比企にあるのにここだけ外れています。

 県庁といってもそれほど繁華ではなく山奥でもなく、不思議な場所です。寺伝では

『天長元年(824年)慈覚大師に拠り開創、大師が入唐求法の折に学んだ長安にある大慈恩寺に因み名付けたとされる。』

とあります。慈覚大師は下野の出身で関東・東北に所縁があるので、ここの開基というのも真実味があります。

 かつては十三万坪の敷地と六十六ヵ坊を有する大寺でしたが、江戸・明治期に三度の火災により多くが灰燼に帰しました。

 訪れた時は丁度本堂の工事中で、壮大な本堂は足場に覆われて見えず。御朱印は拝受できましたが、御朱印だけに寄った形になってしまいました。

 そのまま帰るのはつまらんので境内を歩くと、奥に玄奘塔がありました。寺名の由となった大慈恩寺は唐の太宗李世民が天竺から帰朝した玄奘のために建立した寺。そこで大日般若経の漢訳を行ったと言われます。

 仏教経典の漢訳といえば鳩摩羅什と玄奘三蔵が双璧ですが、鳩摩羅什の法華経が意訳であるのに対し、玄奘のものは一字一句丁寧に直訳したことが特徴。

 その遺骨は永らく不明でしたが昭和17年に南京郊外で偶然発見され一部が日本に贈られましたが、同じ名ということで昭和25年に奉安されたようです。

 札所の現状は工事中でしたが、代わりに仏教界の大立者玄奘三蔵所縁の史跡を見た事で良しとしました。

139-2-1.jpg
華林山 最上院 慈恩寺(天台宗 坂東三十三ヵ所第十二番札所)
玄奘塔の入口。

139-2-2.jpg
玄奘塔

139-2-3.jpg
慈恩寺説明書

139-2-4.jpg
慈恩寺御朱印

[参考書]

埼玉県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/7/29 17:33時点)



坂東三十三ヵ所めぐり (楽学ブックス)



坂東三十三ヶ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド

新品価格
¥1,782から
(2019/6/17 19:00時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


埼玉県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2019年06月
  1. 法泉寺(京都府京田辺市) 戦火を潜り抜けた石塔のある御朱印(06/30)
  2. 雪舟寺(京都市東山区) 雪舟庭園の御朱印(06/29)
  3. 天得院(京都市東山区) 桔梗の寺の御朱印(06/28)
  4. 東福寺(京都市東山区) 京都五山の御朱印(06/27)
  5. 大龍寺(神戸市北区) 空海と龍が再び訪れた寺の御朱印(06/26)
  6. 真田庵(和歌山県九度山町) 真田親子所縁の寺院の御朱印(06/25)
  7. 慈尊院(和歌山県九度山町) 世界遺産の女人高野の御朱印(06/24)
  8. 久安寺(大阪府池田市) 紫陽花に囲まれた花の寺の御朱印(06/22)
  9. 石薬師寺(三重県鈴鹿市) 宿場の名にもなった石薬師様の御朱印と超絶御朱印帳(06/21)
  10. 門戸厄神(兵庫県西宮市) 厄除さまの御朱印(06/20)
  11. 丹州観音寺(京都府福知山市) 紫陽花に囲まれた古刹の御朱印(06/19)
  12. 慈恩寺観音(埼玉県さいたま市) 坂東三十三ヵ所第十二番札所の御朱印(06/18)
次のページ
次のページ