fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

薬師院 牡丹園 (兵庫県明石市魚住町西岡) <薬師院 其の弐>

2022.07.31(21:49) 1188

ぼたんの寺(2022.4.23)

<コース>
【往路】阪神梅田(7:27) → (直通特急) → 明石(8:32→8:33) → 魚住(8:47)

魚住 → 徒歩10分 → 薬師院 → 徒歩8分 → 住吉神社 → 徒歩5分 → 魚住(10:50)

331-2-1.jpg
清冷山 閼伽寺 薬師院(高野山真言宗 播磨八薬師第一番霊場)

 御本尊の御薬師様と境内社に参拝した後は、もう一つのメインの牡丹へ。

 『明治10年(1877年)には住職が薬用にするために牡丹を植樹。

昭和30年(1955年)には牡丹園及び前庭が拡張整備された。

平安時代以来の臥龍松は昭和20年(1945年)に枯死したが、

現在は2千㎡の庭園に50種、2000株の牡丹が咲くボタン寺として知られる。』

とあります。

331-2-2.jpg
境内の前庭の牡丹

331-2-3.jpg
白牡丹

331-2-4.jpg
ピンクの牡丹

331-2-5.jpg
牡丹とは違う花も彩を添える

 芍薬では聞いたことがありますが、牡丹も薬用にするとは寡聞にして知らず。

外見も似ているので、根に同じような効用があるのでしょう。

薬用にするのであれば、もっと古い時代から植えられていても良さそうですが、

本格的に植えられたのは明治になってからというのも驚きでした。

331-2-6.jpg
前庭全景

331-2-7.jpg
境内の北西にある納経所が庭園への入口

331-2-8.jpg
納経所脇に建つ不動堂

 境内を一巡して牡丹園拝観に向かいましたが、何と入口には開園中止の貼り紙が。

お寺の方が、境内を掃除されていたので尋ねると、

夫人;「コロナが未だ収まらないので、3年続きで中止です。」

和辻;「開花状況はどうでしょう?」

夫人;「丁度、今が見頃です。残念ですが…。」

との事。播磨まで足を運んだものの閉園と聞きがっくり。

境内に植えられた少しの牡丹と塀越しに僅かに見える牡丹園でお茶を濁すしかありませんでした。

お薬師様も外来のウイルスには効き目が薄いのでしょうか?

事前にパソコンで調べた積りでしたが、チェック漏れがあったのでしょう。

とんだ【ボタンのかけ違い】で、来年以降の再訪になりました。

331-2-9.jpg
無念の貼り紙

331-2-10.jpg
塀越しに見る牡丹園

331-2-11.jpg
山門の西側にある牡丹園への門

331-2-12.jpg
牡丹園への門から見た牡丹園

331-2-13.jpg
牡丹園の西側

331-2-14.jpg
牡丹園の東側

331-2-15.jpg
山門前の池の睡蓮

[参考書]

兵庫県の歴史散歩〈下〉東播磨・西播磨・丹有・但馬

新品価格
¥1,320から
(2022/7/30 23:45時点)



行基と歩く歴史の道

新品価格
¥2,200から
(2022/7/30 23:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト




和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


兵庫県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

薬師院 (兵庫県明石市魚住町西岡) <薬師院 其の壱>

2022.07.30(23:48) 1187

霊水から生まれたお薬師様(2022.4.23)

<コース>
【往路】阪神梅田(7:27) → (直通特急) → 明石(8:32→8:33) → 魚住(8:47)

魚住 → 徒歩10分 → 薬師院 → 徒歩8分 → 住吉神社 → 徒歩5分 → 魚住(10:50)

331-1-1.jpg
清冷山 閼伽寺 薬師院(高野山真言宗 播磨八薬師第一番霊場)

 春の青春18きっぷと共に桜も終了。次に開花するのは牡丹か藤ですが、今年は牡丹に的を絞って訪問する事に。

関西には牡丹で知られた場所は何ヵ所かありますが、自宅からの交通費が片道2千円を越えない場所となると

明石、五条、長岡京くらいのもの。

開花状況はその年の気温に左右されますが、先ずは気温が高いだろうと思われる山陽路の魚住へ。

 牡丹の寺・薬師院として歴代の駅スタンプにも描かれている花の寺ですが、付近一帯は住宅地なので

観光地が少ない事もあるのでしょう。

 今回は阪神梅田駅から快速特急を利用。JRに比べて時間は掛かり、明石で普通に乗換えなければなりませんが、

寺へはJRより近く乗換時間も1分なので、時間のロスは殆どなしでした。

 駅から県道718号に沿って西へ向かい、瀬戸川付近にある案内板に従って少し南へ行くと、

酒造メーカーや地元の工場先にお目当ての寺院が。

331-1-2.jpg
JR魚住駅スタンプ
(上)1990年代の神戸支社印  (下)2006年設置の神戸支社印

331-1-3.jpg
県道、瀬戸川付近にある案内板

331-1-4.jpg
このような細い道を西へ

 清冷山閼伽寺薬師院(せいれいざんあかでらやくしいん)は、

『寺伝に拠れば天平2年(730年)、行基が開基。

この地を訪れた行基が錫杖を地面に突き立てると霊水が湧き出し、そこから薬師如来が出現。

そこでその像を祀るために薬師院を創建し、祀ったのが嚆矢とされる。

331-1-5.jpg
山門前に到着

331-1-6.jpg
門前の池と睡蓮
亀に餌をやらないで!とあるが、飼っていたミドリガメをここに捨てる人も多いのでは?

331-1-7.jpg
山門近影

331-1-8.jpg
山門の奥に見える本堂

 延喜年間には仁和法親王、阿頂僧正がここに止宿。七堂伽藍を整備し、坊舎は二十余りを数えた。

天喜5年(1057年)には臥龍松が植えられ、養和8年(1181年)には天王神社が勧請されるなど隆盛を迎えた。

 しかし応仁2年(1468年)に兵火に罹り、堂宇は炎上。

その時に焼けた経類を埋めたのが現在境内に残る経塚とされる。

その後、再建されるが天正7年(1579年)の三木合戦で再び堂宇は炎上。

唯、その際に本尊は天王林に飛び難を逃れたとされる。

331-1-9.jpg
山門を潜った先に見える境内

331-1-10.jpg
正面から見た本堂

331-1-11.jpg
本堂前にも少しの牡丹が…

331-1-12.jpg
本堂由緒

331-1-13.jpg
本堂に掲げられた「清冷山」の扁額

331-1-14.jpg
本堂向拝の欄間彫刻

331-1-15.jpg
向拝下部分

 江戸時代の元和5年(1619年)に朱印寺となり、明暦3年(1657年)には中興開山の舜恵及び

舜雄法印に拠り再建が始まり、明暦5年に舜雄法印が現在の本堂を建立。

延宝4年(1676年)には舜算法印が本堂屋根を瓦葺とし、鐘楼堂も建立。

元禄8年(1695年)には門前の蓮池に石橋が架けられ今に至る寺容が整えられた。』

とあります。

331-1-16.jpg
四国八十八ヵ所御砂踏霊場

331-1-17.jpg
鐘楼と石地蔵群

331-1-18.jpg
経塚と五輪塔

331-1-19.jpg
経塚の説明

331-1-20.jpg
臥龍の松

331-1-21.jpg
臥龍の松の根元部分

331-1-22.jpg
境内にある「閼伽井の庭」

331-1-23.jpg
閼伽井の庭
中央奥の井戸が閼伽井か?

331-1-24.jpg
御手水も龍吐ではなく牡丹

 行基の開創は伝説的ですが、観音信仰・浄土信仰に比べると薬師如来は古い寺院に多いので、

播磨の古刹であることは確実。

山号寺号の清冷・閼伽は霊水に由来する名前で、衛生状態も良くない時代にあって人々に清冽な水を供給した

と考えるのが普通でしょう。信心深い人が聞くと【冷水を浴びせられた】様に思うかもしれませんが…。

331-1-25.jpg
本堂から石段を上り天皇神社へ

331-1-26.jpg
天王神社の鳥居

331-1-27.jpg
天皇神社御由緒

331-1-28.jpg
天皇神社拝殿

331-1-29.jpg
天王神社から当寺境内を望む

331-1-30.jpg
薬師院説明書

331-1-31.jpg
薬師院御朱印

[参考書]

兵庫県の歴史散歩〈下〉東播磨・西播磨・丹有・但馬

新品価格
¥1,320から
(2022/7/30 23:45時点)



行基と歩く歴史の道

新品価格
¥2,200から
(2022/7/30 23:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


兵庫県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

楞厳寺 関西・花の寺 (京都府綾部市舘町) <楞厳寺 其の弐>

2022.07.29(20:50) 1186

密を避けてミツバツツジを見つ(2020.4.9)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(5:55) → JR京都(6:27→6:37) → JR園部() → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

JR東舞鶴 → 徒歩10分 → 赤れんがパーク → レンタサイクル50分 → 多禰寺 → 赤れんがパーク → JR東舞鶴(13:21) → JR綾部(13:56) → 駅前観光案内所 → レンタサイクル25分 → 楞厳寺

【復路】JR綾部(16:06) → JR園部() → JR京都(17:53→17:59) → JR大阪(18:29)

330-5-1.jpg
塩岳山 吉祥院 楞厳寺(高野山真言宗 関西花の寺霊場第二番)

 絵と並んで楞厳寺を特徴づけるのが境内を彩る花々。関西花の寺第二番札所とされるもの故なしとはしません。

『楞厳寺境内は往時に比べ狭くなったものの、境内は庫裏の前の池一帯と背後の山まで広がり、

その中に四国八十八ヵ所巡りの小径が続く。

 四月初旬のソメイヨシノが散ると、境内は一年で最も華やかな季節を迎える。

池を挟んで庫裏の対岸にある丘全体がミツバツツジの薄紅色に覆われ、水面に淡い紅が照り映える。

八十八ヵ所巡りの小径はミツバツツジの花のトンネルとなり、丘の頂上からミツバツツジと

山桜に包まれた境内の全景を眺めることが出来るのは四月中旬の10日間程である。

330-5-2.jpg
境内案内図

330-5-3.jpg
ミツバツツジの花

330-5-4.jpg
ミツバツツジの丘から池を挟んで山門を見る

330-5-5.jpg
ミツバツツジの丘

330-5-6.jpg
ミツバツツジの丘全景

330-5-7.jpg
境内からの丘の眺望

330-5-8.jpg
同じく境内からの眺望

 夏の夜明けには境内の池に水面を覆いつくす様に20数種類の蓮の花が咲き誇り、

参拝者を浄土の世界へ誘う。

 秋には参道の両側の銀杏の巨木が黄金色に色付き、池を縁取ってミツバツツジとモミジが黄から橙、

赤へと見事なグラデーションを見せる。

 丹波が冬を迎えると、山門の傍らにある椿が見頃を迎える。

樹齢400年の古木は、白・赤・ピンクに咲き分け、閑寂な冬に趣を添える。

330-5-18.jpg
蓮池

330-5-19.jpg
蓮の三徳

330-5-12.jpg
山門脇の樹齢400年の「咲き分け椿」

330-5-13.jpg
この椿は綾部の名木となっている

330-5-14.jpg
椿の根元部分

 この椿の他にも境内の三古木と呼ばれる樹木があり、裏参道入口の菩提樹は樹齢500年。

初夏に白い花が咲いた後は球形の実を付け、大きいものは数珠に使用される。

 本堂石段を登り詰めた場所にある百日紅は樹齢400年。

一株から初代、二代、三代へとの移り変わりが分かる古木である。』 とあります。

330-5-15.jpg
樹齢500年の菩提樹

330-5-16.jpg
この菩提樹も綾部の名木百選

330-5-17.jpg
樹齢400年の百日紅
中央の涸れた太い幹が二代目、右の細い幹が三代目に当たる。

 関西花の寺のパンフにはミツバツツジの寺とありますが、実際は四季を通じて花が楽しめるお寺。

仏教では仏前に花を供える事から、花とは切っても切れない縁があります。単に観光目当てではありません。

 残念ながら満開を期待したミツバツツジは咲き始め状態。池の対岸の丘の一部を彩る程度でした。

尋ねた所、昨年のこの時期にはもう満開を過ぎていたそうで、異常気象の影響か花の見極めは

一層難しくなっているようです。

330-5-9.jpg
池の畔の桜?

330-5-10.jpg
これも桜?

330-5-11.jpg
山門前のレンギョウ?

330-4-15.jpg
境内八十八ヵ所結願

330-5-20.jpg
綾部市マンホールカード 駅前観光案内所にて配布

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2022/7/28 21:39時点)



関西花の寺二十五カ所の旅 エコ旅ニッポン

新品価格
¥1,408から
(2022/7/28 21:40時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

楞厳寺 丹波のカラス寺 (京都府綾部市舘町) <楞厳寺 其の壱>

2022.07.28(21:45) 1185

異色の画家でも、まあいっか!(2020.4.9)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(5:55) → JR京都(6:27→6:37) → JR園部() → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

JR東舞鶴 → 徒歩10分 → 赤れんがパーク → レンタサイクル50分 → 多禰寺 → 赤れんがパーク → JR東舞鶴(13:21) → JR綾部(13:56) → 駅前観光案内所 → レンタサイクル25分 → 楞厳寺

【復路】JR綾部(16:06) → JR園部() → JR京都(17:53→17:59) → JR大阪(18:29)

330-4-1.jpg
塩岳山 吉祥院 楞厳寺(高野山真言宗 関西花の寺霊場第二番)

 舞鶴の多禰寺は電動レンタサイクルの力もあって予定通り巡礼終了。12時過ぎに駅前へ戻る事ができました。

このまま帰宅するのも勿体ない話なので、舞鶴線13時過ぎの電車で綾部まで戻ってもう一ヵ寺巡礼。

以前に訪問した寺院ですが境内のミツバツツジで知られるので、満開を期待しての再訪。

駅から北西に6㎞程なので、舞鶴同様駅前観光案内所で自転車をレンタル。電動にしたのも同じでした。

 駅から北へ1㎞北上し、位田橋で由良川を渡り、そのまま西へ3.5㎞。

栗町という場所で再び北上し古墳の連なる丘陵地帯を過ぎると池の向こうに寺院が姿を見せます。

330-4-2.jpg
蓮池越しに見る楞厳寺

330-4-3.jpg
山門前にて
左手の椿は樹齢400年、咲き分け椿の名で知られる。

330-4-4.jpg
垣根越しに見た庫裏

 塩岳山吉祥院楞厳寺(えんがくざんきっしょういんりょうごんじ)は、

『聖武天皇の天平4年(732年)、林聖上人が創建。

その後、建武4年(1337年)7月に軍勢が乱入し金銅蔵王像や文書を運び去った後、

火を放ったが戦国時代初期まで寺勢を保つ。

南北朝時代の楞厳寺敷地紛失状に拠れば、寺領はかなり広大であった。

 しかし延徳元年(1489年)に起こった位田の乱で再度焼失。

その後、奇瑞があって諸国を勧進し明応6年1497年再建に着手したが三度破却。

寺坊、古記、古文書等の多くが散逸し、歴代住職の事歴も不明なまま、多くの年を経ている。

330-4-5.jpg
山門を潜った先に建つ庫裏
本堂に見えるが、本尊薬師如来ではなく千手観音を祀っている。と言う事は観音堂か?

330-4-6.jpg
由緒記

330-4-7.jpg
庫裏の前から蓮池方面を見る
向こうに見える丘にミツバツツジが植えられている。

 元禄16年から宝永5年(1708年)にかけて旧本堂が完成、その建立時の住職盛長法印を中興開山としている。

更に50年後の宝暦8年(1758年)に庫裏が建築され漸く伽藍が整えられた。

 旧本堂は主要部分が松材であったため老朽化が進み、平成14年に全面改築に着手、

同15年秋に新本堂が完成した。

本堂内陣は折り上げ格天井で枠数96面の秋田杉の板に岩絵具で着色された花の絵が描かれている。

作者は円山応挙から八代目の直系の円山慶祥氏と弟子の真祥氏で「瑠璃光華曼荼羅」が現出されている。

330-4-14.jpg
庫裏東側の階段を上り本堂へ

330-4-16.jpg
階段の先に建つ新本堂

330-4-17.jpg
上って来た階段

330-4-18.jpg
本堂近影

330-4-19.jpg
向拝柱と欄間の彫刻群

330-4-20.jpg
向拝の彫刻と海老虹梁

330-4-21.jpg
本堂に掲げられた「塩岳山」の扁額

330-4-22.jpg
御本尊の説明

330-4-23.jpg
本堂からの眺望

 また当寺は別名を「丹波のカラス寺」と言い、庫裏の座敷を飾るカラスの襖絵が有名。

昭和初期に画家の長井一禾(ながいいっか)が描いた春夏秋冬のカラスで、

一禾はカラスの感覚の鋭さと愛情の細やかさを愛し、只管カラスを描き続けた異色の画家。

明治期に日本美術を再評価したアーネスト・フェノロサへカラス百態を描き分けた画を贈り、

大隈重信首相より「鴉博士」と称された人物である。

当初は一部屋だけを描く予定であったが、俗世から隔絶した静けさと、

庫裏からの眺めが気に入り四座敷に春夏秋冬を完成させた。

境内の弁財山の池の畔には全国各地で使用した筆を納めた筆塚があり、

この事でも一禾の楞厳寺に寄せる思いが伝わって来る。』 とあります。

330-4-9.jpg
鴉の襖絵の説明

330-4-10.jpg
境内の案内板

 鴉絵と言えば、「鴉文晁」の異名を採る谷文晁が直ぐ思い浮かびますが、楞厳寺の絵は別人。

日本ではカラスは不吉な鳥のイメージがありますが、親孝行な鳥として中国では良く画材に使われました。

南画の流れを汲む日本画で用いられるのも驚くには当たらず、異色の画家と言う程ではありません。

尤もカラスは黒色一色ですが…。

 ガイド等には襖絵拝観は要予約とあるので、予め観光案内所から電話を掛けましたが、生憎拝観は無理との事。

境内は自由に拝観出来ますが本堂等も全て外陣からの参拝。

納経所を訪れると、御住職が対応されましたが、御高齢に加え足がお悪いようで、

住職;「このような状態なので、申し訳ありません。」

和辻;「ところで楞厳とはどういう意味でしょう?」

住職;「梵語由来で首楞厳に由来しています。意味は健相でしたかな?」

との話。何事も健康が大切と言う事でしょう。

 一禾の襖絵に加え、応挙の流れを汲む天井画があるとは正に応挙ならぬ壮挙。

にも拘らず、襖絵に加え、本堂の天井画も見ることができなかったのは残念ですが、これも仏縁。

「まっ、いっか!」と思う事にしました。

330-4-11.jpg
説明書にある鴉の四季襖絵

330-4-24.jpg
弁財山の池の近くにある一禾画伯の筆塚

330-4-8.jpg
納経所はこちら

330-4-12.jpg
楞厳寺説明書
これは駅前観光案内所でも入手できる。

330-4-13.jpg
楞厳寺御朱印 (関西花の寺)

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2022/7/28 21:39時点)



関西花の寺二十五カ所の旅 エコ旅ニッポン

新品価格
¥1,408から
(2022/7/28 21:40時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

多禰寺 舞鶴はぎの寺 (京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の参>

2022.07.27(21:57) 1184

萩と古庭園、におうが如く今盛りなり(2020.4.9)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(5:55) → JR京都(6:27→6:37) → JR園部() → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

JR東舞鶴 → 徒歩10分 → 赤れんがパーク → レンタサイクル50分 → 多禰寺 → 赤れんがパーク → JR東舞鶴(13:21)

330-3-1.jpg
醫王山 多禰寺(真言宗東寺派 西国薬師霊場第三十番札所)

 多禰寺の別名は「舞鶴はぎの寺」。

『本堂内には創建時のものとされる「はぎの柱」が今も残る。

その由縁で境内には数十本の萩が植えられ萩の寺として知られる。

石段下の庫裏・方丈には桃山時代作とされる古庭園が残る。

本堂側にある阿字池、山門側にある薬師池を囲む形で、それぞれ蓬莱庭園、鶴亀庭園として造られている。

330-3-7.jpg
本堂内の萩の丸柱 (説明書より)
内陣へは入れないので、外陣より参拝。

330-3-8.jpg
本堂側にある阿字池
蓬莱庭園として中々【あじ】のある造りである。

330-3-9.jpg
山門側にある薬師池
これは北側からの眺望。池の水が少ないのが残念。

330-3-10.jpg
薬師池 中央部分

330-3-11.jpg
薬師池
これが鶴島か?

330-3-12.jpg
薬師池
右が亀島?

330-3-13.jpg
島の石灯籠

330-3-14.jpg
南側からの薬師池の眺望

 もう一つの見所は平安鎌倉期の仏像群。

山門にはかつて金剛力士像が安置されていたが、今は宝物殿に保管。鎌倉時代の慶派の作とされ重要文化財。

高さ3.6mは東大寺南大門、清水寺仁王門の仁王像に次ぐ、日本で三番目の大きさである。

その他にも、普賢菩薩騎象像や聖観音菩薩立像等、平安・鎌倉期以降の文化財も多い。

本堂には丹波・丹後を中心に彫物師として活躍した中井権次一統の六代目正貞の龍や象の彫刻も残る。』

とあります。

330-3-2.jpg
山門に置かれた仁王像の巨大写真

330-3-3.jpg
本物の仁王像は宝物殿にて

330-3-4.jpg
宝物殿の展示一覧

330-3-5.jpg
重用文化財・木造金剛力士立像 (説明書より)

330-3-6.jpg
平安最古の普賢菩薩像 (説明書より)

 本堂内陣へは入れず外陣からの参拝だったので、萩の柱も拝めず仕舞い。

納経所の方に尋ねると、当寺の住職は常駐ではなく、金剛院の住職が市内の観音寺と当寺を兼務して居られるとか。

飛鳥に遡る古刹も時代の流れには逆らえないようです。

 その代り仏像は宝物殿に安置され¥500で拝観可能。

本尊は秘仏・薬師如来ですが、より知られているのは鎌倉期の金剛力士像。

お寺の説明書では運慶作とありますが、一般的には慶派の作で通っています。

しかし間近で見た躍動感溢れるその姿は運慶の作と言っても間違いではないように思います。

日本で三番目の規模と言う理由もありますが、東大寺の仁王像と共通するものを感じます。

本来、山門に収まるべきではありますが、保管のために移された場所で、【におう】が如く今盛りなり状態でした。

こうして参拝も終了し、赤れんがパークに12時過ぎに無事帰還。

電車までの空き時間で舞鶴海軍カレーの昼食。舞鶴には10回近く訪れていますが、海軍カレーは初。

これも【運慶】の賜物でしょうか。

330-3-18.jpg
薬師池に隣接する方丈
更に左の庫裏へと続く。

330-3-15.jpg
参道右手にある弁天池

330-3-16.jpg
池の中央に祀られた弁天社

330-3-17.jpg
舞鶴海軍カレー&肉じゃがコロッケ
赤れんがパークにて。肉じゃがは舞鶴鎮台であった東郷平八郎の発明。

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2022/7/25 21:16時点)



西国四十九薬師霊場―ご朱印・巡礼ガイドブック

新品価格
¥1,540から
(2022/7/25 21:19時点)



西国四十九薬師霊場 札所めぐり お薬師さま巡礼ルートガイド

新品価格
¥1,848から
(2022/7/25 21:20時点)



運慶:天下復タ彫刻ナシ (ミネルヴァ日本評伝選)

新品価格
¥3,300から
(2022/7/27 22:04時点)



芸術新潮 2009年 01月号 [雑誌]

中古価格
¥340から
(2022/7/27 22:05時点)



駒澤大学仏教学部教授が語る 仏像鑑賞入門 (集英社新書)

新品価格
¥1,265から
(2022/7/27 22:06時点)



軍港都市の一五〇年: 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 (534) (歴史文化ライブラリー 534)

新品価格
¥2,090から
(2022/7/25 21:17時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

多禰寺 飛鳥時代に遡る古刹(京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の弐>

2022.07.26(21:58) 1183

たねを蒔いた先達(2020.4.9)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(5:55) → JR京都(6:27→6:37) → JR園部() → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

JR東舞鶴 → 徒歩10分 → 赤れんがパーク → レンタサイクル50分 → 多禰寺 → 赤れんがパーク → JR東舞鶴(13:21)

330-2-1.jpg
醫王山 多禰寺(真言宗東寺派 西国薬師霊場第三十番札所)

 森林文化園から更に坂を上る事3㎞で漸く寺へ到着。

大浦半島の標高556m多禰山の中腹、海抜330に位置し、

駐車場から道を隔てた展望台からは、舞鶴湾を眼下に望むことができます。

 駐車場から少し南へ行った先に建つのが山門。山門の先には参道がある筈ですが全く見えず。

レンタサイクルを借りる際に、案内所の方から

「昔は歩いて行ける参道でしたが、今は獣道です。」

と聞いたその通りでした。

330-2-2.jpg
駐車場から進んだ場所にある入口

330-2-3.jpg
多禰寺案内図

330-2-4.jpg
南から見た山門
かつての参拝者はここを通った筈。仁王像が有名だが、今は宝物館。代わりに写真が掲示されている。

330-2-5.jpg
山門前の巨木
縄が張ってあり、昔の参道へは下りれないようになっている。

330-2-6.jpg
山門に吊るされた梵鐘

330-2-7.jpg
梵鐘の打ち方
地獄の沙汰も鐘(金)次第とは言うまい!

330-2-8.jpg
北側から見た山門

 このような景勝地に建つ多禰寺は、当地に初めて仏教を伝えた飛鳥時代最古の古刹であります。

醫王山多禰寺(いおうざんたねじ)は、

『用明天皇2年(587年)、聖徳太子の異母弟に当たる第三皇子の麻呂子(まろこ)親王が開基とされる。

この元には大江山の鬼退治伝説がある。

用明天皇の時代、英胡・足軽・土熊(土車)と言う三鬼賊が千丈ヵ嶽(大江山)を本拠として暴れ回っていたので、

天皇は麻呂子親王を派遣して彼らを退治させた。親王は退治するに当たり、

自ら7体の薬師如来像を刻んで護持仏とし、鬼退治の後、それらの薬師如来を納める7寺を建立。

大江町の清園(せいおん)寺、加悦町の施薬寺、弥栄町の等楽寺、丹後町の願興寺・神宮寺・成願寺、

それと舞鶴市の多禰寺である。加えて大江町の元伊勢内宮・外宮も親王の創建との説もある。

330-2-9.jpg
参道を抜け境内へ

330-2-10.jpg
石段を上り本堂へ

330-2-11.jpg
石段下にある多禰寺御詠歌

330-2-12.jpg
正面に建つ本堂(金堂)

330-2-13.jpg
境内全景
左より寺務所、宝物殿、本堂。

330-2-14.jpg
本堂は京都府指定文化財

 親王は薬師瑠璃光如来を本尊に世の平和、鎮護国家の道場として当寺を創建。

往時は七堂伽藍の甍が山並みに映え、七佛薬師の霊場として香煙が絶えることなく、

門前市が軒を連ねる賑わいであったと言う。

 平安時代に栄えた当寺も栄枯盛衰の波は免れず、鎌倉・室町時代の戦乱で崩壊。

しかしかつての壮観さはないものの七佛薬師の信仰は厚く、今に至るまで

目と耳に御利益のある仏として敬われ慕われている。

 本堂は文政7年(1824年)の再建。本尊・薬師如来坐像を中央に、両脇には日光・月光菩薩と十二神将、

不動明王と毘沙門天が祀られている。

薬師如来は秘仏で厨子内に収められているが、特別な法要の時のみ開帳される。』 とあります。

330-2-15.jpg
向拝柱

330-2-16.jpg
下から見上げた向拝

330-2-17.jpg
本堂前面
内陣へは入れず外陣より参拝。

330-2-18.jpg
欄間の龍の彫刻

330-2-19.jpg
本堂に掲げられた「瑠璃殿」の扁額

 開基の麻呂子親王ですが、以前参拝した丹波竹田の清薗寺にも登場する人物。

父である天皇の【用命】ですが、ここでも鬼退治が登場します。

 注目すべきは大江山の鬼退治。大江山の鬼退治と来ればすぐ思い浮かぶのは

源頼光と四天王に拠る酒呑童子伝説で、時代は平安時代。

共通点が多い伝説がある場合、歴史学的には加上説という便利な説があり、

古いもの程、後世に付け加えられた(加上)可能性が高いと考えられます。

330-2-20.jpg
宝物殿前から見た本堂

330-2-21.jpg
本堂東側側面

330-2-22.jpg
境内東側にひっそりと建つ観音堂

330-2-23.jpg
朱の鳥居を潜り境内の摂社へ

330-2-24.jpg
熊野権現(左)と稲荷明神

330-2-25.jpg
灯籠と宝蔵

 宝物殿には北郷美智子さんが描かれた仏画が展示されていますが、彼女の本姓は多禰。

加えて境内には多禰一族の墓所もあって当寺との関連が示唆されます。まさに【目から麻呂子】。

想像するに元は多禰氏が創建した丹後屈指の古刹でしたが、後世に中央との関係を強めるために、

飛鳥時代の麻呂子親王を開基に頂くようになったのではないでしょうか?

そう言う意味で、古代氏族の蒔いた種は、後世大きく開花したと言えるでしょう。

330-2-26.jpg
多禰家先祖代々の墓
他の墓地とは区別された一画にある。

330-2-27.jpg
境内に建つ句碑

330-2-28.jpg
多禰寺説明書

330-2-29.jpg
多禰寺御朱印 (西国薬師霊場)

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2022/7/26 21:37時点)



西国四十九薬師霊場―ご朱印・巡礼ガイドブック

新品価格
¥1,540から
(2022/7/26 21:38時点)



西国四十九薬師霊場 札所めぐり お薬師さま巡礼ルートガイド

新品価格
¥1,848から
(2022/7/26 21:39時点)



天才 富永仲基 独創の町人学者 (新潮新書)

新品価格
¥880から
(2022/7/26 21:40時点)



大阪の町人学者富永仲基

新品価格
¥1,100から
(2022/7/26 21:44時点)



富永仲基と懐徳堂―思想史の前哨

中古価格
¥2,980から
(2022/7/26 21:45時点)



定本 酒呑童子の誕生――もうひとつの日本文化 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,540から
(2022/7/26 21:49時点)



英雄伝説の日本史 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,012から
(2022/7/26 21:50時点)



まんが訳 酒呑童子絵巻 (ちくま新書)

新品価格
¥1,078から
(2022/7/26 21:52時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

多禰寺 霊場への道(京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の壱>

2022.07.25(21:24) 1182

舞鶴へ、参づる(2020.4.9)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(5:55) → JR京都(6:27→6:37) → JR園部() → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

JR東舞鶴 → 徒歩10分 → 赤れんがパーク → レンタサイクル50分 → 多禰寺 → 赤れんがパーク → JR東舞鶴(13:21)

330-1-1.jpg
醫王山 多禰寺(真言宗東寺派 西国薬師霊場第三十番札所)
写真は寺院へ向かう途中のブリッジ上から見た舞鶴湾。

 春の18きっぷ最終は桜も未だ残っている丹後の舞鶴へ古刹巡礼。

『舞鶴湾は人字形をしており、西港と東港に分かれている。

江戸時代の西港は田辺城下の田辺湊として栄え、高野川河口の竹屋町を中心に藩内各地の物産が集まった。

現在も竹屋町あたりの両岸には当時の面影を残す倉庫群が残る。

東港も志楽川河口の市場などが北前船の寄港地となったが、西港程の賑わいは無く、寒村の趣が強かった。

 明治になると西港は商港として、東港は軍港として繁栄。明治22年1889年には舞鶴鎮守府の設置が正式に決定、

東港の余部下・長浜・北吸・浜の一帯が国に買収され海軍施設の建設が行われ、軍港都市舞鶴の礎が築かれた。

330-1-2.jpg
舞鶴赤れんがパーク遊覧船乗場にて
前に見えるのは海自護衛艦。

 一方、西港は民間に開放され1904年に海舞鶴駅ができると若狭・丹後と境港を結ぶ鉄道連絡船の基点となり、

宮津に鉄道が開通する大正13年(1924年)まで続いた。

1906年にはウラジオ航路の寄航港となったのを始め、七つの定期航路の寄航港となった。

昭和18年(1943年)には西港も軍港となっている。

 太平洋戦争後、舞鶴港は引揚港に指定され、昭和20年(1945年)10月7日に第一船の雲仙丸が西港に入港。

ソ連からの引揚が始まった1946年12月からは、東港の平桟橋が使用されるようになり、

延べ66万人の人々が祖国への第一歩を記した。

 現在も海上自衛隊の軍港として使用されている他、赤レンガや隧道など旧海軍の施設を利用した

観光地として新たな歩みを見せている。』 とあります。

330-1-3.jpg
赤れんが2号棟と4号棟の間を行く若き自衛官
訊いた所、新人研修のため全国から自衛官が集まっているとか。

 駅から徒歩10分の舞鶴赤れんがパークは旧海軍の火薬庫を利用した施設で重要文化財。

市政記念館、食事処や土産物店が入っていますが、港に隣接しており掃海艇や護衛艦を目にすることができます。

 ここの案内所でレンタサイクルを受付。

受付嬢;「どちらまで行かれます?」

和辻;「引揚記念館の先の多禰寺と言うお寺です。」

受付嬢;「あそこは見晴らしのいい場所ですが、山の中腹なので電動がいいでしょうね。」

との遣り取りを経て電動を借りる事に。

330-1-4.jpg
舞鶴湾に沿って桜に囲まれた21号線を走る
左に続くのは海上自衛隊舞鶴教育隊。

330-1-5.jpg
桜並木をひたすら北へ

 舞鶴は古来より知られた天然の良港ですが、港は船での移動がメイン。

陸伝いに移動するのに向いているとは言えません。

地図を見ると駅から直線距離だと近そうですが、海岸線が大きく膨らんでいるので、

結構な距離を走る羽目に。

海沿いに自衛隊の施設、日本板硝子事業所があり、道には桜並木が植えられて居て桜吹雪の中を走る事に。

引揚記念館まで6㎞、そこから橋を渡って坂を登って森林文化園まで5㎞。

途中、湾を跨ぐ橋を越えましたが、その名前は舞鶴クレインブリッジ。斜張橋で日本海側では最大級とか。

二羽の鶴をイメージして設計されたそうで、クレインは鶴を表す英語でもあります。

330-1-6.jpg
遥か向こうに見える舞鶴クレインブリッジ
目指す寺院は向こうの山腹。ショートカットのためこの橋を自転車越えすることに。

330-1-7.jpg
間近で見るブリッジ

330-1-8.jpg
いよいよ橋を渡る
写真の様に車や人は少ないが、高さが半端ではない。

330-1-9.jpg
ブリッジ上からの舞鶴湾の眺望
中央奥が東舞鶴港。

330-1-10.jpg
橋を渡って北側から見たブリッジ

 橋を渡ると人家が減り、日本の里山風景を横目で見て森林文化園へ。

紫陽花の名所だそうですが今は休園中。

コロナのためか、紫陽花期間限定開園かは定かではありませんでした。

更にそこから3㎞行った先が目的地、片道14㎞の道のりでした。

今は電動で比較的楽に移動できますが、昔の人達は【伝道】にも苦労したのでしょうね。

330-1-11.jpg
橋を渡った後は、自然文化園までこのような里山風景を行く

330-1-12.jpg
休園中の森林文化園から更にこの道を西へ3㎞

330-1-13.jpg
やっと着いた寺院前の駐車場からの眺望
はるばる来にけるかな!

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2022/7/25 21:16時点)



西国四十九薬師霊場―ご朱印・巡礼ガイドブック

新品価格
¥1,540から
(2022/7/25 21:19時点)



西国四十九薬師霊場 札所めぐり お薬師さま巡礼ルートガイド

新品価格
¥1,848から
(2022/7/25 21:20時点)



軍港都市の一五〇年: 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 (534) (歴史文化ライブラリー 534)

新品価格
¥2,090から
(2022/7/25 21:17時点)



増補版 軍港都市史研究 1 舞鶴編

新品価格
¥9,460から
(2022/7/25 21:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

豊原北島神社 (岡山県瀬戸内市邑久町北島)

2022.07.24(16:57) 1181

餘慶寺に隣接する神仏習合の社(2022.4.2)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(6:00) → (快速) → JR姫路(7:30→7:31) → JR東岡山(8:57→9:07) → JR大富(9:14)

JR大富 → 徒歩15分 → 餘慶寺 → 豊原北島神社 → 徒歩15分 → JR大富

【復路】JR大富(11:17) → JR播州赤穂(12:09→12:10) → JR姫路(12:40→12:41) → (新快速) → JR山科(14:21)

329-5-1.jpg
豊原北島神社(旧郷社)
神社入口にて。左奥に見えるのが薬師堂。

 諸堂が甍を連ねる当寺ですが、境内に隣接してあるのが豊原北島神社。

他にも愛宕社、日吉社などの小さな社も並びかつての神仏習合の伝統を残しています。

 神社が建つのは境内の最奥の薬師堂の直ぐ脇。

この位置関係を見るだけでも、かつての神社と神宮寺の関係にあったと知れます。

唯、隣接するとはいえ、桜に彩られ日光が燦燦と降り注ぐ餘慶寺とは対照的に、

樹木に囲まれ静寂に包まれた場所。

 豊原北島神社(とよはらきたじまじんじゃ)は、

『飛鳥時代の舒明天皇6年12月、山上の磐座に奉祀したのが開創。

延喜式外の古社旧郷社で、以来備前国屈指の古社として崇敬。

329-5-2.jpg
豊原北島神社由緒

329-5-3.jpg
二の鳥居
一の鳥居と言いたいところだが、境内南端にあるのが一の鳥居の筈。

329-5-4.jpg
二の鳥居に掲げられた扁額

329-5-5.jpg
いよいよ社殿の建つ境内へ
手前の注連縄は結界を表す。

329-5-6.jpg
境内を囲む塀の手前は杉木立と杉苔が

 平安時代は近衛院殿の祈願社、豊原荘の鎮守として繁栄。

源平時代の佐々木盛綱は藤戸合戦奉斎に大鎧等を奉納、

南北朝時代は児島高徳の一族和田射越氏等が氏子から興った。

 江戸時代は備前岡山初代藩主池田光政公に拠って中世以来習合の社寺は分離されて旧に復し、

社領寄進・社殿造営が行われた。そのため明治の廃仏毀釈の際には大きな影響を受けず、

7院2坊から6院を残す事に繋がり現在に至っている。』 とあります。

329-5-7.jpg
境内から参道を振り返る

329-5-8.jpg
正面から見た拝殿

329-5-9.jpg
拝殿の庇
丁度、宮司さんが出て来られたところ。

329-5-10.jpg
拝殿奥に続く中門(神門?)と本殿

329-5-11.jpg
中門近影

329-5-12.jpg
本殿近影

 開創は寺よりも更に100年前。由緒記にあるように、山上の磐座に【いわく】らがありそうな、

古代の巨石信仰の名残を感じました。

 境内を進むと正面に拝殿が建ち、向かって右が社務所。

建物自体は真新しいですが人気はなく、ここも無住で御朱印は無しかと思いましたが、

拝殿前に書置きが置かれ「御朱印料金¥300は賽銭箱に入れて下さい。」との貼り紙が。

料金を入れようとすると拝殿内陣に宮司さんともう一人の姿が見えたので声掛けして料金を手渡し。

無人と思った己の無知を反省です。

329-5-13.jpg
境内に置かれた力石(ちからいし)

329-5-14.jpg
力石の由来

329-5-15.jpg
神社境内から見える餘慶寺堂宇

329-5-16.jpg
豊原北島神社御朱印

 太平記にも登場する忠臣・児島高徳所縁の場所と言うのも意外で、

境内に児島高徳供養塔がある理由にも納得しました。

高徳は美作の院庄での後醍醐天皇奪回計画が有名ですが、不明な点も多く非実在説もあるとか。

唯、当社の氏子に一門が名を連ねている事から、全くの架空の人物ではなさそうな気がします。

奪回に失敗した高徳が、行在所の庭の木を削って

天莫空句践 時非無范蠡

と書いたのは戦前の教科書にも載った有名なエピソードですが、その木が桜だったのには

桜の名所として知られる餘慶寺との浅からぬ因縁を感じます。

329-5-17.jpg
児島高徳供養塔
参道左手、明王院横に建つ。

329-5-18.jpg
供養塔建立の由来

329-5-19.jpg
児島高徳と和田範長の名が刻まれた供養塔基部

329-5-20.jpg
供養塔台座にある児島・和田一族系譜

[参考書]

岡山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2022/7/19 21:10時点)



山陽花の寺二十四か寺

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:16時点)



中国三十三所観音巡礼―法話と札所案内

中古価格
¥225から
(2022/7/19 21:13時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:14時点)



中国観音霊場巡礼の旅―山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥360から
(2022/7/19 21:15時点)



太平記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 日本の古典)

新品価格
¥1,100から
(2022/7/24 17:04時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岡山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

餘慶寺 塔頭恵亮院 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の伍>

2022.07.23(20:44) 1180

欄間に見透かされた話(2022.4.2)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(6:00) → (快速) → JR姫路(7:30→7:31) → JR東岡山(8:57→9:07) → JR大富(9:14)

JR大富 → 徒歩15分 → 餘慶寺 → 豊原北島神社 → 徒歩15分 → JR大富

【復路】JR大富(11:17) → JR播州赤穂(12:09→12:10) → JR姫路(12:40→12:41) → (新快速) → JR山科(14:21)

329-4-24.jpg
上寺山 餘慶寺(天台宗)中国観音霊場第二番札所 山陽花の寺第十六番札所)
恵亮院山門前にて。寺標には「天台宗 恵亮院」とある。

 南北に続く餘慶寺参道途中から西へ入ると塔頭が三院並びますが、

一番奥まった場所に建つのが恵亮院(けいりょういん)。

山門を入った先には蘇鉄が植えられ、玄関は唐破風、塀に囲まれた先の石組みの庭園は

共通ですが、他院との相違点は庭園に入って拝観できる事。

329-4-25.jpg
山門からの境内の眺望

329-4-26.jpg
本堂玄関の唐破風

329-4-27.jpg
境内の前栽と庭園への中門
左手奥には吉井川が遠望できる。

329-4-28.jpg
庭園へ中門を潜る

『恵亮院の庭園に置かれていたのが巨大な手水鉢。かつて和田屋敷にあったものを

享保年間に和田兵六が当院に寄進したもの。

また庭園と境内を隔てる塀に欄間彫刻があるのは「透かし欄間の塀」。

装飾と同時に座敷に居ながらに門外の様子が伺える造りになっている。』 とあります。

329-4-31.jpg
中門から見た庭園

329-4-32.jpg
恵亮院本堂

329-4-34.jpg
和田屋敷から寄進された巨大手水鉢

 最初は装飾とばかり思っていましたが、外を伺う仕組みとは【門外】漢には分かりませんでした。

【門外】不出の情報を漏らさない役目もあったのでしょうが、開かれた寺院とは言うものの、

徹底した情報管理を行ったのは流石。怪盗【欄間】を断つといった所でしょうか?

329-4-33.jpg
塀脇の石灯籠

329-4-29.jpg
中門扉の「松に鶴」の透かし彫り

329-4-30.jpg
同じく「松に亀」の透かし彫り

329-4-35.jpg
塀瓦の直ぐ下の透かし彫り
ここを通して外部を伺ったか?

329-4-36.jpg
細道を上って再び参道へ戻る

 庭園を見学後は参道へ戻って北へ向かいますが、最も北側にある本乗院へ。

丁度、寺院の方が境内の手入れをされている時に遭遇。

他院と違い参道が長く砂が敷かれていたのが印象的でした。

この院だけ離れているのが不思議ですが、かつては間にも院があった名残でしょうか。

と言う訳で、現存する六院全て参拝修了。余計ならぬ【余景】寺と言うに相応しい場所でした。

329-4-37.jpg
本乗院入口

329-4-38.jpg
砂が綺麗に敷かれた参道

329-4-39.jpg
本乗院玄関と本堂

[参考書]

岡山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2022/7/19 21:10時点)



山陽花の寺二十四か寺

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:16時点)



中国三十三所観音巡礼―法話と札所案内

中古価格
¥225から
(2022/7/19 21:13時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:14時点)



中国観音霊場巡礼の旅―山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥360から
(2022/7/19 21:15時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岡山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

餘慶寺 境内の六塔頭 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の肆>

2022.07.22(20:56) 1179

本院から支院へ(2022.4.2)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(6:00) → (快速) → JR姫路(7:30→7:31) → JR東岡山(8:57→9:07) → JR大富(9:14)

JR大富 → 徒歩15分 → 餘慶寺 → 豊原北島神社 → 徒歩15分 → JR大富

【復路】JR大富(11:17) → JR播州赤穂(12:09→12:10) → JR姫路(12:40→12:41) → (新快速) → JR山科(14:21)

329-4-1.jpg
上寺山 餘慶寺(天台宗)中国観音霊場第二番札所 山陽花の寺第十六番札所)

 餘慶寺は一山一寺多院制という珍しい伽藍構成を採っていると以前に記しましたが、

『最盛期には7院13坊が山内に存在。現在その数は減ったものの、恵亮(えりょう)院・本乗(ほんじょう)院・

吉祥(きちじょう)院・定光(じょうこう)院・明王(みょうおう)院・圓乗(えんじょう)院の支院6院が現存している。』

とあります。

329-4-2.jpg
明王院山門前
閉門中のため外観のみ。

329-4-3.jpg
吉祥院山門前にて

329-4-4.jpg
山門から見た吉祥院境内

329-4-5.jpg
吉祥院本堂?

329-4-6.jpg
本堂玄関だがここは閉鎖中

329-4-7.jpg
玄関脇の塀の向こうは庭園が…。
但し、ここも拝観はしていない。

329-4-8.jpg
吉祥院玄関前から山門を望む

329-4-9.jpg
吉祥院境内の山茶花

329-4-10.jpg
餘慶寺参道の白壁越しに見た吉祥院

 御朱印拝受の際に

和辻;「境内に塔頭があるようですが、拝観はできるのですか?」

住職;「門の開閉はまちまちですが檀家寺という扱いなので、拝観という形は採っていません。」

との返事。但し、開いた山門から内に入るのに問題はないとの事でした。

 本堂・薬師堂参拝の後、駐車場まで下って塔頭巡り。

最初に訪れた明王院は閉門中だったので、期待薄でしたが、他の5院は全て開門中。

境内を拝見することができました。

329-4-11.jpg
参道から西向きの道へ入ると塔頭が並ぶ

329-4-12.jpg一圓乗院山門

329-4-13.jpg
圓乗院境内の様子
玄関は唐破風、塀の向こう側にも庭園がある。

329-4-14.jpg
圓乗院玄関先にある前栽

329-4-15.jpg
塀越しに見た圓乗院庭園

329-4-16.jpg
塀越しに見た圓乗院庭園

 同一の山内、宗派なので雰囲気が似ているのは驚くに値しませんが、

山門を入った先には蘇鉄が植えられ、唐破風のある玄関はほぼ共通。

そして塀に囲まれた先に石組みの庭園が見えます。庭園は入る事はできませんが、

どこも丁寧に整備されており、京都の寺院ならば絶対に期間特別拝観をしそうな感じでした。

来る人少ないからかは不詳ですが、それをしないのは素朴な信仰の心故の気もします。

329-4-17.jpg
更に西へ坂を下る
遠方に見えるのが吉井川。

329-4-18.jpg
定光院山門

329-4-19.jpg
定光院玄関と奥に見える聖天堂

329-4-20.jpg
玄関の唐破風

329-4-21.jpg
定光院書院

329-4-22.jpg
聖天堂前の石組みの前栽

329-4-23.jpg
前栽と聖天堂

[参考書]

岡山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2022/7/19 21:10時点)



山陽花の寺二十四か寺

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:16時点)



中国三十三所観音巡礼―法話と札所案内

中古価格
¥225から
(2022/7/19 21:13時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:14時点)



中国観音霊場巡礼の旅―山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥360から
(2022/7/19 21:15時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岡山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

餘慶寺 薬師堂に続く遊慶の庭 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の参>

2022.07.21(20:47) 1178

境内を堂々巡り(2022.4.2)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(6:00) → (快速) → JR姫路(7:30→7:31) → JR東岡山(8:57→9:07) → JR大富(9:14)

JR大富 → 徒歩15分 → 餘慶寺 → 豊原北島神社 → 徒歩15分 → JR大富

【復路】JR大富(11:17) → JR播州赤穂(12:09→12:10) → JR姫路(12:40→12:41) → (新快速) → JR山科(14:21)

329-3-1.jpg
上寺山 餘慶寺(天台宗)中国観音霊場第二番札所 山陽花の寺第十六番札所)

 本堂の北にある高台には、三重塔と薬師堂を始めとする堂宇が並びます。

『三重塔は旧塔跡に再建されたもので、西幸西村、草井幸右衛門の私財に拠り、

六年の歳月を掛け文化12年(1815年)に完成。

方三間、本瓦葺、総高20.6mの江戸後期の伝統的な塔の形式に従った作風である。

 棟札には工匠として宿毛村の田淵市左衛門繁数と田淵宇三郎勝孝の名が残され、

近世邑久大工の系譜や建築様式を知るうえで貴重である。

329-3-2.jpg
岡山県指定重要文化財・三重塔

329-3-3.jpg
三重塔近影

329-3-4.jpg
三重塔説明

329-3-5.jpg
塔の欄干、垂木

329-3-6.jpg
旧塔の礎石

 境内の最も奥にある薬師堂は古くは山の麓にあったと言われる御堂。

享保19年(1734年)の再建棟札が残っており、他の堂宇と比べて簡素な印象を受ける。

 本尊は中国地方を代表する傑作とされる薬師如来坐像で平安時代の一木造りで重要文化財。

この本尊を中央にして向かって右に聖観音菩薩、左に十一面観音菩薩が並ぶ。

聖観音菩薩は本尊と同時期の平安前期の作で重要文化財、

十一面観音菩薩は時代が下って平安後期の作である。

薬師如来を祀るため正面の扁額には「醫王窟」と記されている。

古来より眼病など病気平癒の信仰を集め、江戸時代には朝観音、夕薬師と言われる程信仰された。

329-3-7.jpg
境内の北端に建つ薬師堂
手前は「遊慶の庭」と呼ばれる本堂から薬師堂への石組み。

329-3-8.jpg
薬師堂由緒

329-3-9.jpg
薬師堂の外陣部分

329-3-10.jpg
当寺所有の文化財仏像

 八角堂は開山報恩大師を祀る堂。報恩大師は備前国津高郡波河の生まれ、

15歳で日応寺に入り30歳で吉野山で修業したとされる人物で、備前四十八ヵ寺の建立を始め、

備前・備中の古刹の多くの縁起に名が残される人物。堂内格天井には花の絵が描かれている。

 また本堂から薬師堂へは、作庭家・重森三玲氏の弟子である岩本俊男氏に拠り石組みが組まれ、

「遊慶(ゆうけい)の庭」と名付けられている。』 とあります。

329-3-15.jpg
開山・報恩大師を祀る八角堂

329-3-16.jpg
八角堂内陣

329-3-17.jpg
八角堂内陣の格天井(ごうてんじょう)の花の絵

329-3-18.jpg
八角堂に続く十三仏堂
亡くなった方の供養のために十三仏の写経を納めることができる。

329-3-13.jpg
本堂から薬師堂へと続く「遊慶の庭」
本堂前のこの場所から始まる。

329-3-14.jpg
薬師堂前の「遊慶の庭」

 餘慶寺を代表する建造物が三重塔ならば、代表する仏像は薬師如来と言えます。

本堂の御本尊が秘仏である事、観音信仰よりも薬師信仰の方が古い事に拠ると言えましょうか。

唯、池田のお殿様の病気治癒に験があったのはお薬師さんではなく観音様なのが不思議です。

 幸運にもこの日は薬師如来阿を無料で特別拝観できる日でしたが拝観は11時開始。

夕方の京都での会合に間に合うためには11:17分に乗車しなければならず、なくなく諦め。

 納経所で頂いた案内書には「毎年10月に寺宝展が開催され多くの仏像・仏画が公開」とあったので、

寺宝は【次訪】に持ち越しとなりました。

329-3-11.jpg
薬師堂前から南を見た所
三重塔と本堂が続く。右側が八角堂。

329-3-12.jpg
薬師堂西側にある山王社(手前)、愛宕社(奥)

[参考書]

岡山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2022/7/19 21:10時点)



山陽花の寺二十四か寺

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:16時点)



中国三十三所観音巡礼―法話と札所案内

中古価格
¥225から
(2022/7/19 21:13時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:14時点)



中国観音霊場巡礼の旅―山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥360から
(2022/7/19 21:15時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岡山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

餘慶寺 東向きの観音様 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の弐>

2022.07.20(21:10) 1177

殿様を治した観音様(2022.4.2)

<コース> 春の青春18きっぷ使用
【往路】JR大阪(6:00) → (快速) → JR姫路(7:30→7:31) → JR東岡山(8:57→9:07) → JR大富(9:14)

JR大富 → 徒歩15分 → 餘慶寺 → 豊原北島神社 → 徒歩15分 → JR大富

【復路】JR大富(11:17) → JR播州赤穂(12:09→12:10) → JR姫路(12:40→12:41) → (新快速) → JR山科(14:21)

329-2-1.jpg
上寺山 餘慶寺(天台宗)中国観音霊場第二番札所 山陽花の寺第十六番札所)

納経所からは、弁天池越しに鐘楼・地蔵堂・本堂が甍を連ねた姿が見えます。

 上寺山餘慶寺(うえてらさんよけいじ)は、

『天平勝宝元年(749年)、報恩大師に拠り、備前四十八ヵ寺の一つとして開創。

東方の山から昇る太陽を拝する霊地として、古くは日待山日輪寺(にったいさんにちりんじ)と称した。

平安時代前期に慈覚大師円仁が再興し、自刻の千手観音を祀って本覚寺と改称。

平安後期には近衛天皇の勅願所となり上寺山餘慶寺と改められた。

唯、山号寺号を改めた時期を特定できる資料は見つかっておらず、応仁文明の乱頃とも推測される。

尚、餘慶とは「積善の家には必ず餘慶あり」と言う「易経」の文句に由来する。

 源平の争乱により焼失したが、赤松氏や宇喜多氏に拠り徐々に再建。

江戸時代には池田藩主の帰依を受け隆盛。最盛期には7院13坊を数えたとされる。

329-2-2.jpg
納経所からの諸堂の眺望

329-2-4.jpg
南側から眺めると堂宇が一直線上に並ぶ
手前から鐘楼、地蔵堂、本堂、三重塔、薬師堂。

 1270年余りの長い歴史を刻む当寺は貴重な文化財を有する事でも知られる。

重要文化財の本堂(観音堂)は永禄13年(1570年)に建立、正徳4年(1714年)に再建されたもの。

室町末期の密教本堂の特色を色濃く伝えている。

 内陣には本尊で秘仏の千手観世音菩薩が祀られ33年に一度の御開帳。

「東向き観音様」として多くの霊験を表して来たと伝えられるが、

中でも岡山藩主・池田継政公に関わる言い伝えが有名。

329-2-11.jpg
重用文化財・本堂(観音堂)
東向き観音を祀る。

329-2-12.jpg
室町末期の密教建築の特徴を持った本堂

329-2-13.jpg
本堂説明書き

329-2-14.jpg
本堂正面の向唐破風は江戸後期に付け加えられたもの

329-2-15.jpg
向拝と欄間彫刻

329-2-16.jpg
向唐破風の屋根の構造

 継政公が江戸在勤中に重病に罹った折、夢枕に千手観音が現われ、

「吾は国元、備前の東向き観音なり。病苦を逃れんとするならば、悩む心を祈る心に改め、篤く吾を祈れ」

と告げた。そこで備前の国中を探した所、上寺山に東向きの観音様があるのが分かり、

祈願すると忽ちに病気が治癒したと言う。

この霊験で救われた謝意として、継政公が奉納したと言う直筆の扁額が外陣に掲げられている。

329-2-17.jpg
本堂内陣の様子
御本尊の千手千眼観世音菩薩は秘仏。

329-2-18.jpg
本堂前から北の薬師堂を見る

329-2-19.jpg
本堂の手前には平成14年に中国普陀山から勧請した東向き観音様が

329-2-20.jpg
東向き観音由緒

329-2-21.jpg
千手観音様近影

329-2-22.jpg
北側から見た本堂側面

 本堂に隣接するのはかつての十王堂を平成元年に再建したもの。

本尊に地蔵菩薩を祀る事から地蔵堂と改称した。併せて祀られている十王は地蔵菩薩の化身と言われ、

人の死後には忌日にそれぞれの王が裁きをし、亡者を導くとされる。

329-2-8.jpg
地蔵堂

329-2-9.jpg
地蔵堂由緒

 その南にある鐘楼に吊るされているのは「上寺の晩鐘」として知られる梵鐘。

銘文に拠れば、戦国時代の元亀2年(1571年)に明国人が豊後府中の惣道場に寄進したもので、

九州に遠征した宇喜多秀家が戦利品として持ち帰ったと伝えられる。』 とあります。

 慈覚大師の自作の真偽はさておき、古いものは御本尊ですが生憎秘仏。

それよりも注目すべきはいつも眺める事ができる梵鐘の来歴。

戦利品として千里の道を来た梵鐘ですが、宇喜多秀家が【凡将】でなかった証と言えそうです。

329-2-3.jpg
寺標の先に建つ鐘楼

329-2-5.jpg
鐘楼近影

329-2-6.jpg
数奇な運命を辿った梵鐘

329-2-7.jpg
梵鐘由緒

329-2-10.jpg
鐘楼と地蔵堂

 堂宇が連なった光景は古刹の雰囲気十分ですが、建造物自体は新たな再建もあって古式に則った復元と言えます。

 桜の名所の当寺ですが、最近は蓮の花も楽しめるようにと本堂前には蓮の鉢上が並びます。

これは本尊の千手観音菩薩が蓮華王菩薩と呼ばれる事に因んだもので、赤・白・黄の色彩が境内を彩るとか。

桜だけなら春の一週間だけですが、年間通しての【四季彩】に変わりつつあるようでした。

329-2-23.jpg
本堂前の石組み
赤(紅)い石は紅鎭(こうてん)石と呼ばれ厄災を鎭(しず)める効果があるとされる。緑石は波を表すか?

329-2-24.jpg
本堂東側にある弁天社
向こうに見えるのが納経所である餘慶寺会館。

329-2-25.jpg
本堂から薬師堂への石組は「遊慶の庭」と名付けられた

329-2-26.jpg
餘慶寺御朱印 (中国観音霊場)

329-2-27.jpg
頂いたお札
これが秘仏の御本尊。

[参考書]

岡山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2022/7/19 21:10時点)



山陽花の寺二十四か寺

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:16時点)



中国三十三所観音巡礼―法話と札所案内

中古価格
¥225から
(2022/7/19 21:13時点)



観音巡礼~中国路の古寺と仏像~

新品価格
¥1,572から
(2022/7/19 21:14時点)



中国観音霊場巡礼の旅―山陽・山陰の名刹37ヵ寺 (歩く旅シリーズ 古寺巡礼)

中古価格
¥360から
(2022/7/19 21:15時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


岡山県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2022年07月
  1. 薬師院 牡丹園 (兵庫県明石市魚住町西岡) <薬師院 其の弐>(07/31)
  2. 薬師院 (兵庫県明石市魚住町西岡) <薬師院 其の壱>(07/30)
  3. 楞厳寺 関西・花の寺 (京都府綾部市舘町) <楞厳寺 其の弐>(07/29)
  4. 楞厳寺 丹波のカラス寺 (京都府綾部市舘町) <楞厳寺 其の壱>(07/28)
  5. 多禰寺 舞鶴はぎの寺 (京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の参>(07/27)
  6. 多禰寺 飛鳥時代に遡る古刹(京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の弐>(07/26)
  7. 多禰寺 霊場への道(京都府舞鶴市多祢寺) <多禰寺 其の壱>(07/25)
  8. 豊原北島神社 (岡山県瀬戸内市邑久町北島)(07/24)
  9. 餘慶寺 塔頭恵亮院 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の伍>(07/23)
  10. 餘慶寺 境内の六塔頭 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の肆>(07/22)
  11. 餘慶寺 薬師堂に続く遊慶の庭 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の参>(07/21)
  12. 餘慶寺 東向きの観音様 (岡山県瀬戸内市邑久町北島) <餘慶寺 其の弐>(07/20)
次のページ
次のページ