fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

金熊寺 本堂 (大阪府泉南市信達金熊寺) <金熊寺 其の壱>

2022.06.14(20:47) 1141

金峯と熊野を勧請した寺院(2022.2.26)

<コース> 紀州路快速は15分間隔で運転
【往路】JR大阪(8:38) → (紀州路快速) → JR和泉砂川(9:53)

泉南市観光協会 → レンタサイクル20分 → 信達神社 → 金熊寺 → 金熊寺梅林 → レンタサイクル20分 → 泉南市観光協会

【復路】JR和泉砂川(14:51) → (紀州路快速) → JR大阪(15:58)

323-3-1.jpg
一乗山 観音院 金熊寺(真言宗御室派 和泉西国三十三ヵ所第二十九番札所)

 神社参拝後は、寺院へ。石の鳥居の直ぐ横に入口があり神宮寺であった事が分かります。

梅林があるので門前には石碑と立派な盆梅が。前の空き地はこの時期、¥500の駐車場に早変わり。

 一乗山観音院金熊寺(いちじょうさんかんのんいんきんゆうじ)は、

『真言宗御室派の仁和寺の末寺で如意輪観音を本尊とする。

この本尊は、天武天皇の白鳳10年(682年)、役小角が夢のお告げに拠って金銅六寸の尊像を

土中より掘り出し、四肘の木像を造り安置したのが嚆矢とされる。

役小角は金峯・熊野の両神を勧請し、当寺の鎮守として信達神社に合祀したので、寺名を金熊寺と呼ぶようになった。

323-3-2.jpg
寺標脇には梅林石碑と盆梅が

323-3-3.jpg
盆梅近影

323-3-4.jpg
梅近影

 正安元年(1299年)1月28日には、永仁の徳政令の煽りを受けて焼討ちに遭い諸堂が焼失。

しかし本堂と薬師堂は残り本尊も難を免れた。人々は不思議な事と噂したと言われる。

 応長2年(1312年)3月28日に本堂・薬師堂・鐘楼・中門・金銅三尺鏡・両界曼荼羅等を補修、

延元3年(1338年)には足利尊氏が元の姿に近いように修復したが、天正13年(1585年)の

豊臣秀吉の根来攻めの兵火に罹り焼失した。

323-3-5.jpg
書院前からの境内眺望

323-3-6.jpg
本堂とその向こうに見える書院

323-3-7.jpg
本尊・如意輪観世音菩薩を祀る本堂

323-3-8.jpg
正面から見た本堂
戦国時代に兵火に遭ったが江戸時代に元に近い形で再建された。

 慶長12年(1608年)、豊臣秀頼の家臣・大桑平右衛がこの地に狩りに来た際、白鷹を失った。

平右衛が祈願したところその効果あって白鷹を紀伊国で捕らえる事ができたので、返礼として本堂を修復した。

承応2年(1654年)9月には、信達十三ヵ村の人々の善意に拠って現在の堂宇が再興。

寛文5年1665年には岸和田藩主岡部氏から山林と新田を寄進された。

 かつての金熊寺は多くの堂宇、塔頭を有する一山であったが、今は塔頭であった観音院のみが残り、

金熊寺の寺跡を継承している。1500坪の敷地に本堂・庫裏・行者堂・薬師堂等があり

信達神社、金熊寺梅林に接し、閑静な佇まいを見せている。』 とあります。

323-3-9.jpg
本堂前面
天竺様式に見えるが…。

323-3-10.jpg
向拝と庇部分

323-3-11.jpg
本堂前の「金熊寺」の扁額

323-3-12.jpg
本堂の参拝は外陣から

 度重なる火災にも拘らず、御本尊は生き延びたようです。本堂は外陣からの参拝のみですが、

内陣には如意輪観音の巨大提灯が吊るされ、正面奥には金色に輝く観音様があります。

ですが、これはあまりにも金ピカなので御前立、御本尊は御厨子の中のようです。

323-3-13.jpg
本堂入口から見た内陣の様子

323-3-14.jpg
御本尊・如意輪観世音菩薩
といっても金ピカのこの観音様は御前立。

323-3-15.jpg
こちらが秘仏の御本尊 (説明書より)

 金熊の由来は神社と同じ。神仏習合であったので当然ではあります。

根来攻めの際の焼失は修験道との関係で理解できますが、

徳政令関連で焼討ちに遭うとは一体どういった事情でしょう?

まさか【きんゆう】関連の仕事をしていたとも思えませんが…。

323-3-16.jpg
山門脇の釣鐘堂

323-3-17.jpg
書院とそれに続く寺務所(庫裏)

323-3-18.jpg
書院玄関に建つ山号寺号碑

323-3-19.jpg
金熊寺略記

323-3-20.jpg
金熊寺御朱印 (和泉西国札所)

[参考書]

大阪府の歴史散歩 下 河内・堺・和泉 (歴史散歩 27)

新品価格
¥1,320から
(2022/6/7 21:13時点)



河内・泉州歴史探訪 南大阪ふらり旅

新品価格
¥1,320から
(2022/6/12 20:47時点)



東高野街道 (河内の街道を歩く1)

新品価格
¥1,100から
(2022/6/12 20:46時点)



歴史家の案内する大阪

新品価格
¥1,980から
(2022/6/7 21:14時点)



大阪 地名の謎と歴史を訪ねて (ベスト新書)

新品価格
¥817から
(2022/5/31 21:41時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大阪府 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<金熊寺 行者堂と庭園 (大阪府泉南市信達金熊寺) <金熊寺 其の弐> | ホームへ | 信達神社 鎮守の森 (大阪府泉南市信達金熊寺) <信達神社 其の弐>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する