fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

丹後のもみじ寺 四季折々の金剛院 (京都府舞鶴市鹿原) <金剛院 其の伍>

2023.02.28(20:43) 1395

細川藤孝の雄才(2022.11.19)

<コース>
【往路】JR京都(6:37) → JR園部(7:21→7:26) → JR綾部(8:25→8:51) → JR東舞鶴(9:20)

東舞鶴駅 → 徒歩12分 → 赤れんが館 → レンタサイクル20分 → 金剛院 → レンタサイクル15分 → 松尾寺 → レンタサイクル30分 → 東舞鶴駅

【復路】JR東舞鶴(14:28) → (まいづる10号) → JR京都(16:07)

356-5-1.jpg
鹿原山 慈恩寺 金剛院(真言宗東寺派 関西花の寺二十五霊場第三番) 小池庭

 境内は親王御手植えの千年榧の木、清盛の父・平忠盛お手植えの奉行杉がありますが、

圧巻は数千本と言われるもみじ。

江戸時代以前に丹後の城主であった細川幽斎が植樹したとされ、

境内南西には彼の作庭になる「鶴亀の庭」もあります。

356-5-15.jpg
金剛院へ向かう途中に聳える奉行杉
平忠盛の御手植えと伝わる。

356-2-3.jpg
金剛院境内の御神木・千年榧
こちらは開山・真如法親王の御手植えと伝わる。

『京都府と福井県の県境近くの山間に位置する金剛院は、

三重塔を彩る紅葉が一際美しい事で知られる。

三島由紀夫の『金閣寺』にも紅葉と共に境内の情景が描写され、

別名「丹後のもみじ寺」と呼ばれる所以である。

356-5-3.jpg
三重塔周辺の紅葉
奥に建つのが本堂。

356-5-6.jpg
紅葉のグラデーション

 山門を過ぎた場所にある「鶴亀の庭」は別名「小池庭」。

庭園中央の池には亀が泳ぐ姿の様に造られた亀島があり、また右手の平地には石組みや鶴石がある。

端の方に建っている細長い石は鶴首石と思われ、長寿や幸せを願う意図を以て造られた庭園と言える。

安土桃山時代の丹後国領主細川藤孝の作庭と伝わり京都府の名勝に指定されている。

356-5-7.jpg
伝・細川幽斎作庭の「小池庭」

356-5-8.jpg
庭園全景
赤黄緑に彩られている。

356-5-9.jpg
庭手前の植込み部分

 これらに加えて、境内には高岳親王の御手植えと伝わる千年榧の木、

平忠盛の奉行杉など古木があり、更に椎・樫林等の優れた自然環境に恵まれている。

これは境内を取り囲む周辺林地域が社叢林として保全されてきたためで、

金剛院とその周辺は「京都府歴史的自然環境保全地域」に指定されている。』

とあります。

356-5-4.jpg
社叢林

356-5-5.jpg
地面を覆う杉苔

356-5-2.jpg
赤れんが館で入手した金剛院パンフ
主に自然環境について記載している。

 細川幽斎といえば古今伝授を受けた文人大名として有名。作庭の才があっても不思議ではありません。

唯、軟弱なだけではなく、戦の駆け引きも巧みだったと見えて、関ヶ原直前の舞鶴城籠城では、

大軍を長時間に亘り引付け、結果的に関ヶ原への参陣を不可能にさせました。

 戦国時代は、生き残りを掛けて皆が鎬を削る時代。いかに実力があっても誰に付くかで

家の浮沈が左右されます。その意味では武力よりも情報力が重視される時代と言え、

細川幽斎の文人趣味も上流階級を通じて如何に正確な情報を得る手段だった気がします。

356-5-10.jpg
池とその奥の石組み

356-5-11.jpg
一面に紅葉が敷かれた石組み

356-5-12.jpg
池の近影

356-5-13.jpg
紅葉の奥は椿か?

 紅葉の名刹である当院ですが10日前位がピークだったようで、紅葉の絨毯を歩くと

【高岳親王後悔記】になりました。こちらも情報力が重視される事に変わりはありません。

356-5-14.jpg
金剛院御朱印 (関西花の寺)

[参考書]

京都府の歴史散歩〈下〉

新品価格
¥1,320から
(2023/2/24 20:15時点)



関西花の寺二十五ヵ所巡礼―藤井金治写真集

新品価格
¥1,600から
(2023/2/24 20:18時点)



関西花の寺二十五カ所の旅 (エコ旅ニッポン)

中古価格
¥1,788から
(2023/2/24 20:19時点)



関西 花の寺二十五カ所―四季の花とみ仏をたづねて (歩く旅シリーズ―古寺巡礼)

中古価格
¥1,000から
(2023/2/24 20:19時点)



関西の花の寺々

新品価格
¥1,100から
(2023/2/24 20:20時点)



京都の絶景: 日本の美しい風景

新品価格
¥1,800から
(2023/2/24 20:21時点)



細川幽斎の経営学 価値観大転換時代を生き抜く知恵 PHP文庫

新品価格
¥510から
(2023/2/28 20:46時点)



細川幽斎 (中公文庫)

中古価格
¥302から
(2023/2/28 20:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


京都府(京都市以外) トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<松尾寺 松尾寺への道 (京都府舞鶴市字松尾) <松尾寺 其の壱> | ホームへ | 丹後のもみじ寺 雲山閣から弘法の滝へ (京都府舞鶴市鹿原) <金剛院 其の肆>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する