fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

瓦屋禅寺 補陀落庭園 (滋賀県近江八幡市安土町石寺) <瓦屋禅寺 其の陸>

2023.11.11(13:41) 1642

清廉の紅葉庭園(2022.11.27)

<コース>
【往路】JR大阪(6:21) → (快速) → JR近江八幡(7:39)

近江八幡駅 → レンタサイクル30分 → 教林坊 → レンタサイクル30分 → 徒歩10分 → 瓦屋禅寺 → レンタサイクル40分 → 近江八幡駅

【復路】JR近江八幡(14:09) → (新快速) → JR大阪(15:13)

358-11-1.jpg
石崎山 瓦屋禅寺(臨済宗妙心寺派 近江西国第十八番 聖徳太子御遺跡第三十番)
山門から庫裏へと続く石畳

 午前中に参拝した教林坊程ではないとはいえ、当寺も楓が見事。

パンフ等には「幽玄の楓寺」と記載してあります。

 楓は境内の堂宇の周辺を中心に植えられ、今の時期は上からと地面からと

両側からの赤に囲まれる事になります。中でも最も本数が多いのが境内の庭園。

358-11-2.jpg
インスタ映えのためハート型に掃き集められた紅葉

358-11-3.jpg
鐘楼周囲は紅葉の吹き溜まり

358-11-4.jpg
紅葉に浮かぶ鐘楼

358-11-5.jpg
石仏と腰掛の周囲を覆う紅葉

358-11-6.jpg
経堂の建つ高台からの眺望

『本堂の南に位置するのは補陀落庭園。これは観音が住まう南方に

補陀落があるという思想に由来する命名である。

11月初旬から12月初旬にかけて境内にあるイロハモミジや山モミジの楓が

色鮮やかに紅葉し、参詣者の心を和ませる。

358-11-7.jpg
山門を出て駐車場へ向かう右手に補陀落庭園が広がる

358-11-8.jpg
紅葉の中に建つ十三重?石塔

358-11-9.jpg
補陀落庭園

358-11-10.jpg
補陀落庭園

358-11-11.jpg
庭園の奥に建つ祠へ

 庭園の奥には青色の不動明王を祀った祠が建つ。

庭園の裏手の坂を上ると山頂に位置する慈母観音堂へ至り、

そこからは遠く蒲生野平野を一望することができる。』 とあります。

358-11-12.jpg
不動明王像を祀る祠

358-11-13.jpg
現代風の彩色を施された青色不動明王像

358-11-14.jpg
補陀落庭園全景

 桜の花弁と異なり、楓は散った後もその赤が際立ち、落ち葉を用いた

ハート型のモニュメントが作られていました。桜だとこうはいきません。

 境内から望む蒲生野は萬葉集にも歌われた場所。額田王の

・あかねさす

の歌が有名ですが、それを見下ろす当寺も紅葉の場所と湖東は

この時期、上を下への赤い季節でした。

358-11-15.jpg
庭園脇の石段を上り高台の慈母観音堂へ

358-11-16.jpg
石段からの庭園の眺望

358-11-17.jpg
慈母観音像

358-11-18.jpg
観音堂からの蒲生野の眺め

358-11-19.jpg
上から見下ろした補陀落庭園

[参考書]

滋賀県の歴史散歩〈下〉彦根・湖東・湖北・湖西

新品価格
¥1,320から
(2023/10/31 21:12時点)



かくれ里 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

新品価格
¥1,375から
(2023/10/31 21:15時点)



かくれ里 愛蔵版

新品価格
¥3,300から
(2023/10/31 21:15時点)



近江のかくれ里: 白洲正子の世界を旅する

新品価格
¥1,760から
(2023/10/31 21:16時点)



聖徳太子の寺を歩く JTBキャンブックス

新品価格
¥6,273から
(2023/10/31 21:23時点)



聖徳太子の寺を歩く―太子ゆかりの三十三カ寺めぐり (楽学ブックス―古寺巡礼―古寺巡礼)

新品価格
¥1,760から
(2023/10/31 21:24時点)



近江山河抄 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

新品価格
¥1,210から
(2023/10/31 21:16時点)



ニッポン巡礼 (集英社新書)

新品価格
¥1,540から
(2023/10/31 21:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


滋賀県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<桑實寺 山門から境内へ (滋賀県近江八幡市安土町桑実寺) <桑実寺 其の壱> | ホームへ | 瓦屋禅寺 庫裏書院 (滋賀県近江八幡市安土町石寺) <瓦屋禅寺 其の伍>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する