fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

城下町杵築 北台武家屋敷 (大分県杵築市) <杵築 其の参>

2024.02.07(20:38) 1724

酢屋の坂で呑みてぇ!(2023.12.1)

<コース>
【往路】大阪駅前(21:30) → (近鉄高速バス) → 中津サンライズホテル前(6:31)

JR中津(11:18) → (日豊本線) → JR杵築(12:05→12:36) → (大分交通バス) → 杵築市商工会前(12:43) → 杵築〒 → 南台武家屋敷 → 塩屋の坂 → 杵築本町〒 → 酢屋の坂 → 北台武家屋敷 → 杵築ふるさと産業館(MHC) → 杵築バスターミナル(13:39) → 杵築駅前(13:50→14:07)

404-4-1.jpg
北台より酢屋の坂を見下ろす

 南台から坂を下って商家群を見た後は、再び坂を上り北台へ。

こちらにも南台と同じく武家屋敷が残ります。

商家から北台武家屋敷へと至る坂はひとつ屋・紺屋町・岩鼻・酢屋の坂と呼ばれていますが、

何と言っても一番の見所は酢屋の坂。杵築を代表する撮影スポットですが、

南台に続く塩屋の坂と共に台へと続く最も長い坂がここで繋がっていることも大きいでしょう。

名の由来となった酢屋は味噌屋に転業しましたが、酢でなくとも良い【塩梅】なのは間違いのない所です。

404-4-2.jpg
バス通りから酢屋の坂を見上げる

404-4-3.jpg
酢屋の坂の上は北台武家屋敷が東へ続く

404-4-4.jpg
酢屋の坂から塩屋の坂へと続く

404-4-5.jpg
塩屋の坂の向こうは家老丁

『酢屋の坂を上った先にある北台武家屋敷は両側に土塀が続き、南側には上席家老大原邸、

松平の分家能見邸や藩主の休憩所から武家屋敷になった磯矢邸が現存する。

404-4-6.jpg
坂の上の北台武家屋敷

404-4-7.jpg
黒塀と黄土色の土塀が映える上席家老大原邸長屋門

404-4-8.jpg
大原邸長屋門前にて (見学は有料)

404-4-9.jpg
門から見た大原邸茅葺屋根

能見家は杵築藩主松平家の出身地三河国能見を姓とし、5代藩主親盈(ちかみつ)の9男幸之丞を初代とする。

現存する屋敷は「居宅考」に拠ると、以前は三百石の岡藤家の屋敷で火災に遭った後は、

楽寿亭の御用屋敷に加えられ菜園場となり、その後、能見氏が入ったと考えられる。

404-4-10.jpg
大原邸の東側に続く能見邸 (見学は無料)

404-4-11.jpg
能見邸屋敷門
左には甘味喫茶 「台の茶屋」 の案内板。

404-4-12.jpg
能見邸書院玄関

建築年代を示す資料はないが、様式から幕末期のものと推定され、武家屋敷の旧態をよく留めている。

平成19年に能見家子孫より市に寄贈され、保存解体修理を経て平成22年より一般公開されている。

404-4-13.jpg
能見邸門脇の植え込みと紅葉

404-4-14.jpg
門を潜り左手には庭園が広がる

404-4-15.jpg
能見邸前庭

404-4-16.jpg
書院裏手の庭

 北側には杵築藩の藩校「学習館」の門が残り、東の勘定場の坂に続いている。

この坂は歩幅の広い緩やかな石段が53段あるが、これは騎馬でも上れる様に

との配慮からである。』 とあります。

普通、南北に分かれた町ならば何かしら違いがあるものですが、ここでは規模・家格ともほぼ同じ。

揉めないように上手く棲み分けられていると言えます。

404-4-17.jpg
西側の大原邸との境界付近

404-4-18.jpg
能見邸の塀の植え込み

404-4-19.jpg
杵築藩の藩校 「学習館」 の門
大原邸・能見邸の向かいに建つ。

 今回は平日のため続いて別府へ向かうので、城下での滞在は1時間。

有料施設や寺社見学なしの足早拝観となりました。

最後にふるさと産業館でMHCを入手してバス乗車の予定でしたが、

最後の最後でまさかの品切れ状態。

入手のためには再訪が必須ですが、今回見る事ができなかった場所を

再度訪れるきっかけになったと前向きに考える事にしました。

404-4-20.jpg
東側から見た北台武家屋敷

404-4-21.jpg
武家屋敷の北側、北浜口番所に続く 「番所の坂」

404-4-22.jpg
杵築本町郵便局 ; ミカンの外枠に杵築城、酢屋の坂

404-4-23.jpg
杵築市マンホール蓋
守江湾に生息する天然記念物・カブトガニ

[参考書]

大分県の歴史散歩 (歴史散歩 44)

新品価格
¥1,320から
(2024/2/5 20:11時点)



JR・私鉄全線各駅停車 10 九州830駅

中古価格
¥1から
(2024/2/5 20:12時点)



城下町 杵築 杵築探訪マガジン

中古価格
¥1から
(2024/2/5 20:16時点)



日本の原風景 町並

新品価格
¥3,080から
(2024/2/5 20:13時点)



知りたい、歩きたい! 美しい「日本の町並み」: この国の「原風景」に戻れる場所 (知的生きかた文庫 に 21-7)

新品価格
¥2,090から
(2024/2/5 20:13時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大分県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<東別府駅舎 (大分県別府市) | ホームへ | 城下町杵築 南台武家屋敷 (大分県杵築市) <杵築 其の弐>>>
コメント
情緒ある街並みですね〜
【2024/02/07 21:14】 | nomigon52 #SFo5/nok | [edit]

 nomigon52 様

 ありがとうございます。

 
【2024/02/08 05:46】 | 和辻鉄丈 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する