fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

東別府駅舎 (大分県別府市)

2024.02.08(21:47) 1725

別府でハッとうした話(2023.12.1)

<コース>
【往路】大阪駅前(21:30) → (近鉄高速バス) → 中津サンライズホテル前(6:31)

JR中津(11:18) → (日豊本線) → JR杵築(12:05→12:36) → (大分交通バス) → 杵築市商工会前(12:43) → 杵築〒 → 南台武家屋敷 → 塩屋の坂 → 杵築本町〒 → 酢屋の坂 → 北台武家屋敷 → 杵築ふるさと産業館(MHC) → 杵築バスターミナル(13:39) → 杵築駅前(13:50→14:07) → (日豊本線) → JR別府(14:37) → (徒歩25分) → 別府浜脇〒 → (徒歩5分) → JR東別府

【復路】JR東別府(16:35) → (日豊本線) → JR大分(16:46)

404-5-1.jpg
東別府駅本屋(別府市指定有形文化財)

 坂の城下町杵築を駆け足で上り下りした後は、日豊本線で下って別府駅下車。

九州屈指というより日本を代表する温泉地で、湧出量は日本一だそう。

最近は駅名にやたらと「〇〇温泉」を付けるのが流行りですが、別府ではそんなことはありません。

別府で下車したなら是非とも別府八湯巡りと行きたいところですが、

平日のこの日は街中の郵便局散策。同じ‘ゆ’でも‘ゆ’違いでした。

404-5-2.jpg
市内を2時間歩いた成果

404-5-11.jpg
別府浜脇郵便局 ; 別府八湯・浜脇温泉、湯都ピア浜脇、温泉マーク
JR東別府駅の最寄りの温泉地だが、周りは民家が密集。

 八湯に一つ足りない七局して大分行の電車に乗るべく、向かった先が東別府駅。

『東別府駅舎は明治44年11月1日に豊州本線(現日豊本線)の浜脇停車場として開業。

大分県下の木造駅舎としては開業当時の面影を最も残している。

 当時の浜脇温泉は別府温泉と並ぶ大温泉地で多くの浴客で賑わった。

その隆盛を誇った浜脇温泉の交通の拠点として貴重であると共に、

東九州の鉄道の歴史を知る上でも貴重な建造物である。

404-5-3.jpg
坂を上った先に建つJR東別府駅舎

404-5-4.jpg
駅入口に建つ記念碑

 大正初期に浜脇駅、昭和9年には東別府駅と改称され、また大正14年にプラットホームを

砂面からコンクリートに変更、平成16年3月には開業当時の姿を残しながら全面改修された。

平成15年2月5日に別府市指定有形文化財となった。』 とあります。

404-5-5.jpg
駅舎入口

404-5-6.jpg
風情の残る待合室

 同じ明治44年の開業ながら、かたや鉄筋コンクリートの高架駅、一方は木造の地上駅と差は歴然。

同じ別府八湯とは言え、観光の中心地と外れの地との違いでしょう。

普通ならそれで終わりですが、そんな木造駅舎も今は貴重な文化遺産となっています。

404-5-7.jpg
木目も鮮やかな天井

404-5-8.jpg
かつての駅窓口と改札

 このような駅舎が注目されたのは肥薩線の嘉例川駅が嚆矢。

このような駅が九州で注目されたのは、かつて炭鉱で栄えた町が閉山で寂れた後、

残された施設を文化遺産として再評価した先例があったからと思えます。

404-5-9.jpg
古い駅舎ながらICカード対応済
因みに九州地区はSUICAではなくSUGOCA(すごか!)と言うのだとか。

404-5-10.jpg
駅ホームにて電車待ち

 定刻通りに来た電車でこの日の宿泊先のJR大分駅へ。

17時前だったので、駅内郵便局で押印して滑り込みで八局クリアできました。

県庁所在地とはいえ20年前と比べ近代的な駅舎へと変貌を遂げた大分駅でしたが、

駅前の大友宗麟の像はそのままでした。

404-5-15.jpg
大分駅内郵便局 ; 府内城址、ザビエル像
大分中央郵便局 ; 高崎山、サル、市花・山茶花

404-5-12.jpg
大友宗麟銅像

 大友氏は初代義直が源頼朝から豊後守護に任命されて以来、400年続きましたが、

宗麟の子・22代義統(よしむね)が朝鮮出兵で戦線離脱したため秀吉に拠り改易。

九州版関ヶ原の戦いでも黒田官兵衛に敗れ返り咲きはなりませんでした。

それでも駅前に銅像が建つのは、キリシタン大名等として知名度が高いからでしょう。

その意味では武田信玄、上杉謙信にも通じるものがあります。

宗麟の洗礼名はドン・フランシスコ、横にフランシスコ・ザビエル像が建つのは、その繋がりでしょうか?

404-5-13.jpg
切支丹の服装の大友宗麟

404-5-14.jpg
向かいにはザビエル像が

 南蛮貿易で巨万の富を得、幕府に献金して九州探題の地位を得たとあるように、経済感覚にも優れた

戦国大名だった様子。戦に強いことも大事ですが、経済的センスが欠落していたら元も子もありません。

戦国大名として九州全土を覆う勢いながら島津氏に敗北。

それがキリスト教に改宗した後なので、仏教・神道側からは神罰が下ったと言っているようですが…。

404-5-16.jpg
大分市マンホール蓋

404-5-17.jpg
大分市マンホールカード 2種

[参考書]

大分県の歴史散歩 (歴史散歩 44)

新品価格
¥1,320から
(2024/2/8 21:44時点)



別府八湯温泉本23-24年版

新品価格
¥660から
(2024/2/8 21:45時点)



大友義鎮:国君、以道愛人、施仁発政 (ミネルヴァ日本評伝選 216)

新品価格
¥3,850から
(2024/2/8 21:46時点)



世界史の中の戦国大名 (講談社現代新書)

新品価格
¥1,155から
(2024/2/8 21:47時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大分県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<宇佐への道 (大分県宇佐市大字岩崎) <宇佐神宮 其の壱> | ホームへ | 城下町杵築 北台武家屋敷 (大分県杵築市) <杵築 其の参>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する