FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

本土寺(千葉県松戸市) 紫陽花と菖蒲の寺の御朱印

2019.05.31(00:13) 295

日蓮の教えには華がある?(2017.6.10)

<コース>
JR上野 → JR北小金 → 徒歩10分 → 本土寺 → JR北小金 → JR松戸 → 徒歩10分 → 戸定邸

134-1-15.jpg
長谷山 本土寺(日蓮宗本山 東国花の寺百ヵ寺千葉二番)

 梅雨入りしたとは【露】程も感じない晴天の土曜、北小金の本土寺へ。

今回は首都圏なので関東在住の同窓にも声を掛け紫陽花と菖蒲の花見となりました。

 東京都松戸市と言われますが、JR常磐線北小金駅北口から商店街を抜けると喧騒が嘘の様に道の両脇に松杉の大木が。その参道を行くこと500mで目指す本土寺に到着。

 ここは新羅三郎義光の流れをくむ源氏の名門平賀氏の邸跡で、建治3年(1277年)に領主の曽谷教信により領内の地蔵堂を移し法華堂としたのが始まり。

後に日蓮より長谷山本土寺の寺号を授かります。日蓮の直弟子の日朗が開山となりましたが彼は平賀長国の長男。

日朗の異母弟二人は日像(四条門流祖)・日輪(池上本門寺三世)といずれも日蓮に帰依したので、ここは三聖人御出生の聖跡となっています。

名門の子弟が出家する例は過去も多々あり受入側でも名門の庇護を受けるメリットはあったでしょうが、兄弟が揃って帰依するにはその教えが武家に魅力的だったからに他なりません。

政治が貴族から武士へと移ろう時代に宗教も武士をターゲットにした教えを説いた日蓮は時代の一歩先を見据えていたのだと思います。

 東京・池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺と共に「朗門の三長三本」と呼ばれる名刹で、江戸時代には七堂伽藍に四院六坊を加え末寺百数十を統括する屈指の本山となります。

明治期の廃仏毀釈等で寺域は狭くなりましたが、現在では花を植えるなどで堂内を整備。

他派を攻撃した日蓮ですが、日蓮宗の寺院はどこも敷居が低く参拝し易い雰囲気なのはここも変わりません。

紫陽花は少し【アヤメ】もとい早目でしたが菖蒲は見頃、両方を見るには日程の【しょうぶ】所が肝心です。

いずれアヤメか杜若と区別がつかんのが情けなかったですが、美しさは十分堪能できました。

土木が専門の先輩が居られ地形等の詳細な解説も聞くことが出来、ブラタモリの生放送に立ち会った心境です。

134-1-1.jpg
松戸探検隊ひみつ堂
松戸駅西口徒歩5分、ここでパンフを貰う。元は米屋で、当主は原田重左衛門氏で今は道向かいの新ビルで営業中とか。

134-1-2.jpg
入手したパンフ類

134-1-3.jpg
本土寺へと続く欅並木
木陰を作ってくれるので有難い。

134-1-4.jpg
長谷山本土寺仁王門

134-1-5.jpg
五重塔

134-1-6.jpg
本堂への石段

134-1-7.jpg
本堂横の紫陽花

134-1-8.jpg
本堂に参拝

134-1-9.jpg
客殿から菖蒲池へ坂を下る
奥に見えるのは渡り廊下。

134-1-10.jpg
菖蒲池にて

134-1-11.jpg

134-1-12.jpg
杜若と黒揚羽

134-1-13.jpg

134-1-14.jpg
菖蒲池の奥にある宝物殿

134-1-16.jpg
像師堂に御参り
ここは源氏の名門平賀氏(新羅三郎義光の流れ)の邸跡で、平賀氏の三兄弟(日朗・日像・日輪)は日蓮に帰依したことに拠る。

134-1-17.jpg
柏葉紫陽花
葉っぱが柏の葉に似ていることから。

134-1-18.jpg
境内の紫陽花

134-1-19.jpg

134-1-20.jpg

134-1-21.jpg

134-1-22.jpg

134-1-23.jpg
長谷山 本土寺説明書

134-1-24.jpg
本土寺御朱印
御朱印帳は日蓮宗だけではないので「妙法」と記載。御朱印所は12~13時まで休憩で13時に行くと15人位待ち。昨今のブームは凄い。

134-1-25.jpg
拝観後の小休止は門前の赤門(東大ではない)にて
これは大豆ソフト¥350。

 昼食は地元の先輩も合流され駅前のフレンチ Mon Lapinへ。少し筋を入るだけで閑静な雰囲気、女性に人気なのも分かります。今日も若い女性やかつての若い女性で一杯でした。

東京都松戸市と言われますが、やはり23区を離れると値段も手頃。プチランチ¥1980はお得、もって【きた小金】で十分満足できる上、デザート1品追加も¥150でOK。

 その後、松戸の戸定(とじょう)邸へ行き、明治期の徳川将軍屋敷を見学。7万㎡の敷地ながら派手さはなく質素な造り、庭から富士山が見えるのが唯一の贅沢でしょうか?

 今回の松戸観光で分かった事は、

① 東京のベッドタウンだが意外と見所がある。

② ラーメン激戦区ながら他の美味しい店がある。

③ 松戸から市川までバス1本で帰れる。

でしょうか。観光地としては発展【とじょう】ですが、今後を【まつど】ですね。

134-1-26.jpg
Mon Lapin(山のウサギの仏語とか)にて
これはオードブル

134-1-27.jpg
玉葱のスープだったか?

134-1-28.jpg
メインの豚バラ肉

134-1-29.jpg
デザートはキャラメルムースとバニラ

134-1-30.jpg
戸定邸中庭

134-1-31.jpg
戸定邸内蔵には葵の御紋が

134-1-32.jpg
昭和初期にできた浴槽にて
「語られぬ 湯殿に濡らす 背中かな」

134-1-33.jpg
座敷の葵の透かし彫り

134-1-34.jpg
蝙蝠の透かし彫り
蝙蝠は中国語で遍福と音が同じで縁起が良いとされる。

134-1-35.jpg
松戸市マンホール蓋 その1
松戸市の木がユーカリなのでコアラ。一体、どんなゆーかりが?

134-1-36.jpg
松戸市マンホール蓋 その2
矢切の渡し

134-1-37.jpg
松戸矢切郵便局 ; 矢切の渡し、「野菊の墓」文学碑
松戸二十世紀ヶ丘郵便局 ; 名勝・徳川昭武建造の戸定邸、矢切の渡し

134-1-38.jpg
国鉄民営化前後のJR北小金駅スタンプ

[参考書]

千葉県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/8/11 16:42時点)



千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド

新品価格
¥1,760から
(2019/8/11 16:44時点)



東国花の寺百ヶ寺ガイド―関東1都6県花の寺巡り

新品価格
¥1,620から
(2019/5/31 00:10時点)



東京周辺 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内

新品価格
¥1,728から
(2019/5/31 00:11時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


千葉県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<龍王寺(滋賀県蒲生郡竜王町) 大蛇由来の鐘のある寺の御朱印 | ホームへ | 石塔寺(滋賀県東近江市) アショーカ王の石塔寺の御朱印>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する