FC2ブログ

タイトル画像

清水観音(千葉県いすみ市) 森と泉に囲まれた清水の里の御朱印

2019.08.27(22:23) 387

いすみ市のいずみに参拝(2015.8.22)

<コース>
【往路】JR横浜 快速エアポート成田(5:39) → JR東京(6:09) → JR千葉(6:51→6:58) → JR五井(7:15→7:25) → (小湊鉄道) → 上総牛久(7:53)

牛久駅(8:25) → (小湊鉄道バス) → 笠森(8:40) → 笠森観音 → 徒歩30分 → 長南三叉(9:38) → (小湊鉄道バス) → 藻原寺バス停(9:51) → 徒歩5分 → 藻原寺 → 徒歩10分 → JR茂原(11:50) → JR三門(12:18) → 徒歩45分 → 清水寺

【復路】JR三門(15:45) → JR千葉(16:50→17:11) → JR横浜(18:26)

160-3-1.jpg
音羽山 千手院 清水寺(天台宗 坂東三十三ヵ所第三十二番札所)
入口にあるこの仁王門は老朽化のため平成5年に再建。

 藻原寺の後はJRに戻って次の札所へ。外房線は1時間毎の運行。

それだけならまだしも、最寄りのJR三門駅及び長者町駅は無人で駅周辺も施設は皆無。

路線バスもないので、猛暑の中、ひたすら4㎞のアスファルト道を歩く事に。

音羽山千手院清水寺(おとわさんせんじゅいんきよみずでら)は、

『延暦年間(782~806年)、この地を訪れて道に迷った最澄に熊野権現が樵に化けて現れ宿を貸したのが始まり。

最澄はそこに庵を結んだが帰京したので弟子の円仁が大同2年(807年)に師の意思を継いで楠で千手観音を刻み安置。

東征中の坂上田村麻呂が堂宇を建立した』

とあります。

伝説の域ではありますが、由来が古いのは確か。

西国札所の京都清水寺、播磨清水寺と共に日本三清水と言われます。

清水と言う名は多いですが、この地には夏でも涸れない「千尋の池」があることが名前の由来。

加えて太平洋に注ぐ夷隅(いすみ)川河口岬町の山間にあって地形が京都に似ているから同じ山号を採っているようです。

160-3-2.jpg
風神・雷神を祀る四天門
文政5年(1822年)建立、昭和54年に銅板葺に改修。

 古刹・古寺と呼ばれる寺はなにがしか理由があって人が崇める場所に建立されたもの。

適当に建てたら人が来るようになったというものではありません。

 古代にあっては、生活に必須な物、恐ろしく畏敬の念を持つ場所が相当するでしょうか。

清水観音も自然林の中にあり、ここも境内及び山林10ヘクタールは千葉県環境保全地域 「清水観音の森」。

笠森観音もそうですが自然と結びついた古代の人の信仰の様子が伺えました。

清水寺があるのは「いすみ市」。いすみは夷隅ですが、案外清水観音の「いずみ」に由来するかもと思った次第です。

160-3-3.jpg
本堂
文化14年(1817年)再建。本尊・千手観世音菩薩を祀る。

160-3-4.jpg
本堂前面の欄間彫刻

160-3-5.jpg
西国・坂東・秩父札所の御本尊を祀る百体観音と鐘楼堂(奥)
鐘楼堂の左手にあるのが由来となった「千尋の池」。

160-3-6.jpg
清水観音説明書

160-3-7.jpg
清水観音御朱印

160-3-8.jpg
岬郵便局 ; 清水寺山門、岬海岸、岬灯台

[参考書]

千葉県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2019/8/27 22:17時点)



坂東三十三ヵ所めぐり (楽学ブックス)



坂東三十三ケ所札所めぐり 観音霊場巡礼ルートガイド 札所めぐりルートガイド




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


千葉県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<中仙道を往く(長野県塩尻市及び木曽郡) 木曽街道は1日中山道 | ホームへ | 藻原寺(千葉県茂原市) 日蓮門下お題目初唱之霊場の御朱印>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する