FC2ブログ

タイトル画像

清水寺(群馬県高崎市) 田村麻呂が勧進した清水の御朱印

2019.09.04(08:58) 397

白衣大観音の傍らにひっそり佇む観音様(2019.9.3)

<コース>
JR横浜 → JR高崎 → 路線バス 或いは 西口レンタサイクル → 高崎観音・清水観音

163-2-0.jpg
華蔵山 弘誓院 清水寺(真言宗豊山派)

 白衣大観音様にお参りした後は、少し下った所にある寺院に。

華蔵山弘誓院清水寺(けぞううざんぐせいいんせいすいじ)は、寺伝に拠れば

『大同3年(808年)、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐の折、

この地まで軍を進めた時に戦勝と武運長久を祈願するために京都の清水寺から勧進した。』 という古刹。

本尊の千手観音からここが観音山と呼ばれるようになりました。

京都から勧進したのですから名前が同じ筈ですが、ここは「きよみずでら」ではなく「せいすいじ」と読むのが正しいそうで

【肝心】な所で違いがありました。

 京都から東北に進む際に高崎を通過するのは今の感覚では不思議ですが、意外と中山道経由だったのかもしれません。

馬に乗って軍を進めたから「群馬」になった訳ではなく、牧があった事に拠るようです。

本堂までは518段の石段があり、下って上るという世の流れを体験する事に。

同じ観音山にありながら、境内は木々に覆われて日光が降り注ぐ慈眼院とは対照的。

田村麻呂も故なく勧進したのではなく、兵の喉を潤す清水を見つけたに違いありません。

階段の両側には紫陽花が植えられていますが、この陽当たりを考えての事でしょう。水無月にはさぞ壮観だろうと想像します。

 結局、午前と午後の予定が入れ替わっただけで5回目の青春18きっぷも無事終了しました。

参道では「ふわっとしたかき氷が販売中」、奈良でも聞いたようなネーミングですが、今の流行りなのでしょうかね。

163-2-1.jpg
300株の紫陽花に囲まれた518段を上り本堂まで

163-2-3.jpg
本堂前に建つ山門
これくらいの高さなら飛び降りる人がいるかも?

163-2-2.jpg
風格を感じる観音堂「大悲閣」
本尊は千手観音であるが、白衣観音と違い参拝の人も稀

163-2-4.jpg
清水寺御朱印

[参考書]

群馬県の歴史散歩 (歴史散歩 (10))

新品価格
¥1,296から
(2019/9/3 17:27時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


群馬県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<日高御坊(和歌山県御坊市) 御坊の由来となった寺院と寺内町 | ホームへ | 高崎観音(群馬県高崎市) 高崎市を見守る観音様の御朱印>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する