FC2ブログ

タイトル画像

金蓮寺(愛知県西尾市) 国宝阿弥陀堂と“ほのぼの御朱印”

2019.09.17(20:47) 411

きらと光る金蓮寺(2017.9.15)

<コース>
JR横浜(5:48) → JR小田原(6:42→7:04) → ひかり501号 → 豊橋(7:59→8:05) → JR蒲郡(8:17→8:40) → (名鉄蒲郡線) → 吉良吉田(9:06) → レンタサイクル10分 → 金蓮寺 → 吉良吉田(10:45)

167-1-1.jpg
青龍山 金蓮寺(曹洞宗)

 台風接近の三連休、大阪に帰 (けえ) ろうの日となりましたが、豊橋から海沿いを大回りして

平成の大合併で西尾市になった吉良町の古刹巡り。

 青龍山金蓮寺(せいりゅうざんこんれんじ) は名鉄吉良吉田から北に2㎞程行った所にある古刹。

駅前に無料のレンタサイクル「赤馬号」があったので利用。

【来んれんじ】にはならず、自動車運転の出来ない身には本当に助かります。

寺伝に拠れば、

『創建は平安時代に遡り、幡豆郡司の娘が金蓮寺を氏寺としたという記述が初出。

その後、源頼朝の命により三河守護の安達盛長が建立した「三河七御堂」の一つにも数えられるが不明な点も多く、

足利尊氏がこの地に移した暦応3年(1340年)がほぼ確実と言われる。

江戸時代にはこの地を治める幕府旗本吉良氏の帰依を受けた。

始めは真言宗であったが、寛政年間(1789~1801年)に曹洞宗になった。』

とあります。

167-1-2.jpg
青龍山金蓮寺入口
遠くからでも阿弥陀堂は直ぐ判る。

167-1-11.jpg
本堂
御朱印はここで拝受

167-1-8.jpg
ここは不動堂

167-1-9.jpg
境内の巨木

167-1-10.jpg
お不動産の名水

 本尊は秘仏の不動明王で「饗庭のお不動さん」として親しまれていますが、ここでの必見は国宝の金蓮寺阿弥陀堂。

鎌倉中期の建立とされ、その姿から遠くからでもそれと分かります。

 平安時代の末法思想から阿弥陀信仰が広がりますが、その頃建立された阿弥陀堂の流れを汲む建造物。

特に平安貴族の住宅建築の雰囲気を伝えており、蔀戸(しとみど)・縋破風(すがるはふ)に内裏で用いられた建築と

共通の特徴があるとの事。

 このような洗練された様式から建築には都の大工が携わったと考えられますが、

今日まで修理を重ねながら残った事は、領主始め地元民の篤い信仰心の賜物でしょう。

167-1-3.jpg
国宝・阿弥陀堂遠景

167-1-4.jpg
正面から見た阿弥陀堂
内陣には阿弥陀三尊像を祀る。

167-1-5.jpg
手前に伸びた孫庇が美しい阿弥陀堂
檜皮葺きは昭和29年の解体修理で瓦葺から改められた。

167-1-6.jpg
阿弥陀堂の縋破風

167-1-7.jpg
阿弥陀堂説明

 拝観の後は御朱印を頂くため寺務所へ。ベルを押すと、御高齢の住職がニコニコしながら出て来られました。

「御朱印を御願いします。」と言うと無言で頷かれ、奥で書かれた後、持って来られました。

御朱印代¥300をお渡しした後、奥に戻られましたがどうも足が悪い様子。

申し訳ない事をしたかと思いましたが、終始にこやかな顔を崩されませんでした。

 拝受した御朱印を見ると、文字の上にお地蔵様がほほ笑んだ絵柄が。

いままで色々な御朱印を頂きましたが、このようなものは初めて。

形式的ではなく、真心のこもった御朱印とはこういうものを指すのでしょう。

お地蔵様の顔が先程迄の御住職の顔と重なって見えました。

167-1-12.jpg
金蓮寺説明書

167-1-13.jpg
阿弥陀三尊像
説明書に掲載されたものを引用。

167-1-14.jpg
金蓮寺御朱印

167-1-15.jpg
吉良町郵便局 ; 国宝・金蓮寺阿弥陀堂、吉良義央木像、尾崎士郎生誕地碑

167-1-16.jpg
吉良町マンホール蓋 (汚水用)

167-1-17.jpg
吉良町マンホール蓋 (雨水用)
蔦は吉良家の家紋。

[参考書]

愛知県の歴史散歩〈下〉三河

新品価格
¥1,296から
(2019/9/17 20:36時点)



三河国名所図絵 絵解き散歩 (爽BOOKS)

新品価格
¥1,836から
(2019/9/17 20:37時点)



名鉄線歴史散歩〈西部編〉 (史跡をたずねて各駅停車)

中古価格
¥297から
(2019/9/17 20:39時点)



カラー版 日本の古寺100選 国宝巡りガイド (宝島社新書)

新品価格
¥1,080から
(2019/9/17 20:42時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


愛知県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<華蔵寺(愛知県西尾市) 吉良家菩提寺の御朱印 | ホームへ | 藤白神社(和歌山県海南市) 熊野詣の始まりを支えた神社の御朱印>>
コメント
罰当たりな美雨は、金蓮寺を「金運寺」と読んでしまい、まあなんてご利益のありそうなお寺でしょうと笑っていたら、自分が阿弥陀さまに笑われてしまいました。

湧き水の湧くところと、ウグイスの来る場所には神が在る、といいますね^^
ましてや名水が湧くお寺は清々しい聖域に違いありません。

にしても個性的なニコニコ御朱印・・・!お地蔵様にも見えますね。
ご住職様のお人柄も・・・。
私もホッコリさせていただきました。
【2019/09/17 23:40】 | MIUMIU 美雨 #Y17400wE | [edit]
美雨様

> 罰当たりな美雨は、金蓮寺を「金運寺」と読んでしまい、

いつも知的で冷静な、美雨様も「金運」と勘違いされたとは!
それを聞いて私もホッとしています。
私は、この字面を見ると『金瓶梅』の潘金蓮を連想してしまうので、こちらの方が余程不謹慎ですね。

> ましてや名水が湧くお寺は清々しい聖域に違いありません。

どこでも水を大切にしている場所は、人の心の澄んでいるようです。
地元の人々に守られたこのお寺も、ほっこり御朱印も地域の人柄を反映しているのでしょうね。
【2019/09/18 07:53】 | 和辻鉄丈 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する