fc2ブログ

桓武天皇 決断する君主 (岩波新書 新赤版 1983)

新品価格
¥1,166から
(2023/9/7 04:48時点)

タイトル画像

気比神宮(福井県敦賀市) 日本海の玄関口にある大社

2019.12.07(20:59) 501

敦賀堪忍! (2014.11.22)

<コース>
JR大阪 → (新快速) → JR敦賀 → 徒歩15分 → 気比神宮

190-1-1.jpg
気比神宮(官幣大社 若狭國一之宮)
正保2年(1645年)建立の重文・大鳥居。高さ11m、幅7.5m。佐渡の気比領から献上されたムロの大木から作った。

 家族で敦賀の民宿に行くことになり、チェックイン前に市内を散策。

先ずは町の守護神気比神宮へ。伝説では仲哀天皇の頃の創建と伝わりますが、

上代から信仰されたのは確実。

仏教伝来前は後背の天筒山を磐座(いわくら)として愛発の関まで管理下に置いていました。

中世には越前平泉寺と並ぶ勢力を誇ったと言います。

南北朝時代の1337年には北朝方に敗れ、戦国時代の1570年には織田信長に敗北。

24万石の領地を没収され衰退しますが、江戸時代には復興され松尾芭蕉も訪れました。

交通の要衝のため戦災は絶えませんでしたが、明治期には官幣大社となります。

不死鳥の如く蘇ったのは流石といえます。

 いまの社は幹線道路に面していますが、かつては港に入る船の

目安にもなったのではないかと思われる場所でした。

奥の細道に記された社は港で人を【待つ御場所】だったのかもしれません。

190-1-2.jpg
戦後再建された外拝殿

190-1-3.jpg
境内にある芭蕉像
元禄二年八月に訪れ、”月清し 遊行の持てる 砂の上” の句を残す。

190-1-4.jpg
気比神宮御朱印
墨書が日付だけというもの古社の特徴か?

古代においては唐、新羅、渤海との交流は、

① 九州 → 瀬戸内海 → 畿内

② 敦賀 → 近江 → 畿内

のルートがあり、現代に比べて遥かに日本海側の役割が重要視されました。

特に中間に琵琶湖があることで物資の輸送が容易であったのでしょう。

継体天皇は越の国から大和に入りましたが、

背景には交通ルートを抑えて実力を蓄えたのだと思われます。

 江戸時代には西回り航路の発達で衰退しますが、明治になると外国航路が開通。

また日本海側初の鉄道が敷設された場所でもあります(明治15年長浜~金ケ崎開通)。

新快速も大阪から直通なので便利な穴場といったところでしょか。

杉原千畝の「命のビザ」所縁の地であり、当時の施設等を活かした街づくりが進行中でした。

尤も子供たちは、市内観光よりも釣った魚を天麩羅にして食べたのが一番楽しかったようですが。

190-1-5.jpg
港に停泊中の巡視艇

190-1-6.jpg
旧敦賀港駅舎   
かつての駅舎を平成11年に再現し、現在は敦賀鉄道資料館。欧亜国際連絡列車が走ったというのも驚き。

190-1-7.jpg
メインストリートにある銀河鉄道999のメーテル像

190-1-8.jpg
子供たちが釣ったカタクチイワシの天麩羅

190-1-9.jpg
敦賀市マンホールカード    配布場所はこちら

190-1-10.jpg
敦賀結城郵便局 ; 気比神宮大鳥居、境内の芭蕉像、色ヶ浜の芭蕉句碑

[参考書]

福井県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2019/12/7 20:55時点)



週刊 神社紀行 40 気比神宮 気多大社 若狭彦神社 北陸道の古社をめぐる

中古価格
¥387から
(2019/12/7 20:56時点)



日本全国 一の宮 巡拝完全ガイド 決定版

新品価格
¥2,035から
(2019/12/7 20:57時点)



全国「一の宮」徹底ガイド PHP文庫




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


福井県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<熊川宿(福井県三方上中郡若狭町) 三方五湖と鯖街道の宿場 | ホームへ | 随心院門跡(京都市山科区) 小野小町ゆかりの彩られた寺院>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する