FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

湊川神社(神戸市中央区) 市民に親しまれる楠公さん

2020.01.10(00:40) 527

人物評価は難航?(2019.12.29)

<コース>
JR大阪 → JR兵庫 → 徒歩8分 → 能福寺 → 徒歩30分 → 長田神社 → 高速長田 → 高速神戸 → 徒歩5分 → 湊川神社

199-3-1.jpg
湊川神社(旧別格官幣社)

 神戸三社として知られ、神戸市内の初詣では一番の参拝者を集める神社ですが、

長田・生田両社が古代より鎮座するのに対し、ここは明治期の創建。

湊川の戦いで戦死した楠木正成の墓所に明治5年に創建されたもの。

要は戦死した場所に大楠公を祀った訳ですが、周辺は楠公一色。

前を通る道路も楠公の幼名「多聞」が付けられています。

199-3-2.jpg
多聞通りの向こうに神社が見えるが凄い交通量である

199-3-3.jpg
神社の西側の通りはモニュメントが置かれ静かな佇まい

199-3-4.jpg
表神門

199-3-5.jpg
神門の扁額

由緒記に拠ると

『後醍醐天皇に仕えた楠木正成(大楠公)は建武3年(1336年)5月25日、

九州から都に攻め上った足利尊氏の大群と戦い奮闘空しく戦死。

死に際して弟の正季以下一族の人々と共に「七生滅賊」を誓って刺し違えたと伝わる。

 その後、地元の人々によって大楠公の塚とされる場所が守られて来た。

太閤検地に際しては免訴地とされ、

江戸時代には尼崎藩主・青山幸利公に拠って松と梅が植えられ、五輪塔も建立された。

 元禄5年(1692年)には水戸光圀公が家臣の佐々介三郎を遣わし、

大楠公墓碑 『嗚呼忠臣楠子之墓』 が建立された。文字は光圀の揮毫、

裏面の賛文は光圀の師に当たる明の儒学者・朱舜水に成るものである。

 やがて幕末に至り、この墓所は維新回天への精神的支柱となり、

討幕の志士達の多くがここを訪れる事となった。

 明治元年(1868年)の4月、明治天皇は大楠公の忠義を後世に伝えるため、

神社創祠の御沙汰を下され、明治5年(1872年)の5月25日に別格官幣社として湊川神社が創建された。

創建に当たっては神戸にあった伊藤博文の請願も与ったとされる。

 戦前は国鉄神戸駅の直ぐ北という事で賑わい、太平洋戦争で焼失したものの、

昭和28年には復興。港神戸の大社としての地位を今も保っている。』 とあります。

199-3-6.jpg
拝殿正面

199-3-7.jpg
拝殿近影
屋根には楠公の菊水紋がある。

199-3-8.jpg
拝殿前から灯籠を見る

199-3-9.jpg
拝殿左の楠公御殉節の地へ

199-3-10.jpg
御殉節地
1336年に楠公と弟以下一族が戦没された場所とされる。

199-3-11.jpg
殉節地は入れないので外から撮影

199-3-14.jpg
表神門右手の大楠公墓所

199-3-15.jpg
門を過ぎ墓所に向かう

199-3-16.jpg
墓所前の石標
正三位を贈与されている。

199-3-17.jpg
嗚呼忠臣楠子之墓

199-3-18.jpg
墓所横の水戸光圀公像
昭和30年完成。平櫛田中の作。

 歴史上の楠木正成は従来の兵法を凌ぐ戦法を取り入れた事で新時代を開いた武将ですが、

負けると分かっていながら後醍醐天皇に最後まで忠節を誓った事が人の心を打つのでしょう。

明治天皇は北朝の系列ですが、正閏論で南朝を正統としています。

  神社を創建するまでになったのは楠公の歴史的評価が時代を下るにつれて高まりを見せたため。

楠公自身には身に覚えのない事ではあります。

私見では大楠公は英雄と呼ぶに値する人物とは思いますが、

それを余りにも政治的に利用するのはどうかと言う気も致します。

199-3-12.jpg
境内にある大楠公一代記
この大観の大楠公の肖像は宝物館常設。楠公祭600年記念に時の宮司が大観に頼み込んで描いて貰ったとか。

199-3-13.jpg
参集殿にある桜井の子別れの図
尚、桜井は大阪三島郡の地名。

199-3-19.jpg
湊川神社略記

199-3-20.jpg
湊川神社御朱印

[参考書]

兵庫県の歴史散歩〈上〉神戸・阪神・淡路

新品価格
¥1,320から
(2020/1/8 19:52時点)



神と仏の道をたどる 神仏霊場 巡拝の道 公式ガイドブック

新品価格
¥1,650から
(2020/1/8 19:53時点)



日本の神社 63号 (生田神社・長田神社・湊川神社) [分冊百科]

新品価格
¥1,300から
(2020/1/8 19:54時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


兵庫県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<生田神社(神戸市中央区) 繁華街に鎮座する生田さん | ホームへ | 長田神社(神戸市長田区) 神戸三社の一つ、長田さん>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する