fc2ブログ

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

新品価格
¥1,353から
(2024/2/10 08:50時点)

タイトル画像

五個荘(滋賀県東近江市) 近江商人発祥の地で雛祭り

2020.03.21(17:20) 572

五個荘の雛祭り豪華ショーと未訪のMIHOミュージアム(2017.3.18)

<コース> 近江鉄道は30~60分間隔で運転
【往路】JR大阪(5:55) → JR近江八幡(7:15→7:45) → (近江鉄道) → 八日市(8:04→8:08)→ 五箇荘(8:16)

五箇荘駅 → 徒歩10分 → 五個荘金堂地区 → 五箇荘(13:00) → 貴生川(14:04→14:24) → (信楽高原鉄道) → 雲井(14:40) → 信楽の里 → MIHOミュージアム

【復路】JR石山(20:34) → (新快速) → JR大阪(21:17)

219-2-1.jpg

・行く春を あふみの人と 惜しみける はせを

今年の雛祭イベントの五カ所目は五個荘へ。

県下では近江八幡、日野と並ぶ近江商人の発祥の地ですが、

いままで「ごかのしょう」と読んでいましたが表示は「ごかしょう」。

観光案内所で訊くと昔は「ごかのしょう」と読んでいたそうで、間違いではなかった様子。

九州の秘境・五家荘と区別するためでしょうか?

219-2-2.jpg
近江鉄道近江八幡駅にて
電車は八日市までで、そこで乗り換える。

219-2-3.jpg
近江鉄道五箇荘駅
町名と微妙に漢字が異なる。商家風の造りであるが無人。

219-2-4.jpg
小幡はこの当たりの字

219-2-5.jpg
五個荘小学校
商家の造りを模している。近江八幡小学校といい商人の町の学校は立派な造りである。

219-2-6.jpg
金堂の街並み(重要伝統的建造物群保存地区)
駅から徒歩15分でこのような空間に到着。

219-2-7.jpg
五個荘金堂地区の説明

219-2-8.jpg
これは地区の中心にある寺院

219-2-9.jpg

 藤井・外村・中江家とかつての近江商人の館を中心に五カ所で雛人形を展示。

近江商人が故郷に錦を飾る意味で作った家ですが、

店舗はなくすべて本宅だけなのが五個荘の特徴だとか。

質素を旨とする近江商人にしては立派な造りですが、取引や接待にも利用したと聞き納得。

雛人形も立派ですが、普段は倹約して出すべきところには出すという事なのでしょうね。

219-2-10.jpg
藤井彦四郎邸
藤井毛糸の会社で、敷地2400坪。

219-2-11.jpg
近江商人の商いの基本天秤棒

219-2-12.jpg
藤井邸庭

219-2-13.jpg
藤井邸の主客の間
宮家や徳富蘇峰など著名人の名が並ぶ。

219-2-14.jpg
邸内の展示物と家訓

219-2-15.jpg
藤井邸洋間

219-2-16.jpg
藤井邸かつての帳場

219-2-17.jpg
勘定帳面

219-2-18.jpg
藤井邸の雛人形展示

219-2-19.jpg

219-2-20.jpg

219-2-21.jpg

219-2-22.jpg
御殿飾り

219-2-23.jpg
江戸期の御殿雛

219-2-24.jpg
外村繁邸外観

219-2-25.jpg
外村繁邸前の水路にて

219-2-26.jpg
外村繁邸庭

219-2-27.jpg
外村繁邸の前庭にある曲水の宴

219-2-28.jpg
外村邸の建屋

219-2-29.jpg
外村邸内の有識雛

219-2-30.jpg
狆引き官女
犬は安産を表す。

219-2-31.jpg
外村繁の原稿
第一回芥川賞候補。

219-2-32.jpg
外村宇兵衛邸(外村繁本家)
江戸期に農業に加え近江上布(麻)の商売を始める。現在の御幸毛糸。

219-2-33.jpg
宇兵衛邸の庭

219-2-34.jpg
外村宇兵衛邸にある川戸
湖西では川端(かばた)と呼ばれる設備で野菜や使用後の食器を洗う。写真に写る鯉が残り物を食べてくれる。

219-2-35.jpg
宇兵衛邸の古今雛御殿飾り

219-2-36.jpg
古今雛御殿飾り近影

219-2-37.jpg
あきんど通り付近

219-2-38.jpg
あきんど通り

219-2-39.jpg
五個荘の特産、小幡人形(土人形)
京都の伏見人形の流れ。

 展示の雛人形は昔に作られて長期間守られてきたものが殆どでしたが、

異色を放ったのが清湖雛(せいこびな)。雛匠の東之湖氏による平成の創作雛ですが、

現代的と言うか非常に透明感に溢れた作品に思えました。

その斬新さが記事でも取り上げられており、【せいこう】雛だったと言えます。

古いものを守るだけではなく、新しいものはどんどん取り入れるというのも商人にとって不可欠の資質です。

219-2-40.jpg
中江準五郎邸庭

219-2-41.jpg
中江準五郎邸の「清湖雛」
雛匠東之湖氏による平成の創作雛。青い上布が美しい。

219-2-42.jpg
清湖雛・十人囃子

219-2-43.jpg
清湖雛・無垢の神

219-2-44.jpg
清湖雛・六人官女

219-2-45.jpg
金堂まちなみ保存交流館1階の顔ハメ

219-2-46.jpg
金堂まちなみ交流館にあるアートフラワー雛人形

219-2-47.jpg
五個荘郵便局 ; 蔵屋敷、昔の近江商人

 続いて同窓と合流して信楽で焼き物、未訪のMIHOミュージアム見学。

その後は石山の松喜屋で近江牛を。

私も近江商人に倣い、普段は倹約しても出すべき時には出した結果、

見場よし・味よし・値段よしの三方よしの彼岸(悲願)の豪華ショーとはなりました。

219-2-48.jpg
貴生川駅で信楽高原鉄道に乗り換え

219-2-49.jpg
信楽では狸がお出迎え

219-2-50.jpg
MIHOミュージアムへ続くトンネル

219-2-51.jpg
山中に建つミュージアム

219-2-52.jpg
夜は「松喜屋」にて会食

219-2-53.jpg
前菜

219-2-54.jpg
スープ

219-2-55.jpg
メインは近江牛

[参考書]

滋賀県の歴史散歩〈下〉彦根・湖東・湖北・湖西

新品価格
¥1,320から
(2020/3/21 17:10時点)



滋賀県謎解き散歩 (新人物文庫)

新品価格
¥943から
(2020/3/21 17:11時点)



近江の商人屋敷と旧街道 (近江 旅の本)

新品価格
¥1,980から
(2020/3/21 17:14時点)



京近江の豪商列伝 (淡海文庫)

新品価格
¥1,650から
(2020/3/21 17:12時点)



近江商人のビジネス哲学

新品価格
¥1,760から
(2020/3/21 17:16時点)



きてみて五個荘?近江商人発祥の地・てんびんの里の魅力

新品価格
¥1,320から
(2020/3/21 17:18時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


滋賀県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<大安寺(奈良市) 南都七大寺の一つ | ホームへ | 済廣寺(静岡県賀茂郡東伊豆町) パワースポット榧の寺>>
コメント
こんにちわ!
わーお雛様がいっぱい~
室内だけでなく、お外まで

内からは遠いですが、機会があったらぜひ行きたいですね。
いつもわかりやすくて、素敵なブログありがとうございます。
【2020/03/22 12:01】 | ネコシバ #mQop/nM. | [edit]
ネコシバ様

 またお越し頂きありがとうございます。

 かつて家庭にあった雛人形を展示するのは、各地で行われていますが、
 新たな芸術作品としての展示は少ないようです。
 
 御自宅から遠いとの事ですが、五個荘は街並みも一見の価値ありです。
 
【2020/03/22 21:08】 | 和辻鉄丈 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する