FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

大林寺(大阪府河内松原市) 歴史に消えた大寺院の遺品を受継ぐ寺院

2020.07.27(21:59) 667

今一歩、国宝に手の届かなかった観音様(2020.6.27)

<コース> 近鉄南大阪線は日中15分間隔で運転
東梅田 → (地下鉄谷町線) → 天王寺 → 阿部野橋 → (近鉄南大阪線) → 富田林 → 富田林駅前(8:20) → (金剛バス東條線) → 龍泉(8:35) → 徒歩15分 → 龍泉寺 → 咸古神社 → 龍泉(10:14) → (金剛バス東條線) → 富田林駅前(10:29) → 富田林 → (近鉄南大阪線) → 布忍 → 徒歩5分 → 大林寺

241-3-1.jpg
布忍山 大林寺(融通念仏宗 河内西国三十三ヵ所第五番札所)

 龍泉寺巡礼を終えて、駅前のレンタサイクルを利用して番外札所高貴寺に向かうつもりでしたが

コロナのためまさかの休業。コロナ明けまで待つことに。

 富田林駅から準急に乗って河内松原駅で普通に乗換え、二駅目の布忍で下車。

北に少し向かい西徐川沿いに建つのが目指す札所。

朱塗りの宮橋の向こうは布忍神社という位置になります。

241-3-2.jpg
門前へ到着
朱色の端の向こうは布忍神社。

241-3-3.jpg
山門前にて

 平成12年にリニューアルした堂宇からは想像もつきませんが、平安・室町時代の仏像、

江戸時代の般若心経等、貴重な遺物が残ります。それは何故かと尋ねたら、

 布忍山大林寺(ふにんさんだいりんじ)は、寺伝に拠れば、

『かつて、川の向こうに永興寺(ようごうじ)と言う大伽藍があった。大林寺に残る記録では、

堀川天皇の御願に拠って寛治3年(1089年)に永興律師が建立した布忍寺が嚆矢。

後の弘安年間に中興されと開山の名を採って永興寺呼ばれるようになった。

 その後も元禄3年1690年に再興され衰頽と復興を繰り返すが、

廃仏毀釈で明治6年に廃寺となる。その後、本堂が柏原市法善寺の壷井寺へ、

本尊の十一面観音等いくつかの所蔵品がここ大林寺に移された。

十一面観音立像は永興寺の本尊で、平安後期の檜の一木造である。』 とあります。

241-3-4.jpg
由緒

241-3-5.jpg
山門から見た境内
正面が本堂で左が聖天堂。

241-3-6.jpg
本堂近影

241-3-7.jpg
本堂前面の造り
平成12年にリニューアルされた。

241-3-8.jpg
本堂の屋根瓦
永興寺跡から出土した平安後期の八葉蓮弁の復元である。

 山門を入れば、左手に聖天堂、正面にはすぐ本堂。

御朱印を御願いすると、御住職が対応下さり、本堂の扉を開けて下さいました。

 正面が今の御本尊の阿弥陀如来。左の厨子にあるのが十一面観音立像。

傍まで行き拝観できましたが1.7mの等身大という事もあり阿弥陀様よりも迫力がありました。

時代的にも美術的にも国宝・重文クラスと思いますが、手と足が後世に造られたものだったので指定されず。

しかし河内西国の仏像の中では群を抜いたお姿のため、巡礼掛け軸の中央に描かれているそうです。

241-3-11.jpg
御本尊の十一面観音菩薩(説明書より)

241-3-15.jpg
庫裏の扁額

241-3-12.jpg
聖天堂

241-3-13.jpg
聖天堂横の宝篋印塔

241-3-14.jpg
本堂前の仏足石

 本堂の内陣を拝見すると上には極彩色の欄間が。内容は中国の二十四子孝。

最近の作のように思ったので伺うと、市内の職人さんの作。なんでも松原には

大阪欄間の伝統があって、今でも市内に一軒伝統工芸士の方が居られるとか。

てっきり北陸の井波から来られたとばかり思っていたので驚きでした。

後継者も居られるようなので、今後も楽しみです。

接する堺市には刃物の伝統があるのも大きかったのでしょう。

まさに【快刀欄間を断つ】です。

241-3-9.jpg
本堂内陣の欄間

241-3-10.jpg
本堂内陣の欄間

241-3-16.jpg
大林寺説明書

241-3-17.jpg
大林寺御朱印

[参考書]
やすらぎの古里 河内西国巡礼 こころの散策ガイド

大阪府の歴史散歩 下 河内・堺・和泉 (歴史散歩 27)

新品価格
¥1,320から
(2020/7/18 10:44時点)



大阪 歴史探訪ルートガイド

新品価格
¥1,760から
(2020/7/18 10:50時点)



大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版

新品価格
¥1,793から
(2020/7/18 10:50時点)



河内・泉州歴史探訪 南大阪ふらり旅

新品価格
¥1,320から
(2020/7/18 10:51時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


大阪府 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<布忍神社(大阪府河内松原市) 地名の由来となった神社 | ホームへ | 咸古神社(大阪府富田林市) 龍泉寺の鎮守様>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する