FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

和歌山電鐵貴志川線

2020.08.04(20:32) 672

ローカル線で詣でる三社の旅(2020.7.2)

<コース> 貴志川線は日中30分間隔で運転
JR大阪 → (関空・紀州路快速) → JR和歌山 → (貴志川線)

244-1-1.jpg
和歌山駅ホームに停車中の「うめ星電車」

 関西二府四県の内、私鉄のイメージが最も希薄なのが和歌山県。

かつての国鉄も敷設されたのは海岸沿いと紀ノ川沿いと限られた場所。

山が多く鉄道を通すには困難が伴ったためでしょう。五条と新宮を結ぶ

五新線が開通していればまた違った発展があったでしょうから残念です。

 私鉄では和歌山駅には大阪から南海電車が乗入れていますが和歌山駅以南はなし。

もう一つの和歌山駅から東に向かう和歌山電鐵貴志川線も14.3㎞で終点と

いずれも和歌山を起点とした近距離のみです。

244-1-3.jpg

244-1-4.jpg
うめ星電車の内部
たま駅長グッズが…。

244-1-5.jpg
うめ星電車の内部
さながら観光物産のショーケース。

 貴志川線は和歌山電鐵ですが、これは南海電鉄が所有し廃線予定だったものを

2006年に両備グループが引取り和歌山電鐵の名で継承した路線。

沿線は宅地化が進んでいますが、それよりも昔から沿線に鎮座する

三社へ参詣する「三社参り」という風習が今も残っています。

紀の国の一の宮は三社ありますが、その内の二社がここ貴志川沿線。

三社巡りのための1日乗車券も発売されて居り、巡礼路線と言ってもよさそうです。

244-1-2.jpg
一日乗車券 ¥820

244-1-15.jpg
駅で入手した 『三社参り便利帳』

 この経緯からも経営難なのは予想できますが、御多分に漏れず経営難。

それでも意外な所から救世主が出現。貴志駅で飼われていた猫が

新聞紙上やマスコミで取上げられてブームに火が付きました。

これがタマ駅長で、猫に駅長が務まるか否かはさておき、

NETでの猫画像も追い風になったと思います。

貴志駅舎も猫の顔のデザインとなっていました。

244-1-12.jpg
貴志川線終着駅 「貴志駅」
たまミュージアム貴志駅。猫の顔をモチーフにした檜皮葺で名誉駅長たまの他、たまカフェもある。

 初代タマ駅長は天寿を全うしましたが、二代目のニタマ駅長、四代目のヨンタマ駅長に

引継がれています。この日、貴志駅で会ったのはヨンタマ駅長。駅で飼っている訳ではなく、

一般家庭で飼われている猫を時間決めで駅に連れてきているとの話。

すべて三毛猫だそうですが、それならば「タマ」ではなく

「ミケ」にしなかったのか疑問に残ります。たまたまでしょうか?

244-1-13.jpg
貴志駅で出会った「ヨンタマ駅長」

244-1-10.jpg
伊太祁曽駅前の顔ハメ

 もう一つは南海電鉄から譲渡された車両の模様替え。

2006年以降、いちご電車、おもちゃ電車、たま電車、うめ星電車を導入。

通勤・通学にも使われており、社内には周辺の見所や特産物が展示されています。

まさに観光列車の感がありますが料金は通常と変わらず。

「日本一豊かなローカル線」が貴志川線のキャッチフレーズだそうですが、

如何にお金を掛けずに行うかという点は大いに見習うべきでしょう。

244-1-11.jpg
ホームに停車中の「たま電車」

244-1-9.jpg
伊太祁曽駅で見た「いちご電車」

244-1-6.jpg
文化財となった伊太祁曽駅舎

244-1-7.jpg
プラットホーム及び上屋の説明

244-1-8.jpg
貴志川線の説明

244-1-14.jpg
貴志川郵便局 ; 貴志川、屋形船、川辺の蛍
桃山郵便局 ; 紀ノ川、荒川の桃、竜門山、最初ヶ峰

[参考書]

和歌山県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/8/4 20:28時点)



各駅停車全国歴史散歩〈31〉和歌山県 (1980年)

中古価格
¥900から
(2020/8/4 20:29時点)



駅長たまプラス ~ネコの駅舎で会えたなら~

新品価格
¥1,650から
(2020/8/4 20:31時点)



地方都市圏の交通とまちづくり?持続可能な社会をめざして

新品価格
¥2,750から
(2020/8/4 20:31時点)



モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略

新品価格
¥2,530から
(2020/8/4 20:32時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


和歌山県 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<伊太祁曽神社(和歌山県和歌山市) | ホームへ | 龍雲寺(大阪府富田林市) 自然とお釈迦様の一生に出会える寺>>
コメント
たま電車かわいいです!

でもそれよりも、
うめぼし電車がすごいと思いました。

鉄道の中に木製のものがあるのが、
なんだか不思議な感じがします。
【2020/08/05 15:30】 | ドロスケ #- | [edit]
ドロスケ様

いつもご訪問頂き、ありがとうございます。

和歌山名産といえば、蜜柑・うめぼし・備長炭 ですが、
そのようなものもキャラに使ってしまう発想が凄いと思います。
「びんちょうたん」というゆるキャラもいてる事ですし…。

またお越し下さいませ!
【2020/08/07 05:36】 | 和辻鉄丈 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する