FC2ブログ

アットセミナー

タイトル画像

松尾観音寺(三重県伊勢市) 日本最古の厄除観音

2020.08.20(22:02) 680

各所に龍が現れる寺院(2020.7.25)

<コース> 夏の青春18きっぷ使用
【往路】JR天王寺(5:35) → (関西本線) → JR加茂(6:54→6:55)→ JR亀山(8:16→8:23) → (紀勢本線) → 伊勢市(9:56→10:20) → JR鳥羽(10:38) → 徒歩15分 → 金胎寺 → JR鳥羽(12:02) → JR伊勢市(12:15) → レンタサイクル10分 → 中山寺 → レンタサイクル15分 → 松尾観音寺

247-3-1.jpg
龍池山 松尾観音寺(単立寺院 伊勢西国三十三ヵ所第三番札所)

 中山寺参拝の後は参宮線沿いに東へ向かい、神宮徴古館を過ぎ、

倉田山と呼ばれる丘陵地を上り野球場を過ぎた所にあるのが目指す寺院。

赤い橋を目印に左折すると、山門はなく石段の上に堂宇がありました。

247-3-2.jpg
朱い橋がお寺の目印

247-3-3.jpg
石段の上に境内が広がる

 龍池山松尾観音寺(りゅうちざんまつおかんのんじ)は、

『和銅4年(712年)、行基が伊勢参宮の折に、夫婦の龍神が棲むと言い伝えられる「二つ池」を訪ね、

自ら十一面観音菩薩、毘沙門天、地蔵菩薩の三尊像を刻み池の畔に堂宇を建立し安置したのが始まり。

その後は、伊勢国司北畠家の祈願所として崇拝され、末裔の木造(こつくり)家が代々守護し現在に至る。

創建以来、本山も末寺も檀家も持たず、いずれの既成宗派にも属さない単立寺院という立場を守り続けている。

247-3-4.jpg
境内全景

247-3-5.jpg
鉢植えの蓮の向こうにある納経所
コロナのため書置きで対応との事。

247-3-6.jpg
本堂
本尊は十一面観音坐像だが、秘仏。火災に遭ったから火仏か?

 応永10年(1403年)、寺院が火災に遭った際には二つ池から夫婦の龍が現れ、

雄龍は炎を飲み込みながら観音様を自らの体で幾重にも巻き付け、

雌龍は何度も池の水を吹きかけ三尊像と本堂を守った。

それ以来、厄除け・縁結び・子授け等の祈願で多くの参拝者が訪れるようになった。

247-3-7.jpg
本堂正面

247-3-9.jpg
本堂前面の造り

247-3-8.jpg
写経を納めた本堂屋上の擬宝珠
昭和29年の大改修の際に、一万巻の般若心経が発見された。

 昭和57年(1982年)には龍神伝説に因み、本堂脇に300本のキリシマツツジを昇龍の形に植えた。

これは龍神庭園として春には紅白の花を咲かせ親しまれている。

247-3-13.jpg
本堂横を抜け龍神庭園へ

247-3-14.jpg
昇龍の形に植えられたキリシマツツジ
頭と思いきやこちらは尻尾

247-3-15.jpg
龍神庭園説明

247-3-16.jpg
境内の最奥に建つ聖観音堂(護摩堂)
宝を授けて下さると言う聖観音様を祀る。

 また平成18年(2006年)に本堂の床板を新しくしたが、

1年ほどしてから龍に似た模様が現れるようになった。

今では床龍神(撫で龍)として新たな龍神名所となっている。』 とあります。

247-3-12.jpg
本堂正面欄間の彫龍(説明書より引用)
欅の一刀彫。

247-3-10.jpg
本堂床の床龍神

247-3-11.jpg
床龍神の説明

 子授け祈願は木造(こつくり)家の故でしょうか?厄除けに限らず、あらゆるご利益がありそうですが、

これも葬儀・供養等を一切行わない「祈願寺」という特異な形態をとっていることもあるようです。

 龍は架空の動物ですが、寺院の東側に二つ池が仲良く並んでいる事、

家事の際にはそこから水を汲んで消火活動を行ったことが、龍神伝説になったので【しょうか】?

地元の夫婦が消火活動に当たったとも言えますが、二人ではやや不足の感があります。

 庭園は人工的なものですが、床板は偶然の要素が強いでしょう。

本堂内陣は撮影禁止ですが、ここだけはOK。近くで見ると龍に見えるから不思議です。

犬にも見えますが、そこは見る人の心掛けに拠るのでしょう。龍もここまで揃うと圧巻です。

247-3-17.jpg
松尾観音寺説明書

247-3-18.jpg
松尾観音寺御朱印

[参考書]

三重県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2020/8/18 20:42時点)



三重の建築散歩?歴史を語る建造物とまちなみ50選

新品価格
¥1,620から
(2020/8/18 20:43時点)



三重県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

新品価格
¥943から
(2020/8/18 20:43時点)



東海仏像めぐり

新品価格
¥1,430から
(2020/8/18 20:43時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


三重県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<一身田寺内町(三重県津市) | ホームへ | 中山寺(三重県伊勢市) 円空仏のある古刹>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する