fc2ブログ

最澄と徳一 仏教史上最大の対決 (岩波新書 新赤版 1899)

新品価格
¥968から
(2021/11/8 19:21時点)

タイトル画像

吉崎御坊 願慶寺 (福井県あわら市吉崎)<吉崎御坊 その弐>

2021.10.17(21:54) 977

肉面を被った憎めん姑の話(2021.8.16)

<コース> 夏の青春18きっぷ使用
【往路】JR京都(6:24) → (ひかり634号) → JR米原(6:44→6:51) → JR敦賀(7:37→7:41) → JR福井(8:38→8:41) → JR大聖寺(9:14)

大聖寺駅前 → レンタサイクル45分 → 安楽寺 → レンタサイクル20分 → 吉崎御坊

303-3-1.jpg
吉崎御坊 願慶寺(浄土真宗大谷派)

 山上の御坊跡に行った後は、階段を下った先に建つ願慶寺へ。順番としては駐車場に続く山門から参拝するのが

筋ですが、「吉崎御坊の本坊と御朱印はこちら」という案内に惹かれたのが理由です。

303-3-2.jpg
願慶寺山門

 吉崎御坊願慶寺(よしざきごぼうがんけいじ)は、

『文明3年(1471年)、蓮如上人に拠る吉崎道場(坊舎)創建の際、和田重兵衛が吉崎三十人衆共々、蓮如の弟子に。

重兵衛は祐念坊霊空の坊号を賜り願慶寺の初代となった。蓮如の吉崎退去後は「道場」として道場跡を護持する。

 享保6年(1721年)、願慶寺本堂を本山の御坊とし「吉崎御坊願慶寺」と称した。吉崎最古の旧跡である。

現在は山門、本堂から成り、本堂では嫁おどし肉附面の拝観と、その縁起を聴くことができる。

303-3-3.jpg
由緒記

303-3-4.jpg
境内から見た山門

303-3-5.jpg
本堂正面

肉附面の縁起は次のように伝わる。

細呂木の坂口の谷に住んでいた百姓与惣次夫婦は蓮如に帰依し、毎夜吉崎詣りに通っていた。それを妬んだ姑が

文明4年1472年3月21日夜、一人参詣に行った嫁を竹藪で待ち伏せ鬼の面を被って驚かせたが、嫁は少しも驚かない。

当ての外れた姑は面を外そうとしたが、顔にくっつき離れなかった。困った姑は蓮如の教化をうけ懺悔、すると漸く

面が外れた。後に嫁姑は共に吉崎に参詣するようになった。』 とあります。

303-3-6.jpg
拝観無料の宝物館

303-3-7.jpg
パンフにある嫁脅の面

 肉附面は「牛に惹かれて善光寺」と同類の仏教に拠る教化譚。江戸時代には「雪国嫁威谷(ほっこくよめおどしだに)」

の題で戯曲化もされています。

一見、酷い姑のようですが、相手の命を奪ったり追い出したりしない分、まだ可愛げがあるとも言えます。

唯、面はここだけでなく吉崎寺にもあるそうで、もしかすると似た話があちこちにあって、それをお寺で纏めて【肉付け】

したのがこの話なのかもしれません。

303-3-8.jpg
宝物館での嫁脅しの場面の展示

303-3-9.jpg
伝説の説明

 御朱印を御願いすると、御住職が対応。印は肉附面でした。

住職:「江戸時代ここは御坊として本山に準ずる格式でした。その本坊がここです。しかし明治の廃仏毀釈によって

    御坊が廃止され別院に格下げされて、東と西の別院ができて三分されました。でも本家はここなんです。」

との話。

 話し方もやや残念そうでしたが、他の寺院の手前、面を被る事も必要なのでしょう。

303-3-10.jpg
願慶寺縁起
御住職曰く、「江戸時代から同じものを渡しています」。

303-3-11.jpg
願慶寺御朱印

303-3-12.jpg
吉崎郵便局 ; 肉付き面、北潟からの吉崎御坊

[参考書]

福井県の歴史散歩

新品価格
¥1,320から
(2021/10/15 23:01時点)



福井「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない福井県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)

新品価格
¥880から
(2021/10/15 23:03時点)



百寺巡礼 第二巻 北陸 (講談社文庫)

新品価格
¥618から
(2021/10/15 23:21時点)



蓮如上人御一代聞書 (岩波文庫 青 322-2)

新品価格
¥792から
(2021/10/15 23:07時点)



智慧のともしび

新品価格
¥2,750から
(2021/10/15 23:03時点)



蓮如上人ご旧跡ガイド: その生涯をたずねて

新品価格
¥1,061から
(2021/10/15 23:06時点)



戦国の北陸動乱と城郭 (図説 日本の城郭シリーズ 5)

新品価格
¥2,750から
(2021/10/15 23:08時点)




ランキングにポチっと応援頂ければ嬉しいです!

神社・お寺巡りランキング


御朱印ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト





和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)


福井県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<吉崎東別院 (福井県あわら市吉崎)<吉崎御坊 その参> | ホームへ | 吉崎御坊跡 (福井県あわら市吉崎)<吉崎御坊 その壱>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する